晩秋磯探訪

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月初旬 ■場所 ・・・ 長崎県 壱岐地磯

12月というのに半袖で過ごせた翌日はダウンで着込んだりと、日本の四季が危ぶまれてる昨今・・・あい変わらず新しい出会いを求め磯通いの日々が続いている。

ookawa12_2.jpg

毎年12月になると冷たい雨が多くなり、急激な気温変化によってアングラーもヒラスズキも活性が低くなってしまいるが、少し安定した天候が続いていたのでベイトの接岸状況と潮周りがばっちり合ってる近所の磯に、LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERを片手に降りてみることに・・・。

途中雨に打たれながらも雷の危険性はないのでレインスーツに身を包み、釣仲間と釣りを続行し気になるポイントをチェックしていくとあまり数はいないのか・・・。

波の落ち着いた良いタイミングでルアーをシモリ付近をタイトに泳がすことによって、警戒心の高いバイトを拾って釣り上げていく感じ・・・この際重要になってくるのがロッドとラインメンディングだろう。

ロッドに関しては、現在愛用しているLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERが強風にも負けない安定した飛距離とコントロールが容易にでき、魚の反応を的確に手元に伝えてくれ適度な強さが強気なファイトを応援してくれる。

ookawa12_1.jpg

まさに磯のお兄ちゃんだねっ!!笑 冗談はさておき、ヒラスズキの場合いろんなパターンが存在するが、今のところスローな釣りかスピーディーに誘って数を拾って行く釣りに落ち着いているが、状況によってバイブレーション・ワーム・ジグなどあらゆる釣りも実験していきたいと思っている。

この日は、特にルアーをゆっくり見せながら誘うスローな釣りに軍配があがった。 個人的にガンガン早く巻いてガツンを楽しむスピーディーな釣りが好きなわけだが、どうしても追いきれずバラシが多くなったり小型が先に食ってきたりすることも多く、ランカーを狙うにはどうしてもスローな釣りが効くみたい。

フックは番手を落とすか迷ったが、ランカーにも強気でいくためがまかつ トレブルSP ミディアムヘビーの#2~#3を使用した。

仲間が中型のヒラスズキを1本出した後に、探ってない磯際手間のブレイクを潮圧の掛かり具合と水深の関係を利用し大抵の魚がバイトしてくるタイミングでうまく通すことができたので一発でフィッシュオン!!

波があまりなかったせいかフッキング後、魚との距離をとるためにベールを開いてラインをだしながらLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERで余裕をもって魚をコントロールすると、あまり魚も暴れずに冷静にキャッチすることができた。

ookawa12_3.jpg

なんとも嬉しい1本だった。 ヒラスズキの風格ある表情を見るたびに宝物を見つけた感じで嬉しくなる。 そんな気持ちで体力が回復させた後に海に戻してやった。 また来年も会えたらいいね・・・

ookawa12_4.jpg ■場所:長崎県 壱岐地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTER リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:PE 2号 リーダー:ナイロン 40lb. ルアー:ボーグファルコンLBスカイパス、ボーグ・オスプレイなど フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #2~#3 スナップ:がまかつ 音速パワースナップ L