2010年を振り返って

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月某日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちわーーーーー!!!! ヨッシーことラグゼスタッフ吉川です。

さて、今回は個人的なこととはなりますが、僕にとっての2010年の1年を振り返ってみたいと思います。

今年度は、ラグゼプロスタッフ関根健太さんが手掛けたモデルである、LUXXE ATS05の琵琶湖を意識した3機種のロッドの大活躍した1年。

そして、この3機種のロッドの登場により、様々なパターンに合ったタックルセレクトの幅が広がり、琵琶湖でのバスフィッシングゲームをストレスフリーにさせてくれました。

また、僕は普段から琵琶湖の湖上へと出てロッドを振る機会が多いのですが、ラグゼロッドの軽さのアドバンテージに驚かされた1年でもありました。

yoshikawa6_1.jpg

LUXXE ATS05 B73XH-BIGLAKE MASTER“WILD MONSTER” 特に、灼熱の真夏のシーズンに本領を発揮したロッド。ウィードジャングルとなるパワフルゲームを制するモデルです。 このロッドの登場により、ウィードに巻かれて、藻化けなどトラブルレスでした。 ヘビーテキサス・パンチング・フロッグなどで多様したロッドです。 50クラスのビックバスをも簡単に抜ける豪腕なパワフルロッド。 僕がロッドの軽さのアドバンテージを痛烈に感じたロッドです。

yoshikawa6_2.jpg

LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY” 僕が今年1年を通じて最も使用頻度の高かったロッド。ルアーウェイトは、3/8~3/4ozクラスのものにベストマッチでした。 巻物系の釣りから、テキサスなどの点の釣りにおいても活躍してくれ、まさに『MULTI (マルチ)』といったロッドの印象で、手放せない1本でした。 野池などの陸ッパリをすることもあり、このロッドのパワーの必要性を改めて感じました。 また、LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”というロッドはジャークベイトとの相性はバツグンですよー!

yoshikawa6_3.jpg

LUXXE ATS05 S70MH BIGLAKE MASTER“REACTION” 元祖ハネジグヘッド対応モデルのロッドです。 スピニングロッドは、このロッドが常にボートデッキにスタンバイ。 ハネジグヘッド・ネコリグ・ライトキャロ・小型ミノー系ルアーに抜擢。 特に僕は1年を通じて、スピニングではネコリグを使用します。このロッドは、ネコリグとの相性が良くウィードにコンタクトさせる釣りで威力を発揮してくれました。

今年でラグゼスタッフとして早2年。 今年度は、色々な経験をさせていただきました。 ラグゼムービー・フィッシングライフ・バスギャラリーなどの番組にも出演させていただきました。 このような機会を与えてくださり、ありがとうございました。 まだまだ、微々たる力ではありますが、今後も精一杯頑張りたいと思います。 そして、最後にがまかつ関係者の皆様、僕を支えてくださる多くの方々、今年も残すところ後わずかとなりましたが、ありがとうございました。

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 B73XH-BIGLAKE MASTER“WILD MONSTER”     LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION“HEAVY”     LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM”     LUXXE ATS05 S70MH BIGLAKE MASTER“REACTION”