ウィンターシーズンの到来

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月某日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちわーーーー!!! ヨッシーことラグゼスタッフ吉川です。

yoshikawa5_1.jpg

さて、今回はウィンターシーズンを迎えた、琵琶湖でのディープクランクパターンのご紹介。

まず今現在の琵琶湖の状況としては、まさに冬を迎える季節となっています。 山を眺めると、紅葉も落ち着き、いよいよ雪がちらつく季節も真近となる季節です。 天気は寒波の影響により、寒い日が続くと厳しい状況となりますが、逆に、暖かい日が続くような状況ですと明らかに好調となります。

yoshikawa5_4.jpg

なので、こういったポカポカとした暖かい日のタイミングがまだまだ狙い目です。 また、水温はガクンと低下し、南エリアと北エリアとでは水温差が生じている状況です。 こうなると、少しでも水温の高い、南湖北エリアのチャンネルライン絡みの、いわゆるディープレンジのエリアに魚が集中してきます。

次に釣り方としては、このディープレンジを広範囲にテンポよく、そしてリズムよく狙うことのできるルアーである、ディープクランクの出番です。 水深は4~5m前後のチャンネルライン絡みのウィードエリアがクランクゲームの舞台。 アクションはただ巻き、早巻きなどのリトリーブで基本的な操作で狙います。 狙うレンジとウィードの高さに合わせて、クランクを使い分けることが必要条件です。

また、ルアーをウィードにコンタクトさせて、ウィードから外れた瞬間などに、バイトが集中することもあり、その日その日の状況に合わせた戦略が良かったりしますよー!

yoshikawa5_2.jpg

さらに、今後は大寒波といわれる寒気の影響により、寒い季節となります。 湖上は貸切状態の日も多くなり、のんびりとバスフィッシングを満喫できる季節。 冬時期は体力のあるコンディションのよいビックバスのキャッチ率が上がります。

なので、逆にチャンスとなる季節の到来ですので、是非寒さを吹き飛ばすようなビックバスを狙って、琵琶湖へと足を運んでみてはいかがでしょうか?

yoshikawa5_3.jpg

■場所:滋賀県 琵琶湖