大時化には防波堤で

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月末 ■場所 ・・・ 京都府 丹後半島・某漁港

前回のレポートにも述べたように、早くも磯に立てない日がやってきた…。 こんな時は漁港内にベイトを求めて接岸してくるシーバスを狙うのが高確率♪ 打ち寄せる波が堤防上部にまで達する波模様である本日。 そのブチ当たった波が足下からはらい出して、簡易的なサラシを形成している。 状況的には磯と変わらない! 違うのは磯か、人工的な建造物か、ということだけ(笑) 足場も小高いことから、しっかりと足元までルアーをトレースできる事が必要。 足元でのバイトも多い事から、ルアーでの「八の字」が描きやすいレングスを考えた。 このような場所でも「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV」がもっとも使いやすい!

kishimoto6_2.jpg

今のメインベイトが「アジ」「サヨリ」とめまぐるしく変化している事から、ルアーチョイスもベイトしだいとなる為に、その日の状況を素早く感知したいものだ。

最初に選んだ、少しスリムな「サヨリ」を意識したミノーを早速ブン投げる! はらい出しの切れ目に着水後、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVの繊細なティップから手元まで的確に、ルアーの動き+流れを伝えてくれる。

この流れなどの変化感知が自分のモチベーションを高めてくれる。 しかし!今回はどうやら渋い…。 まだ荒れ始めということで、あまりベイトも入って居ないのか?

不安要素がどんどん膨らみ、場所移動も考えたが、「まだ早い!」と、ルアーをシンペン(「アジ」を食ってる時に効果的)にチェンジ! 回遊待ちの体制に入ったのが吉とでた♪ 数投目に待望のヒット~! ガボボッ!とエラ洗いを連発したが即効の寄せで堤防下へ誘導。 そこからまだ元気なシーバスは潜る潜る(笑) うほ~♪ 元気あるな~

kishimoto6_1.jpg

しかしLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVのしなやかなようで強靭なバットパワーで強引に浮かし、波裏にてランディング。 結構、お腹回りも“ぷっくり”してベイトを求め接岸してきた感じかな? 今朝の朝食がルアーでゴメンねって感じ…。

まだ朝食を求めて接岸してきてるかと期待したが、その後は全くバイトなしで終了とした。

今回は少し様子見って事での釣行であったが、磯に立てない時の押さえの釣行に満足であった。 次回に期待したい♪

■場所:京都府 丹後半島・某漁港

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:ファイヤーライン1.2号 ルアー:アムズデザイン KOMOMOslim ハニートラップ95S フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #3 #5