残り少ない磯釣行

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月末 ■場所 ・・・ 京都府 丹後半島・某磯

あ~。 いよいよ当地の磯マル釣行も残り僅かとなってきました~(悲) シーバス的には水温的に問題もなく産卵に向けて ベイトを追い掛け回す最高の時期でもある訳ですが…。

季節風・寒気の厳しい当地では、この寒気の到来により雪・暴風・高波…。 人間が磯に立てる事が無理な日が多く、シーズンオフが早くなる訳で…。

そんな事でタイミングを見計らい行ってきました~♪ 今回は波も落ちかけの早朝。 夜明けが遅い事もあり、遅い出発で磯を目指す。 今回もLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVを使用しました。 このロッドは使い込む程にその特性が丹後の低い磯にベストマッチ♪していると感じられ、 足元を攻める時の操作性も、離れたシモリにルアーを打ち込む遠投性能もグッド♪

kishimoto5_1.jpg

余談ですが、よく磯で出会う熟年磯アングラーの方に出会ったときの事。

おじさん 「そんな細い竿じゃ~、デカイの来たらとれね~よ~!」と一言。

僕 「いやいや~、この竿は凄いよ~♪」

その後見事釣り上げ、おじさんビックリの場面も(笑)

さてさて話が反れましたが、準備も終え磯へ降り立ち、波のピッチも本日は少なく、弱いウネリ程度。 早速、遠投のきく「アムズデザイン・魚道ヘビーサーファー」を装着して、沖のシモリに着いているであろう磯マルを狙ってみます。 1oz近いヘビーウェイトでも胴に乗せ確実に遠投できるLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV少しフォールを加えて、水流を感じながら巻いてくると…。 一投でアッサリとヒット♪

kishimoto5_4.jpg

本日は波も弱く、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVにて楽々のヤリトリ。 でもって、アッサリとランディング♪

kishimoto5_2.jpg

kishimoto5_3.jpg

何か拍子抜けであったが、平日釣行とあり時間がない! すぐに次に期待してキャストを続けたが・・・今時期は仕事の都合から、夜明けから30分程度の超短時間釣行…。 この1匹のみでこの日の釣行を終えました。

「休日にタイミングよく、具合の良い波で釣行がしたいものだ!」と思い…。 待ちにまった休日には…北西風の激荒れ(悲) こんなもんです、丹後のこの時期って(悲・連発)

しかし、そんな事も言ってられない、せっかくの休日。 少しでも風裏の磯を探し、磯マルを求め山を下ります。 向かい風でもLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVのズバ抜けた操作性にてストレスなく波間を探る事、数投。 …ガゴ!と引っ手繰るアタリを感知。 クンクンとLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVの柔軟なティップが魚の動きに柔軟に対応し、エラ洗いもない事から、あのお魚と確信! そして足元まできて磯際へと無事ランディング。

シーバスではなかったが激荒れの嬉しい一匹♪

その後、何とかシーバスをとキャストを繰り返してみましたが、残念ながら波・風と 更に激しさを増してきた事もあり安全を考え撤収としました。   ■場所:京都府 丹後半島・某磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:ファイヤーライン、トレーサー1.2号 ルアー:アムズデザイン、魚道ヘビーサーファー、ガン吉30g     コアマン、ゼッタイ フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #4,#5