アジ専用のスペシャルさ

下田 英樹 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月19日 ■場所 ・・・ 三重県 伊勢湾

そろそろメバルの季節がやってくる名古屋港エリア。 ラインを巻き替えいつスクランブルがかかっても大丈夫なように準備万端。

ところがいつもの釣り仲間からかかったスクランブルはマアジ。

アジ??

正直に今まであまり釣ったことは無いです。 たまたまジギングで釣れたり、秋のツバスのナブラ撃ちで釣れる40cm級マルアジぐらいしか記憶にない。

聞けば水深8mのボトム付近をリフト&フォールで釣るらしい。

ますます「??」

フォールでアタリを取るということなので用意したタックルはLUXXE Coastline 宵姫 S73L-F

shimoda3_4.jpg

これにフロロ3lb.にジグヘッドは、がまかつ スイミングコブラ 1.5g~3gを用意した。

待ち合わせのスロープに着き挨拶もそこそこに準備を済ませボートに乗り込むと ロッドホルダーに差さってる1本のロッドに目が止まった。 ロッドにLUXXE Coastline AJの文字が光る。 ボートオーナーの西村さんがニヤリと笑いながら「新調した。」と一言。

聞けば今まではメバルロッドなどで代用してきたけど、いまいちしっくり来なくてショップでLUXXE Coastline AJを持ってみたらいい感じだったので即買いしてきたらしい。(アザ~ス)

西村さんが買ってきたのはLUXXE Coastline AJ S610ML-solid.F

しかし、そこまでロッドの影響があるのだろうか?

確かに、メバルなど釣り方によって乗せるアワセと掛けるアワセでの影響は絶大だが 掛けるアワセで釣ると聞いていたので、LUXXE Coastline 宵姫 S73L-Fでも問題ないだろうと考えをめぐらせながら、ポイントに向けてボートを走らせてもらった。

ポイントに着くと水深8mぐらいにあるバースの常夜灯周り。 魚探を一通り掛けてみるとボトム付近1~2mに反応がある。 潮が効いてくると中層から表層に浮いてくるらしいが潮止まりの今はボトムを重点的に攻める。

早速、LUXXE Coastline 宵姫 S73L-Fに、がまかつ スイミングコブラ 2gをセットして釣り始める。

西村さんはLUXXE Coastline AJ S610ML-solid.Fに、同じくがまかつ スイミングコブラ 2g

釣り始めると西村さんがすぐにLUXXE Coastline AJ S610ML-solid.Fに感動。 「キャスト性能文句なし、感度抜群。」などと言いながら、「ノリもめっちゃエエ」とすぐに1匹目の25cmほどのアジを釣り上げた。

shimoda3_3.jpg

負けずにこちらもがんばる。 2gで8mのボトムもちゃんと取れるし感度抜群。

LUXXE Coastline 宵姫 S73L-Fでも全く問題ないように思われた。 事実、アタリもよく解るし、アジも釣る事が出来る。 が、釣り続けているうちにフッキングミス率の違いがはっきりとしてきた。

西村さん曰く「アタリがあったらリールをクルッと巻くだけで勝手にノル」らしい。 こちらはフォール中に「コツッ」とアタったら即アワせるのだがミスフッキングも多い。 これって滅茶苦茶難しい。

繰り返すがLUXXE Coastline 宵姫 S73L-Fが悪い訳ではない。

LUXXE Coastline AJ S610ML-solid.Fのアジ専用のスペシャルさに負けたのだ。

あの独特のティップの入り込みはまさにスペシャル。

shimoda3_2.jpg

2時間ほどの実釣時間で、西村氏が15匹。 私は5匹。

完敗。 声を大にしていっておく。決してウデの差で負けたのではない。 LUXXE Coastline AJ S610ML-solid.Fに負けたのだと付け加えておく!(笑)

shimoda3_1.jpg

■場所:三重県 伊勢湾奥

■タックルデータ ロッド:LUXXE Coastline 宵姫 S73L-F リール:シマノ ツインパワーC3000 ライン:クレハシーガーライトロック フロロ 3lb. ジグヘッド:がまかつ スイミングコブラ 1.5g~3g

西村氏  ロッド:LUXXE Coastline AJ S610ML-solid.F ジグヘッド:がまかつ スイミングコブラ 1.5g~3g