高波での攻防!

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月中旬 ■場所 ・・・ 京都府 京丹後の磯

前回のレポートから、ひと荒れ毎に海水温は低下。 海面温度は18℃前後の丁度良い感じになってきた♪

これからの季節は産卵を意識している大型の個体が多い為期待できることもあり、 数釣りよりも磯でのビッグワン!に出会える事を願って本日も薄暗いうちから磯へと降り立った。

ウネリの周期が少し早いが、風は陸からの南風とコンディションは悪くない。 今回使用したのは「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV」 高波の中でも繊細なティップにて、的確にルアーの動きと水流を感知できる事もあり、お気に入りの1本♪

kishimoto4_4.jpg

普段であればD社の3000番リールを装着していたが、今回は「LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTER」の相方でもある巻き上げ力の強い、3500番との組み合わせで使用してみた。

準備終了後、早速お気に入りのシンペンを装着してキャスト開始! 数投してみたがどうも反応がよろしくない???? レンジを更に下げて、根掛かるギリギリまでフォールさせると、下の重い流れを「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV」のティップが的確に手元まで伝えてくれる。 良い流れの中であっても本日はバイトも得られない時間が続く…。

そこで高波を避け沈み根にタイトに着いているのか?と考え、沈下スピードも速く水流の早い場所でも泳ぐ事が出来る9cmのヘビーウェイトのミノーをチョイス! このサイズでも余裕のキャスティングができるのも、「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV」の魅力でもある。

フルキャスト後、フォールをかませて、狙いの沈み根際をギリギリにトレース…。 その直後…ゴゴン! 狙い的中♪

ロッド全体に重みが乗り、その直後に波間からガボボッ!とヘッドシェイク。 頭しか出さない事から良型確定~!

kishimoto4_3.jpg

ここからは、「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV」のリフトパワーを最大限に活かして取り込みにかかる。 今回選択したリールの巻上げ力との愛称は抜群! 磯マルの抵抗物ともせず足元のサラシまで誘導したものの…。 波が高くうまくランディングに持ち込めずアタフタしたが、同行者の協力もあり無事キャッチ!

サイズも80UPとナイスな魚体であった♪ ルアーも丸呑み状態。 “よしよし♪”と魚体観察もそこそこに、次を狙う!

kishimoto4_2.jpg

ザラザラになったリーダー部分をカット後、キャスト再開。 潮位も少し低くなった事もあり、手前の根が見え隠れする。 根掛かり回避も考え、浮き上がりをおさえた7cmのシンペンでフワフワと根際に流し込む。

するとすぐに答えが! 今度は重量感に欠けるが、引きは強い。銀ピカなプラチナボディーが宙を舞う。 丹後のアベレージサイズのヒラスズキを捕獲。 このサイズでも、いつみても綺麗なヒラスズキに感動です!

kishimoto4_5.jpg   その後、まだ群れて居るかも?と期待してキャストをくりかえしたが、 同行者共にアタリもなく、この場を後にした。 これから秋深まるにつれて、お腹パンパンのビッグママに出会える事を期待したい!

kishimoto4_1.jpg

■場所:京都府 京丹後の磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:フャイヤーライン 1.2号 ルアー:アムズデザイン、ハニートラップ70S、魚道ヘビーサーファー フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #4 #6