生月ていぼ~シイラ

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月下旬 ■場所 ・・・ 長崎県 生月

ここ最近の話ですが北東風が吹くとどうもシイラが気になるようになってきた。 …っというのもこの季節になると水温低下と共に北上していたシイラが対馬海流に乗って南下してきて、 強い北東風が吹くとアゴ(トビウオ)についてシイラがショアラインに接岸してくるの で、その群れを防波堤から狙うことにした。 壱岐からフェリーに乗って福岡に渡り車で佐賀を経由して同じ長崎県生月まで移動。

ookawa7_3.jpg

今回のタックルは、100g前後のジグをストレスなく軽快にキャストでき シイラの凶暴な走りを受け止めることのできるLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHをセレクト。

ookawa7_2.jpg

びゅうびゅう吹きさらす風に耐えながらシイラの回遊を今か今かと待っていると、 鳥の旋回と共にすぐに第一陣の群れがやってきた。

すかさずがまかつ チューンド 管ムロ 26号をテールに二本付けたジグをキャストし、回収するように早巻きするとスイッチの入った活性の高いシイラが勇猛果敢にアタックしてくる。

そこから回遊があるごとにペンペンからメーターオーバーまで連続ヒットである。 群れを見つけては、ルアーについてきたシイラにほんの少しの”食わせの間”を与えてやるだけですぐにHITするので難しいことは特にない。

圧倒的に釣れるのもルアーフィッシングの楽しさの一つかもしれない…。

向かい風を切り裂くようにキャストできるLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHが、気持ちいいほどシイラの動きに追従してくれファイトがとても楽ちんだった!! それでも防波堤が高いせいかフッキングをミスるとバレやすかったが、それが気にならないくらい釣れに釣れた。

『今日の所はもう勘弁してやろう!!』

そんな偉そうな気分になってしまうくらい楽しい釣りができたが、間違いなくまた北東風が吹いたら気になってしょうがないことだろう(笑)

ookawa7_1.jpg

■場所:長崎県 生月

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXH リール:ダイワ ソルティガ4500 ライン:PE 4号 リーダー:ナイロン 80lb. ルアー:UZU・シャバジグ