ゴロタ攻略

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月下旬 ■場所 ・・・ 長崎県 地磯周辺

釣りに行けない日は航空写真と海図や潮汐表を見ながら ニタニタと自分の妄想マップを広げる癖がある九州ラグゼスタッフの漁ちゃんです。

ookawa6_1.jpg

いや~『どこでもドア』が欲しくなる季節ですね~(笑) 秋の磯はベイトも様々で魚の活性も高いようです。

ヤズゴ(鰤の幼魚)にありがちな入れ食いを堪能したり、 2kg程度のヒラゴ(ヒラマサの幼魚)を釣って楽しんでたら隣の釣り人がデカイ魚掛けてブチ切られたり… なんだか九州の磯がアツくなってきたぞ~。

そこでボクは、前から目を付けていたゴロタサーフに行くことにしたのだ。 もちろん狙いは大型ヒラマサ!! 実績なんて分らない。

ただヒラマサの釣れる条件を満たしているかも知れないので 博打性は強いが思い切って行くことにした。

魚釣りって思い切りが大事ですよね?(笑)

今回もロッドはがまかつ最強クラスのLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXH一本勝負。

ookawa6_2.jpg

青物というとガチガチロッドを想像しそうだがこのロッドは、柔軟性を持ち大型青物の動きをしっかり受け止めれる強さを持ったロッドとボクは思っている。

何より小型プラグから大型プラグまで初心者の方もストレスなく幅広く使用できる勝手のよさが堪らなく良いのだ。 薄暗いゴロタをヘッドライト頼りに歩きベイトが溜まりやすいだろう根が点在する場所に立って観察する。 潮がブレイクあたりをいい感じにトロトロと流れている。 明るくなると笑うくらい浅いが潮に緩急が生まれると、魚の気配が濃厚になるのでLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHの操作性の高さを活かし丁寧にアクションを入れる。

予想通り潮目当たりで『ボシャッ』と反応するがプラグは浮かんだまま・・

ド派手な出方は経験上さほど大きくないことが多い・・ おそらく身体が軽いせいだろう。 逆にでかい魚ほど身体が重いのか賢いのかよくわからんばって鋭く図太い捕食音で吸い込んでいくのである。

ただこの魚のバイトは本気な出方だったので地形を利用させてもらいLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHだからこそできる繊細な食わせの間を意図的に作ってやるとすぐに反応。

距離で言うと5mの所で水飛沫を上げルアーに襲いかかってきた!!

その瞬間からロッドに伝わるのを確認しゴロタといえどシモリが凄く荒いのでLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHのパワーで1mmもライン出さずフルポンピングそのまま強引に捕獲完了!!

予想通りのサイズだっ!!

ookawa6_4.jpg

その後も2~3kg程度のヒラゴとネリゴを釣りあげたが トップにでる群れのサイズがこれより下だったため長時間テンションが維持できずサーフを後にした。 それでもこんな釣りバカなボクに魚が相手してくれたことにいつも感謝の気持ちは変わらない!! また時間を見つけてLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHを使って新たな場所で挑戦したい

『ア~イェイ♪♪』

ookawa6_3.jpg

■場所:長崎県 地磯周辺

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXH リール:ダイワ ソルティガ5000 ライン:PE 5号 リーダー:ナイロン 130lb. ルアー:ポッパー、ペンシル大小各種