さすがのポテンシャル

米澤 弘通 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月1日 ■場所 ・・・ 秋田県 サーフ

今回は遠征した秋田県でのサーフ釣行のレポートです。

今年は何故か仕事の関係で、地元から遠く離れた秋田県での釣行も多くなっています が、今回はサーフのシーバスゲームが絶好調との情報で迷わず行ってきました。

yoneda5_2.jpg

ポイントに到着したのは朝、と言っても少しゆっくりしたので、すっかり日が上がっており、時合いは過ぎたかも?との不安が・・・。

しかし、ポイントを見渡して一安心。 サーフには多くの鳥が水面を意識して低空飛行しており、時折水面に突っ込んで餌となる魚を捕食している様子。 これは期待大と早速準備してゲームスタート!

今回使ったロッドはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV 釣り場がサーフという事もあり、少しでも飛距離を稼ぎたいところで迷わずロングロッドをチョイス♪

このポイントは遠浅なので、浮き上がりが良いルアーが良く、さらにベイトが小さいのでデーゲームの場合、ルアーのサイズも釣果に大きく影響するらしいので、この条件を満たしそうなフィール75をキャスト。

このサイズでも飛距離が出るので、鳥が水面にさしているポイントには届いている様子。 ルアーを目立たせるように時折ショートトゥイッチを加えつつ、ミディアムリトリーブで探る。 鳥の移動に加えて、潮目に絡むようにキャストしていくと、開始早々に「グンッ」とティップが押さえ込まれるバイト!!

すぐにフッキングしてファイト開始。 フッキングを重視してがまかつ トレブルRB ミディアム #10フックを選択。 ストラクチャーの少ないサーフというシチュエーションを生かして、無理をせずにゆっくりと寄せてくると1匹目からナイスサイズ♪

yoneda5_1.jpg

バッチリ写真撮影してもらってドンドン狙っていくと、同じようなシチュエーションで2匹目のバイト。 こちらは1匹目よりサイズダウンして60cm弱。

yoneda5_4.jpg

それでもデーゲームのサーフでウェーディングしながらコンスタントに釣れる事に満足。

その後は鳥を探して広大なサーフを車で移動しつつ、実釣を続けた。 サイズアップしないものの、セイゴサイズを中心にバイトがあり、小型ながらヒラメもキャッチしてサーフゲームを十分に楽しめた。

yoneda5_3.jpg

それにしても今回はLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVが大活躍。 ロッドレングスで飛距離を稼ぎつつも、ミディアムパワーに押さえているので軽量ルアーもストレスなく投げ続ける事を可能にしている。 それでも、ショートバイトやセイゴのアタリも弾かずにバイトに持ち込むのはさすがのポテンシャル。 加えて軽量化されているので、連続キャストの長時間の釣りでも疲れが軽減された♪   ■場所:秋田県 サーフ

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV リール:ダイワ トーナメント 2500LBD ハンドル:Gクラフト Bassartカスタムハンドル ライン:VARIVAS アバニシーバスマックスパワー 15lb. リーダー:クレハ プレミアムマックス 16lb. ルアー:REED フィール75 100      REED ラブラ90F      スカジットデザイン スライドベイト フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #10、#12     がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #10