アウェイの磯

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月中旬 ■場所 ・・・ 長崎 本土周辺

ここ数年間、壱岐の島から出て釣りをする機会が随分増えた。 出会う人に『わざわざ行かんでも壱岐で十分魚釣れるやろ?』とよく聞かれる。 理由はたくさんあるけど、島外に釣り仲間が増えたことと、島外のまだ見ぬ風景や魚にもっと出会ってみたいからだ。 さて今回もそんなノリで仲のいい釣仲間と長崎方面のロックショアに青物と時化の予報だったのでヒラスズキを狙いに探検してきました。

航空マップ写真に穴が開くぐらい磯の形状や地形などは前もって見ていたが、いつになってもこの時のドキドキは変わらない…。 釣友とカーナビの地図を見ながら、手軽でおいしそうな磯を道に迷いながらたどり着く…。 今回は青物メインということもあり、比較的エントリーしやすく岬状の地形にシャローゴロタエリアが点在する、綺麗なカレントが発生していて 「ヒラスズキが大好きそうな地形だな」と、ピンっときた磯をセレクト。

さっそく今回持参したLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVをセットし磯に立つ。

ookawa5_5.jpg

強風時のゴロタのシモリなどをピンポイントにミノーを打っていくには磯ではショートレングスのLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVが圧倒的に使いやすいLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVはティップを活かし小型ミノーなども軽快なアクションで誘うこともでき、 大型ミノーなどもロッド全体に乗せためる感じでキャストすると驚くほどの飛距離が出せる。

ookawa5_6.jpg

狙ったポイントに12cmミノーを投げLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVから感じる潮流とルアーの動きに水中をイメージしていると、 わずか一投目からココンっと手元に生命反応を察知し合わせを入れると美しいプラチナボディーが宙を舞う・・・

ookawa5_4.jpg

狙い通りシャローエリアにさしている魚は活性が高いので答えが早い LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVのパワーと波のリズムを利用し魚を誘導するとヒラスズキは操られるように陸に上がってきます。 信頼度抜群のがまかつ トレブルRBががっちり貫通してくれるおかげで、やりとりの安心感が全く違ってくるのだ。

初上陸の磯で1投目で魚がHITすることはよくあり、それはとても嬉しいことだが、 やはりここまでたどり着くプロセスが一番の醍醐味だとボクは思う。 ここに来てルアーを投げなければ会えなかったかけがえのない1匹に会えてとても幸せだったりする。笑

ookawa5_3.jpg

兎にも角にも「いぇ~い♪」っと言ったとこである。

その後は1時間程度ヒラスズキらしい連発入れ食いを釣友と動画撮影したり 実験的釣り方などしながら釣りを楽しみ青物狙いへシフトしていくのである。

ookawa5_2.jpg

■場所:長崎県 本土周辺

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:PE 2号 リーダー:40lb. スナップ:がまかつ 音速パワースナップ L ルアー:オプセル ボーグファルコン・SKYPASS/SB フック:がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #3