秋磯風味

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月初旬 ■場所 ・・・ 壱岐の地磯

最近は青物にまっしぐらだけど、波が少しあったので近所の磯でヒラスズキを狙うとこにした。 条件にもよるが、ボクにとってはマルスズキよりヒラスズキの方がずっと身近な魚なのである。

秋になるとボクの住む壱岐の島は何かとターゲットが多くなり、 まるで海上バイキングだなぁと思うのはボクだけかな・・? とにかくこのような魅力満載な島に生まれてよかったと思うわけである。

気温が徐々に下がり遅れながらも水温が安定してくればショアラインに魚が集まり、 ベタ凪でも時化でも工夫次第で口を使ってくれるから秋磯を賑やかにしてくれる。 連休を利用し、潮が動くタイミングで軽くサラシている磯に釣友とエントリーした。 まだ海は海パンで入っても大丈夫なくらい、水温は高かった。

今回はシャローエリアで根を交わしながら魚を誘導させたいのと飛距離が欲しかったのでLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERにリールをドッキング。

ookawa4_1.jpg

二人で早朝からサラシの層が薄いのでその時に大活躍するトッププラグを選び景気よく姿を見せてくれるヒラスズキ達にハイテンションになる♪

シャキっとハリのあるLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERがが、横からの風をものともせずに、遠くまで正確なキャストをサポートしてくれる。 魚の小さなあたりまで伝えてくれるから使っていて非常に楽しいロッドだ。 しかし魚が小さくて全然乗らない「歯がゆさ」を楽しむのもまたいいだろう。 その間、釣友が密かにヒラスズキをかけ見事に手前でバラす…。 そしてボクがすかさず小型ミノーでサラシの流れにフォローをいれると一撃でバイトしてきた!!

LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERを使用しているとヒラスズキの場合は簡単に頭を向かせることができ、頭をこっちに向かせると、主導権を与えずにすばやくランディングに移ることができる。 個人的には、そのほうが海に帰してやるとき都合がいいと思うし、一定のテンションを魚にかけれるのでバレないような気がする。

ookawa4_2.jpg

朝練の結果、30分コースでボクはすっきり爽快、釣友はバラしたおかげで悶悶ヒッシング(笑)。

その逆もたまに然り…。 魚釣りにおいてはよくある事だ。 このような真っ赤に染まる始まりに溶け込むと魚なんて釣れなくても何だか満たされたような気分になるのである。

ookawa4_3.jpg

■場所:壱岐の地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTER リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:PE 2号 リーダー:50lb. ルアー:オプセル・オスプレイHS・ポッキーなど フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #3 #5 #6     がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #3