ATS 05でディープを直撃する、秋の桧原湖

赤嶺 吉蔵 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月4日 ■場所 ・・・ 福島県 桧原湖

みなさんこんにちはラグゼスタッフの赤嶺です。 今年の夏は全国的に暑い日が多く、各地のフィールドでも難しいコンディションに遭遇するケースが多かったと感じていました。

そんな中9月の初めに福島県の桧原湖へスモールマウスバスを求めて釣行してきました。 ここ桧原湖は裏磐梯の国定公園の中にあり、標高も高く涼しいところなんですが、 今年の猛暑の影響で水温が27度を超えているなど、かなり高くこちらでも異常気象が感じられました。

桧原湖への釣行は久しぶりで手探りでのスタートでしたが、当日はフラット、水中のハンプなどを中心にコンディションの良いグッドサイズのスモールを、コンスタントにキャッチすることができました。

早稲沢キャンプ場前に代表される桧原湖北エリアのフラットでは、LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”を5gシンカーのキャロライナリグで、 LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION”には、3/32oz のダウンショットリグで、 どちらもフラット上に写るベイトフィッシュを直撃するという方法で釣りました。

akamine_2.jpg

最初はキャロライナリグを通して、反応が無ければダウンショットリグで更にゆっくりとしたアプローチで攻めるという、2段構えのパターンが功を奏したという感じでした。

そして、桧原湖南エリアのハンプ群では、 LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION”に1/16ozのダウンショットリグのショートリーダーと、 LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”にスモラバ、 LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE”に、1/32ozワッキーリグをそれぞれ追加して、ハンプのトップにウィードが絡むスポットを狙いました。

akamine_1.jpg

LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”でのキャロライナリグのフィーリングは素晴らしく、 キャストからランディングまでの一連の動作が、流れるようにスムーズに行えます。 更に今年発売されたLUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION” LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE” LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION” の3本はどんなに軽いリグをセットした場合でもアクションのリズムをロストすることなく、水中でのイメージを的確に伝えてくれるとともに、ほんの僅かなバイトも高確率でフッキングすることができました。

これからの桧原湖では、ターンオーバーが進み釣れるエリアも徐々に 限定されてきますが、 釣れるサイズも良くなりエキサイティングなゲームが楽しめることと思います。

特にLUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION”は、桧原湖のディープウォーターでの釣り、欠かすことのできない1本であり、十分に満足して頂けるポテンシャルを発揮してくれるでしょう。

これからは紅葉も綺麗なので、皆さんも防寒対策をしっかりして、 是非秋の桧原湖を満喫して下さい。

akamine_3.jpg

■場所:福島県 桧原湖

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S70L-SM MASTER“SPLIT”      LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION”      LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”      LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE”