水温低下♪

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月末 ■場所 ・・・ 某磯

久々の更新となった(汗)。 ようやく悪夢のような猛暑が過ぎたと思えば・・・ 9月に入った途端に台風の到来・雨続きが多かった9月前半。 そのお陰にて海は荒れ、暖かった海水もかき混ぜられ夏の海から一気に秋の海へと変わる。 高水温期には磯でもディープゾーンの釣りとなり、タイミングと時間の都合がつかず苦戦をしいられたが、ようやく水温低下と共に磯際にシーバスの気配を感じる事となった。

釣行当日には適度な波と流れ!条件は抜群♪ 早速、発売されたばかりの「LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV」をチョイスして磯へエントリー。

kishimoto_2.jpg

薄明るい時間からサラシを直撃せず、その横の抜けの流れをミノーで探る。 数投しても反応が無い事からサラシ周りにベイトを求めシーバスは定位していると確信。 ここでルアーをアムズデザインの「ハニートラップ95S」に交換。 標準装備でがまかつ トレブルSP ミディアムヘビーが装着されている『磯マルバージョン』をチョイス。 1オンス近いルアーであるが、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVとの愛称は抜群。 理想的なレングスにてロッド全体のタメを利用でき、軽いキャストでも申し分ない飛距離である。 そして着水してフラフラと水平フォール後、流れに乗せながらリトリーブすると…ココッ! 軽いバイトをLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVの繊細なティップが捕らえる。 そしてヒット!

kishimoto_4.jpg

一見軟かそうに感じるLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LVであるが、魚が掛かってからは突如変貌♪ ロッド全体でやんわりと魚の動きを抑えつつ、しっかりとしたバットでパワーを吸収、魚との引きを楽しみつつ主導権は与えない♪ 非常に扱い易いロッドである。 そんな感じで楽しみながらアッサリとランディング。薄暗いうちにまずは一本♪

kishimoto_5.jpg

明るくなったてきた、まさに朝マズメタイムに突入後活性が上がったのか同じ場所にて立て続けに2本追加。 その内の1匹はルアーを丸呑み寸前であった。

kishimoto_3.jpg

そうそう、僕が良く経験するトラブルのひとつに、スナップの開きによるバラシの経験が多々あったのであるが、 先日発売されたがまかつ 音速パワースナップにて間違いなくトラブルも回避できそうだ! 暗闇でのルアーチェンジも楽勝♪

さて釣行の続きだが、残念ながら本日は、この3尾のみでバイトはなくなった・・・ 今後の展開が楽しみな早朝となった!

kishimoto_1.jpg

今後の展開が楽しみな早朝であった!

kishimoto_6.jpg

■場所:某磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 107M VERSATILE LV リール:ダイワ ハイパーセルテート3012 ライン:アバニ シーバスMAX ルアー:アムズデザイン サスケ120裂波      アムズデザイン ハニートラップ95S フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #5     がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #3 スナップ:がまかつ 音速パワースナップ