秋めく琵琶湖の真骨頂 進化系HDS

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 秋 某日 ■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

こんにちわー!!!! ヨッシーことラグゼスタッフ吉川です。

さて、今回は秋めく琵琶湖ゲームの真骨頂、『ヘビーダウンショット』の釣りについて、簡単に解説させていただきたいと思います。

まず、琵琶湖のコンディションは水温がガクっと下がり始め、秋らしくなり始めベイトのレンジも下がり、ディープレンジのエリアにも、魚が入り、シャロー~ディープエリアまで、魚が散ってしまっている状況です。 秋~春先頃になると南湖の浚渫エリアがヒートアップしてきます。 これからの時期は、カナダモ系ウィードエリアの釣りと地形変化の絡む浚渫エリアが、僕のメインエリアとなります。

釣り方としては、南湖浚渫エリアをメインに『ヘビーダウンショット』で狙います。 狙うエリアは、ハードボトムの絡む浚渫エリアやウィードの絡む浚渫エリアなど様々で、トップ・ショルダー・ボトムまでのエリアをその日のコンディションを考えながら試していきます。

風がそよそよ吹くようなコンディションまでなら、浚渫ヘビダンパターン。 風が強く吹く状況ですと、マキモノ系ファーストムービングパターンで狙います。

さらに今後は日に日に気温が下がり、状況は刻々と冬へと向かい始めていくので、浚渫エリアのヘビダンパターンがどのタイミングでヒートアップしてくるかもわかりません。 日々湖上へと浮び、あらゆるエリアをチェックし、今年も残り少ない時間を全力で取り組んでいきたいと思います。

yosikawa2_1.jpg

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ --HDS-- ロッド:LUXXE ATS05 B68M-MULTI“MISSION MEDIUM” リール:フルーガー パトリアーク XT71LP-L ライン:サンライン FCスナイパー 10lb. フック:がまかつ ワーム318 ワッキー #1/0 ワーム:ボレアス アノストレート7