ブルーミッション始動

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月中旬 ■場所 ・・・ 長崎県 壱岐の地

ここ数日間で一気に気温が下がり、すっかり秋らしい天候になってきましたね。 しかし水温はまだまだばらついており、エリアによって違いがはっきりしててまだ安定しておりません。 いつしか人一倍、季節や天候など自然に対して敏感になってきたのは熱心におもしろおかしく今まで釣りを続けていたからだろう。 ・・・きっと同じ人も多いはず(笑)

今回は、ボクの愛して止まない釣りの一つ『荒磯から狙う青物!!』 この磯からの釣りにのめり込んで、『あいつ頭おかしくなったんじゃね~か?』など、痛いコト言われる事が多々あるくらい中毒性を持った酔狂な釣りの一つだと個人的に思っております。 中でも磯から狙うヒラマサは格別で、あの圧倒的パワーと無酸素状態で釣りあげた時の興奮を味わうと、この世界から抜けれなくなるんですね(笑)

ookawa_3.jpg

ボクがまず磯から青物を狙う場合、過去のデータや潮流・ベイトなどを実際の現場を見て今まで培った感覚で判断していきます。 他人から聞いた釣れている釣り場なら、比較的簡単にたどりつくのだが、どうせなら自分で計画して青物までたどり着くプロセスも楽しみたいわけなんです・・・。 その工程が途方もなく時間がかかってしまい、何度もココロ折れそうになりながら、やはりあの感動を知っているだけに執念深く探していくわけです。

今回も相棒のLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHと12cmポッパーを持ち出し、近所の磯に様子を見に行ってみました。

ookawa_2.jpg

LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHを使用していて驚くのは、圧倒的軽さと100g程度のプラグまでしっかり乗せてキャストした時の飛距離。 これは、アングラーにとって魚との距離を詰めてくれる重要な要素です。

現場に着いてまず潮流を観察すると、潮目で小さなベイトの群れが何かに追われているのが見えました。 これは頂いたな!!っと少し急ぎ足でポッパーを潮目付近にキャストすると、一投目からダツの猛攻にあう・・・

ダツ・・ダツ・・ダツ!

悲しいかな、そこはダツ天国でありました。

おそらく水温が高い潮が入ってきていたのでしょう。 がまかつ トレブルRB ヘビー #1を使用しているため、刺さりが抜群によく、スレでもなんでも掛ってきて迷惑だ!! そのくらい、がまかつ トレブルRB シリーズの貫通力は素晴らしいのです!

そんな中、少し潮流に変化がありダツ祭が落ち着いたかと思うと、引いていたポッパーが違った感じでバシュっっ!と引きこまれ、ロッドから魚の振動が伝わってきます。

自分的にはダツでしょう!!みたいな感覚で、釣友と苦笑いしながら寄せていると、イエローラインがきらりと見えたました。 その瞬間・・やり取りが少しだけ慎重になったボク(苦笑)

サイズが小さいためLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHのポテンシャルは発揮できなかったが、これからヒラマサになる風格のあるヒラゴ(ヒラマサの幼魚)が、ひとまず釣れたことに喜んでました。 今年はLUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHでどのくらいの大物と戦えるか楽しみでならないです。

ookawa_1.jpg

■場所:長崎県 壱岐の地

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXH リール:ダイワ ソルティガ4500 ライン:PE4号 リーダー:80lb. ルアー:フィードポッパーなど フック:がまかつ トレブルRB ヘビー #1