常夏ヒッシングキャンプ~マルスズキ編

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 8月中旬 ■場所 ・・・ 長崎県 壱岐の波止場

磯編からの続きですが、今回はキャンプということなので、近場の波止場に付くマルスズキも狙ってみました。

100828ookawa01.jpg 100828ookawa02.jpg

壱岐のような小さな離島では、都市型河川や大型河川など多くのシーバスをストックできる場所がなく、ほとんどがあるタイミングでベイトと一緒に回遊して波止場の明暗部に付くことがポピュラーになってきます。

ボクから言わせてもらえれば、島のシーバス釣りより都市型の釣りのほうが、サイズにこだわらなければ比較的簡単にシーバスの顔を拝むことができると思います。

なぜならシーバスとベイトの絶対数が明らかに違うからです。 とはいうものの、別にクヨクヨしてるわけではありません(笑) ちゃんとタイミングを合わせれば釣れる可能性を上げて釣ることができます。 先ずは夕マズメ街灯周りにバイトと共に集まってくるシーバスを狙ってみましたが、セイゴラッシュに襲われ楽しくもちょっぴり疲れたので、その夜は早く切り上げテントで休むことに・・・。

そして早朝・・目覚ましより早く起きてドキドキしてるボクがいました。 さらにドキドキしててボクよりはやく起きてる釣友がいました(笑)

日が明けるか明けないかぐらいのモーニングサービスに向かった僕達・・一般的には朝マズメといいますね。

ぼく達は、自然のモーニングサービスを今か今かと待ちながら魚の活性があがるのを待ちました。 シーバスの姿がちらほら見え始め釣友のルアーにいいサイズのシーバスがバイトしてきました。

ボクはそれをランディングし、それにつられて活性が異常に上がった”更に大きく男気溢れるシーバス”を見てしまったボクはすかさず9センチミノーを横取りキャスト!!

一発でパクっとルアーに喰いつき、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M TECHNICAL MASTERが気持よいベンドを描きます。

100828ookawa03.jpg

立ち位置も良く、アングラーに有利な場所だけに、魚の動きを見ながら余裕のやり取りができ、シーバスは成すすべもなく、すぐに浮かせることができてランディングに成功しました。

今回は運よくおいしいモーニングサービスを頂くことができ、怪しくも『いぇーい♪♪』と朝から叫ぶ二人でありました。

100828ookawa04.jpg

これから秋に近付くにつれ魚の気配が濃くなってくるのでなんだか忙しくなりそうです。

■場所:長崎県 壱岐の波止場

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 88M TECHNICAL MASTER リール:ダイワ イグジスト3000 ライン:PE 1号 リーダー:20lb. ルアー:メガバス X-80 など フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #5,#6,#8