常夏ヒッシングキャンプ~磯編

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 8月中旬 ■場所 ・・・ 長崎県 壱岐の地磯

連日うだるような暑さに参っちゃいそうですが、なんとかイキイキと過ごしています。

100827ookawa01.jpg

それにしても暑いというか熱いですよね。 そんな夏に台風がらみの影響で、ちょうどよく時化が続いていたので、ひたすら汗を流し磯をさすらいながら夏磯調査を水面下で行っていました。

ヒラスズキの場合サラシがあったら釣れるというわけではなく、ベイトの存在が重要になってきます。 なのでいいサラシがでててもベイトがいないとそこには魚はいないのか活性が低い魚しかいないことが多いんですね。

100827ookawa02.jpg

ん~難しいです。

一人で何度もスカりながらもようやくベイトの寄ってるエリアを探し出すことができたので、元気な釣友を誘って夏らしくのんびりと二日間ヒッシングキャンプにお出かけしてきました。

今回久しぶりにLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERの出番なのでワクワクです。 もちろん数少ないチャンスを手にするためフックも新しいがまかつ トレブルRB、SPシリーズに交換済み!!

ポイントに到着したら、まずは波の立ち具合や流れなどを観察しながらなるべく無駄打ちを避けるようにします。

魚の着き場は大体同じなので、波が落ち着きサラシが綺麗に広がるタイミングを見計らってルアーを打ち込むとすぐにバイト!!

「うっひゃ~」サラシサウンドに負けないくらいシャウトします!!

隣の釣友の顔をニヤニヤと伺いながら、魚をランディング場所に移動させ波を利用し落ち着いてLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERで一気に勝負ありです。

100827ookawa03.jpg

強風の吹く中、遠くの瀬にピンポイントで打ち込むことができて僅かに感じるバイトを拾うことができるLUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTERは欠かせません。

その後も魚の数は少ないものの、スリット、カレント、ベイトの動きを読んで丁寧に攻めると面白いように反応してくれます。 釣友も魚と悪戦苦闘しながらも楽しく遊んでました。

楽しい時間をぼくらに与えてくれる大自然に感謝しながらのんびりとしたキャンプができました。

100827ookawa04.jpg 100827ookawa05.jpg

夏のヒラスズキは特に弱りやすいので、なるべくランディングの際も水たまりにランディングしますが、出来ない場合や損傷がひどく復活できそうになかったらおいしく頂くようにしています。

■場所:長崎県 壱岐の地磯

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX 110MH-BILLOW MASTER リール:ダイワ セルテート3500HD ライン:PE 2号 リーダー:40lb. ルアー:オプセル ボーグ・ファルコン      アムズデザイン SASUKE 105      デュエル アイルマグネットDB9 フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #2,#3,#5,#6     がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー #2,#5,#6