梅雨シーズン終盤戦

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 7月14日 ■場所 ・・・ 長崎県 壱岐島

こんにちは、九州ラグゼスタッフの大川です。 ものすごい雨が降り続いたと思うとさっぱりと梅雨明けしてしまい、雨からフラれた感じで連日猛暑が続いております。 僕みたいにデーゲームが好みの方はくれぐれも熱中症や脱水症状にならぬよう、水分補給をしっかり取りながら釣りを楽しみましょうね♪

話は少し戻り…北部九州梅雨明け宣言が発表されて間もなく、壱岐では「ここは熱帯雨林か!」ってぐらいスコール的な降り方が多かった気がしますが、河川への影響はそこまで酷くなく、流れてくる草などが取れればイイ感じでベイトの姿も確認できます。

釣友と連日にわたってデータを録りながら釣ってきたおかげで、魚の活性があがるタイミングを掴む事ができました。 本音は、できた『気がします』ですが(笑)

この日も前日の降水量と潮回りを考慮して、1番いい流れが発生する時間帯に絞って釣り場へ向かいました。 釣り場は、魚がいたら1発でバイトしてくるようなグッドコンディション。 いつもなら連絡を取らなくてもそこにいる釣友がいないので、若干『もらった感』があります(笑)

今回も前回と同じくLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 93M VERSATILEをセレクトしました。 少々ニヤケながら…大型ルアーを流れの落ち込みの先へキャストすると、まるでヒラスズキを彷彿させるような、もんどり打つような形でアタックしてきました!! 魚が乗ったのを確認すると今回は半ば強引とも呼べるくらい一気に寄せてみました。 やはりLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 93M VERSATILEのロッドパワーで頭がすぐにこっちに向いたので、ゴリゴリ巻いていくと流れの中もすんなり抜け出てあっけなくランディング成功!!

100729_okawa_002.jpg

100729_okawa_001.jpg

その後もまだいそうだったので、小型ミノーに変えてアクションをリズミカルに入れながら粘ってみると、フッコサイズが顔を見せてくれました。 ただこの日は潮位の変動が激しく、釣れる時合いが凄く短かったので残念でしたが、楽しむ事が出来ました。

100729_okawa_003.jpg

そしてがまかつ トレブルSP ミディアムヘビーの貫通力にはいつも脱帽です。 こんな刺さりが良くて面倒くさがりなボクでも錆びないままでいてくれるがまかつ トレブルシリーズに感謝して夏の釣りに突入したいと思います。

■場所:長崎県 壱岐島

■タックルデータ ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 93M VERSATILE リール:ダイワ セルテート2500 ルアー:タックルハウス フィード・ポッパー 120mm      アムズデザイン アイマ B-太 フック:がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー #4、#5、#6