JBマスターズ第3戦考察

赤嶺 吉蔵 (関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某日 ■場所 ・・・ 三重県 三瀬谷ダム

ラグゼスタッフの赤嶺です。 今回は、三重県の三瀬谷ダムで開催されたJBマスターズ第3戦のトーナメントで具体的に自分が行ったアプローチを紹介します。 今回はLUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION”LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE”LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”の3本をメインにしました。

100826akamine01.jpg

私の右手のバスが40cmオーバーで約1kgのバスなんですが、アベレージサイズが小さな三瀬谷ダムでは、このサイズがスーパーキッカーフィッシュとなります。 このバスは先に紹介した3本のうちLUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”でキャッチしました。 通常このロッドは、ノーシンカーリグで多用するモデルなんですが、この時は3.8インチのスイミーバレットに1/64ozのネイルシンカーを入れたワッキーリグで使用しました。 その理由はフォール中のバイトを狙ったり、軽くシェイクを入れながら中層へのアプローチをする場合などは、極めてノーシンカーのフィーリングに似ていることから、LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”をチョイスしたんです。

実際今年発売された3本のFINE MASTERというシリーズは、どのモデルも基本性能の高さ特徴なんですが、このモデルは6フィート6インチの長さにも拘わらず、操作性が良く小さなバイトも逃がすことなくフッキングできるので、ハイプレッシャーレイクでは、非常に心強いパートナーになってくれると思います。

■場所:三重県 三瀬谷ダム

■タックルデータ ロッド:LUXXE ATS05 S62UL-FINE MASTER“AIR MOTION”      LUXXE ATS05 S64L FINE MASTER“ACTIVE SHAKE”      LUXXE ATS05 S66L FINE MASTER“SLACK MOTION”