雨後の釣行

岸本 泰史 (関西エリア LUXXE STAFF)

岸本 泰史(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 6月中旬
■場所 ・・・ 京都北部 某所

丹後地方も梅雨入りとなった6月中旬。
2日間のまとまった雨で河川が増水し、翌日には雨も止んで釣行のベストタイミングとなった。

大好きな磯も低迷気味な為、久々に河口がらみの陸っぱりに行ってみた。

ここは水深もあるので、バイブレーション系にロッドアクションを加えながらの攻めが効果的だ。
そこで、悩んだ末にバイブのただ巻きからリフト&フォールなどアクションがつけやすいLUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERをチョイス。

表層付近は雨後ということもあり濁り気味。
中層~ボトム付近を丁寧に探る事にした。

まずはボトムに着底後、ただ巻きで時折リトリーブスピードを変えながら探っていくと、
早速、LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERが違和感を感知。

何かが追ってきて反転した僅かな水流の変化が気持ち悪いぐらいに伝わってくる。
(このロッドを使うようになって釣り方が変わったくらいである)

一旦ルアーを回収後、すかさずルアーを打ち込んでリフト&フォールを加え、先程と同じ場所で魚へアピールしていく。
一連の動作を繰り返していると見事ヒット!

kishimoto_100622_02.jpg

エラ洗いで数回水面に出てきたが、後は水中で大暴れ(笑)
しかし体力が続かないようで、難なくランディングすることが出来た。
今回使用したがまかつ TREBLE RB MHがザックリと刺さり気の毒な感じだ。

kishimoto_100622_01.jpg

このサイズなら群れの可能性ありかな~♪
と、次に期待していた矢先に、朝一番の蒸し暑い雨が...!
出勤前に汗ベトベトになるのは勘弁してほしいので、納竿とした。

■場所:京都北部 某所

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER
リール:ダイワ セルテートハイパーカスタム3012H
ライン:アバニ シーバスMAX
ルアー:アムズデザイン Koume80
フック:がまかつ TREBLE RB MH