トカラ列島大冒険

大川 漁志 (九州エリア LUXXE STAFF)

大川 漁志(九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月14~20日
■場所 ・・・ 鹿児島県 トカラ列島口ノ島

皆さんこんにちわ(^v^)
九州ラグゼスタッフの大川です。

1000611ookawa02.jpg

今年も鹿児島県の南方に浮かぶトカラ列島に行ってきました。
この時期、奄美地方ではすでに梅雨に入っており、天候がすごく不安定で釣り自体が危ぶまれることも多々あります。
今回は、なんとか釣りができそうな天候なので、思い切ってモノ好きな釣友と二人で地元の壱岐から車を船に乗せて鹿児島までいってきました(笑)

1000611ookawa01.jpg


今回サブメインとして持ち込んだLUXXEシリーズ最強のロッド、LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXHを使用し、青い宝石と呼ばれるカスミアジなどを20~50gの中型プラグで狙ってみました。
カスミアジは、ヒラアジ族の中でもサイズの割に想像以上のスピードとパワーをもっている面白い魚です。

1000611ookawa03.jpg

磯に立つと予想通りいい潮が走っており、トッププラグをアップクロス気味に投げてゆっくりアクションさせて誘うと海面は爆発するものの、何故か反応が悪い・・・。
渋いのは水温の関係なのか?そう思って暫くキャストを繰り返していると、トッププラグにメータークラスのダツが果敢にHITし遊んでいると、ウミガメがウヨウヨしだしました。
こういう一気に海の生命感がUPしたときには、大抵イベントが発生します(笑)

すぐにミノーに変え軽いジャーキングを織り交ぜながら誘うと、リーフエッジから一発でコバルトブルーに輝く魚影がルアーを一瞬で持ち去っていくと同時にロッドが一気に絞り込まれました。

サイズは3kgぐらいでしたが、即座にフッキングを入れると、ギンバルにロッドをセットしやり取りを考える暇もなくひたすらリールを巻きます。
青物でもそうですが、スピードがあり根に執着する魚類に一瞬でも油断すると、すぐにラインブレイクが待っています。

地形などは透明度が高い海域なので、危険な場所は一目瞭然です。
LUXXE Saltage CHEETAH-Rのロッドパワーを信じて、力の限りリフトアップすると魚を根から離し浮かすことが出来、難なくランディングに成功しました!!
カスミアジは何度見ても美しい魚なので、思わず笑顔がこぼれてしまいます。
最大で5kg弱のカスミアジもLUXXE Saltage CHEETAH-R のロッドパワーでねじ伏せれましたよ。

LUXXE Saltage CHEETAH-Rを一度持ってみれば分かると思いますが、ヘビークラスの中でも驚きの軽さです。
1日ジグやプラグを投げ倒しても疲れません。(個人差はありますが笑)

別の日に、シンキングペンシルを激流に流し込んで誘っていると、この島では珍しいオニヒラアジもHITしてくれました!!

掛ける場所が磯という厳しい地形の場所なので、隙を与えずゴリ巻きスタイルで一気に寄せます。
LUXXE Saltage CHEETAH-Rの特徴として、釣り人には楽で魚には厳しいロッドなので、ファイトがきつくありませんでした。
波があってランディングが大変でしたが、なんとかキャッチ成功!!
初めての魚だけに嬉しかったです(*^_^*)

1000611ookawa04.jpg


この旅で多くの魚に会えましたが、最後にがまかつ TREBLE 16 #5/0を装着したルアーを使い、ロックショアGTにも会える事ができた事とトカラの自然に感謝し、帰りのフェリーでまた来年の計画を立ててしまったのは言うまでもありません。

1000611ookawa05.jpg


■場所:鹿児島県 トカラ列島口ノ島

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage CHEETAH-R 100XXH
リール:ダイワ ソルティガZ4500
ライン:PE 5号
    スペーサー PE 10号
リーダー:ナイロン 130lb.
ルアー:15~17cmミノー
     15~16cmトッププラグなど
フック:がまかつ TREBLE 16 #1/0 #3/0 #5/0