リアクションジグの秘訣

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

吉川 慎吾(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某日

こんにちはーーーー!!!!
ヨッシーことラグゼスタッフ吉川です。

さて、ここ最近は本格的にハネ系リアクションジグで釣れ始めてきましたので、リアクションジグのタックルなどをドドドン!と解説。


まず、ルアーはがまかつの新製品である『がまかつ ウォーニングショット』を使用。
ラバージグのウェイトは、8・10・12gといった3種類あり、ウィードの薄いエリアからウィードの濃いエリアまで使い分けが可能です。

100528yoshikawa01.jpg

フックは、ロングシャングモデルとなっており、ウィードの薄いディープエリアでのスイミングジグにも相性バツグン。
ビックトレーラーにも最適のフックサイズ。
さらに、貫通性能はバツグンで、琵琶湖のビックバスのアゴを簡単に貫く頼もしいフックです。


次に、ロッドはLUXXE ATS05新機種モデルであるLUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION HEAVYがオススメ。
このロッドは、オールラウンドロッドで岸からのオカッパリやボートフィッシングでは、様々なルアーを使える、なんでもこいといったバーサタイルロッドです。

100528yoshikawa02.jpg

特に3/8~1ozといったルアーは、とても扱い易くキャストフィール・操作性・トルクのあるパワーなど、僕が惚れ込む1本です。
リアクションジグ、スイムジグ、スピナーベイトなど幅広く使えるロッドで、琵琶湖の釣りにおいてこの1本があれば安心です。
さらに、この軽さとパワーは7ftクラスのロッドとは思えないほどで、他にはないとても魅力あるロッドです。

これからの時期は、沖のアフター回復系スクールフィッシュが、ターゲットとなりハネ系リアクションジグの本領発揮される季節。
リアクションジグタックルは、これからの琵琶湖に欠かせない一品ですね。

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B70H MULTI MISSION HEAVY
リール:フルーガー パトリアークXT64LP
ライン:サンライン FCスナイパー 14lb.
ルアー:がまかつ ウォーニングショット 10g