余裕の捕獲

米田 友和 (関西エリア LUXXE STAFF)

米田 友和(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月某日
■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

皆さん、こんにちは。
ラグゼスタッフの米田です。

100418yoneda01.jpg

プリスポーンのこの時期、皆さんもドキドキしながらバスフィッシングを楽しんでいるのではないでしょうか?
今回は琵琶湖のプリスポーニングのグッドサイズを追い求めて、まだまだ水温が安定しない琵琶湖へ釣行してきました。
南湖西岸チャンネルラインの東岸ミドル、南湖北部ディープなどのベイトが多いラインへクルージングバスを探していきます。
この時期は、マジックスイマー(フィネス)やバクラトスイマー(イマカツ)などのスイム系ベイト、
そしてスピナーベイト4/3ozスコーリングなどは、エリアチェックの際に素早いサーチで結果が出るのでおすすめです。


この日は、爆風とウネリのある中、シャローやミドルの水温の安定しているディープレンジをチェックして巻いていきました。
すると・・・

・・・・・・ドス・・・・・・

いい当たりが!
パワーフッキングで慎重に巻き上げると、あがってきたのは60UP、5,517gのプリバス!
ロッドにトルクがあるので、余裕の捕獲です。

100418yoneda02.jpg


今回使用したロッドは、LUXXE ATS05 B76H-FLIP MASTER
5kgオーバーでもロッドにトルクがあり、かなり楽に巻きあげることが出来ました!

100418yoneda03.jpg

LUXXE ATS05 B76H-FLIP MASTERはスイム系ベイトのスピナーベイト・ラバージグ・ヘビーテキサス・ヘビキャロにもおすすめです。
水深20mでのヘビキャロでもアタリが分かりやすく楽にパワーフッキングでき、バスを引きずり出すことができます。
皆さん是非お試しください。


「キモ」はエリア選択です。
この時期はベイトの位置などの確認が大切です。
ディープレンジを巻くか、ミドルレンジを巻くかだけでもこの時期は釣果が変わってきます。
半日でしたが、巻物オンリーで挑んだ琵琶湖。
釣果は60UP1本、50UP1本でした。

100418yoneda04.jpg

皆さんも、春のバスフィッシングを楽しんでくださいねー。

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B76H-FLIP MASTER
リール:ABU オーロラ GPIチューニング・レボIB GPIチューニング
ライン:東レ スーパープレミアム 16lb.
ルアー:バクトラスイマー・マジックスイマー

ライトリグ
ロッド:LUXXE SURMIS 354S
リール:ダイワ スティーズカスタム GPIチューニング
ライン東レ スーパープレミアム 5lb.
フック:がまかつ WORM 314 Wacky #4 レッド