皆さん初めまして、米田 友和です。

米田 友和 (関西エリア LUXXE STAFF)

米田 友和(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 4月1日
■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖

皆さん、初めまして。
ラグゼスタッフに加わらせていただくことになりました、米田 友和です。
どうぞよろしくお願いいたします。

100417yoneda01.jpg

メインレイクは琵琶湖です。
皆さんに日本一...いや、世界一のレイクである琵琶湖のすばらしさや、一度もバスフィッシングをしたことがない人にも、そのすばらしさを伝えていきたいと思っておりますので、皆さん応援よろしくお願いいたします!

さて、早速ですが今回の釣行レポートです。

4月初日、気温が8度から10度を繰り返し、ここ数日間水温が安定しない琵琶湖。
この時期のバスは、すごく神経質になり移動を繰り返します。
昨年プリスポーンの時期の琵琶湖は、ステージングエリアの判断でコンタクトポイントは比較的明確になっていましたが、今年は雨が多いためかベイトが少なく放水量が300tという状態。

さらに、酸素を含んでいない冷たい水が南湖の底に溜まりバスの活性が渋くなります。
巻物が昨年よりも反応が渋くなっている琵琶湖。
ベイトフィッシュが多いエリアのミドルのディープをスピナーベイト ダイナモ3/4ozでチェックしていくとまずは48cmぐらいのバスをゲットしました!

100417yoneda02.jpg


朝から風がなく巻物の反応が渋いので、ライトリグにチェンジ!
水温が上がりやすいエリアのシャロー、ミドルのコンタクトポイントになる縦スト・ピンをチェックしていきました。
この日はスピナーベイトで48cm前後を1本、ライトリグでは50cmアップ2本と48cm前後を2本他数本の釣果になった。

100417yoneda03.jpg

シャローに入ってくるコンタクトでは、いいサイズのバスがついていた。
比較的難しい琵琶湖。エリアを間違えて巻きで通してしまうと釣果0ということもありえます。
それでも感動のビックフィッシュを求めて、春の琵琶湖に是非足を運んでみて下さい。

■場所:滋賀県 琵琶湖

■タックルデータ
・スピナーベイト
ロッド:LUXXE ATS05 B76H-FLIP MASTER
リール:ABU オーロラ GPIチューニング
ライン:東レ スーパープレミアム 16lb.

・ライトリグ
ロッド:LUXXE SURMIS 354S
リール:ダイワ スティーズカスタム GPIチューニング
ライン:東レ スーパープレミアム 5lb.