伊豆半島メバルツアー

加藤 啓之 (中部エリア LUXXE STAFF)

加藤 啓之(東海エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 3月21・27日
■場所 ・・・ 静岡県 伊豆

伊豆へメバル釣りに行ってきた。
フィッシングショー大阪で実は、LUXXE スタッフの藤原くんから道具立てや、動かし方、誘い方など「メバル釣りのレクチャー」をこっそり受けていた。
この20~22日の3連休は、天候が悪く沖に出ることも出来なかったので、いつもジギング同行するTさんと徹夜覚悟の伊豆半島メバルツアーへ行ってきた。

100330katou01.jpg


夜中になると真っ暗闇になってしまうため、日中のうちにポイント(藻場やブレイクライン)の把握をしておこうと思い、伊豆半島を車でクルクル。
めぼしい所を3箇所ほど見つけて、漁港近所のお店で暗くなるのを待ちながら夕食にすることに。

ここで「キンメ釜飯」なるものを発見!
当然即注文。言うまでも無く旨かった♪
腹も満タンになり、目をつけていたポイントへGO!

ポイント到着後、即キャスト
まったくNO感じ・・・時おりTさんにカサゴがHITしている。
ここは早々に見切り、2箇所目へ。
ここの浜は高台から観察したのだが、ブレイクラインが岸に接近し、いかにも怪しい感じだった。
ウエーダーを装着し、崖を下り汗だくになりながらも、やっとの思いでポイント到着。
し・か・し
波はザブザブ、風は向かい風、一応キャストしてみるも、前に飛んでくれない・・・
ここも退却せざるを得ない状況、汗だくで車に帰ると、
3人組の方々(海○保○庁)が僕の車を、懐中電灯をあてて、しげしげ観察中???

保「どうでしたぁ~何かつれました?なに釣ってるんですか~?」
僕「メバルだけど、全然釣れなかった・・・」
保「ちょっと道具みせて」
僕「ほれ!」
保「メバルの道具で、なにか違うもの狙ってたんじゃないの~?この道具で、伊勢エビ釣れるんだよねぇ~」
僕「怒!こんなのじゃ釣れねーだろ!!だいたい始めっから容疑者扱いじゃねーか!!!」

海の安全を守る方々なのに、はなっから疑いを掛けられた状況に。
2人で煮えたぎるはらわたを押えつつ、3箇所目へ移動。
みなさんも夜釣りの時には、変な疑いを掛けられないように気をつけましょう!

ここは、後輩からの情報提供の場所。
岸からブレイクラインも近く、肩越しにホンダワラなどの海草が岸と平行に帯状に生えている。
キャスト開始数投目に突然引き始めた。
なんなく26cm捕獲。
その後、数投目にまたまたHIT!28cm。


翌週の27日も沖には出られない状況のため、Tさん誘ってメバルにGO!
某TV番組で村越正海さんが紹介していた港近くのゴロタ浜へ行ってみた。
TVで紹介されただけあって、やはり釣れました。
Tさんは、2回アタリがあったのだが強烈な引き込みをくらい、
2本共ばらしていた矢先の30cmGET。

100330katou02.jpg


僕は26cmで終了した。

渓流のトラウトのほかにも、新たな楽しみを知ってしまった。

■場所:静岡県 伊豆

■タックルデータ
ロッド:メバル用 7.6フィート
リール:スピニング 2004番
ライン:PE 0.4号
リーダー:1.5号 フロロ
ゴムつきシンカー:1g×2個
フック:がまかつ COBRA 29