春の魚を求めて

吉川 慎吾 (関西エリア LUXXE STAFF)

吉川 慎吾(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 3月某日
■場所 ・・・ 滋賀県 琵琶湖(南湖)

こんにちわーーー!!!!!
ヨッシーことLUXXE STAFF吉川です。

100319yoshikawa01.jpg

さて、今回は琵琶湖(南湖)での春を意識したプリスポーンのビックバスの狙い方や釣り方を、
ドドドンと簡単にご紹介していきたいと思います。

まずは、ここ最近の琵琶湖(南湖)の状況としては、春を意識したビックバスが姿を見せ始め、
まだまだ、魚の個体数としては少ないのですが、釣れればグッドコンディションの、グッドサイズのビックバスがアングラーを楽しませてくれています。
エリアや釣り方によっては、春のビックバスラッシュが狙える季節です。
春先というのは、『三寒四温』などと言われる季節で、水温、気温共に安定せず、シャロー、ミドル、ディープといった幅広いレンジをリカバリーしておかないと、魚を見失いがちになってしまう恐れがありますので、広範囲のエリアをチェックすることをオススメします。

次に、釣り方としては、琵琶湖の春のド定番ルアーであるビックミノー『OSP ルドラ』にて、
基本アクションであるストップ&ゴーで広範囲のエリアをランガンして狙います。
春先というのは、いち早く大きい魚からシャローを目指し始める季節となり、ミドル~シャローレンジのエリアをアクティブに動いているビックバスがターゲットとなります。

さらに、エリアとしては、水深2~3mラインのウィードエリアで、夜の間に水温の冷やされた朝マズメではなく、ポカポカとした太陽によって水温の暖められた夕マズメが狙い時となります。

バイトとしては、全てルアーを止めた時に、アタリが集中します。
ビックボディから繰り広げられる、ローリングからのフラッシングによる『寄せる力』とキレのよいアクションにより『喰わせる力』を秘めたルドラはオススメです。

そして、春先の魚は、セレクティブでショートバイトが多いため『LUXXE ATS05 B70M-CRANK MASTER"DEEP"』を僕は多用しています。

100319yoshikawa02.jpg

わずかに吸い込むようなショートバイトでも、食い込みが良く、確実にフックアップを成立させてくれます。
また、7フィートというレングスによる飛距離のアップで、琵琶湖という広大なフィールドでは、
今や巻物の釣りにおいて信頼できる1本となっております。

最後に、これから水温が安定し、潮絡みの日を選んで、シャローからミドルレンジのエリアをチェックしてみると大爆発してくる日も、もうすぐではないでしょうか?

■場所:滋賀県 琵琶湖(南湖)

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B70M-CRANK MASTER"DEEP"
リール:フルーガー パトリアーク XT64LP
ライン:サンライン スーパーFCスナイパー 14lb.
ルアー:OSP ルドラ
     OSP ルドラ SPEC2