串本のアジゲーム+α

米澤 弘通 (関西エリア LUXXE STAFF)

米澤 弘通(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 2月19日
■場所 ・・・ 和歌山県 串本港

人気爆発中のアジングゲーム。
漁港の常夜灯を中心に広がっているこのライトゲームの魅力は、手軽で食べてもおいしいです♪
もちろん僕も楽しんでいます。

100222yonezawa03.jpg

でも、この高活性の魚であるアジングは、比較的容易にヒットするものの連続バイトさせるには、結構難しいところも魅力のひとつです。
この魅力をさらに引き立ててくれているのが、軽量&超高感度のアジ専用ロッドのLUXXE Coastline AJ とキャロシステム。
そのタックルを持って釣友と串本まで行ってきました。


到着したのは、夕まずめ。
本格的なアジゲームのスタートは、日没後に常夜灯で明暗部がはっきりした時からですが、我慢出来ずに実釣スタート。
さすがにまだ浮いてきていないと思うので、しっかりカウントダウンしてからボトム付近をリトリーブ。
すると予想に反して、すぐに〔コンッ〕と小さなバイト。
フッキングして上がってきたのは、なんと小型のカマス。

その後も同様にボトムを中心にリトリーブすると1匹、2匹とカマスがヒット。
しかも、だんだんサイズがアップしていく。
これはカマスの群れが入っているかも?と期待したところで日没をむかえて、今度はミナミハタンポに切り替わります。

魚が釣れるので、楽しく時間を過ごしていると、辺りもすっかり暗くなって本命アジの期待十分です。
少し風が強いものの、キャロのウエイトを調整してレンジコントロールを意識していると、
〔グンッ〕といきなりワームをひったくるような大きなバイト。
待望の本日1匹目のアジをゲットです。

その後は、時間をおいてポロッ、ポロッとアジがヒットしますが、ヒットしているアタリは全て明確なものばかり。
今までの経験からすると、高活性の魚しか取れていない証拠です。

もう一度キャロウエイトとジグヘッド、ワームを変えてアジがいるレンジと食わせ方を試していきます。
表層から中層へと探りをいれていくうちに〔フッ〕と軽くなるようなアタリ!
これをしっかり合わせていくと、やはりアジ♪次のキャストでも同レンジで連続ヒット。
この日はこれが正解のひとつのようでそれからは連発モード。
3匹、4匹、5匹・・・・どんどんキープ出来ます。
アタリはまだまだありますが、さすがにこのパターンは十分に楽しむことが出来たので、休憩もかねて晩御飯に。

100222yonezawa02.jpg

近くのコンビニで素早く晩御飯を済ませた後は・・・
せっかくポイントが多くある場所に来ているので、気分も変えて違うポイントを狙う事に・・・

ポイントを変えるとそこには、先行者の姿が・・
良く見ると使っているロッドはLUXXE Coastline AJ
これでは僕のアドバンテージが無いので、すぐに移動して前回メバルを釣ったスポットへと移動。
〔今回もいるかな~〕という甘い考えで同じスポットにキャストすると、
期待を裏切らずにメバルがヒット(笑)
さらに釣友にも良型のメバルが連続ヒットして盛り上がります。

さらに大型を狙おうとボトムをスローに引いていると〔ドンッ〕
ロッドが今までにないぐらいに曲がりましたが、何とかバットパワーで浮かせたのは35cmのガシラ。

100222yonezawa01.jpg

やっぱり串本。ポテンシャル高すぎです。

その後も数箇所のポイントをランガンし夜が更けていきました。
寒さを忘れて十分に楽しめたので、この日のゲームを終了しました。

100222yonezawa04.jpg


■場所:和歌山県 串本港

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Coastline AJ S610ML-solid.F
リール:ダイワ ルビアス2004
ライン:ナイロン 2lb.
ジグ:がまかつ COBRA 29
ワーム:オサムズファクトリー ただ巻きPULPUL2インチ()
     フィネス ロッキースラッグ60mm()
ウエイト:ウエイトストッパー3B、4B(磯研)