メバルに癒される

西山 宜之 (中国エリア LUXXE STAFF)

西山 宜之 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月23日
■場所 ・・・ 山口県周防大島某波戸

091226nishiyama03.jpg

寒さが身にしみる季節になって来ると、ワクワクするターゲットの一つであるメバルを狙いたくなります。

ナイトゲームで大型のメバルを狙うことも考えましたが、荒れているようなので安全面を考え、デイゲームで活性の高いメバルを数釣りで狙ってみました。

今回使用したタックルは、LUXXE Coastline 宵姫 S83L-F
このロッドはロングキャストしやすく、色々なリグにも対応でき刻々と変わる状況に合わせやすいロッドです。

091226nishiyama04.jpg

ここの沖の流芯は激流でその流れから出来た反転流がポイントとなり、堤防や地形変化などで流れの変化を起こします。

その流れについたメバルを狙いますが、潮位が低く本命の流れが来てない事もあり活性が低く、前半は小さなサイズばかりでかなり苦戦してしまいました。

潮位が上がるにつれ、反転流が堤防周辺に積んであるテトラへと向かって流れ、変化が出始めました。

まずはジグヘッド がまかつ COBRA 29単体1gでキャスト。

091226nishiyama02.jpg

だが風が吹いており、安定したレンジを通せないのでがまかつ COBRA 29 1.4gに交換し、単発で釣れるが何かが違うと感じ、リグを交換する事にしました。

今度はウェイトストッパー+がまかつ キャロヘッド 0.4gの組み合わせに。
キャストすると、リグを交換する前の状態が嘘のようにバイトが出始め連続ヒットし始めました。

やっている中で何度かショートバイトがあり、フッキングミスしてしまう事がありました。
流れが早過ぎる為かジグヘッドが動き過ぎて、メバルが食い切れてないのと、レンジキープが安定してないと思い、ウェイトストッパー+がまかつ キャロヘッド 1gに交換。

そこからは流れの速さとリグのバランスがあったのか、連続ヒットが続きとても楽しむ事ができました。

今回の釣行では、ヒットさせるのにリグの重要性がいかに大事か再認識させられた釣行になり良い勉強になりました。

もうすぐ連休へ突入するので、今回のリグの重要性を忘れず、次回は大型メバルを狙ってみようと思います。

091226nishiyama01.jpg


■場所:山口県周防大島某堤防

■タックルデータ
タックル:LUXXE Coastline 宵姫 S83L-F
リール:ダイワ イグジスト2500
ライン:ダイワ月下美人0.3号(PE)
ルアー:ダイワ ビームスティック 
     スミス メバーム
ジグヘッド:がまかつ COBRA 29 1.4g、0.4g
       がまかつ キャロヘッド 1g