みなさん、はじめまして。高久祐則です。

高久 祐則 (関東エリア LUXXE STAFF)

高久 祐則(関東エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月10日
■場所 ・・・ 福島県須賀川市 フィッシングエリア ホットキャスト(トラウト管理釣り場)

091217takaku01.jpg

みなさん、はじめまして。

今回、あらたにLUXXE STAFFに加わりました高久祐則と申します。

普段はフルタイムのフィッシングプロガイドとして、福島県・桧原湖で春から秋までの多くの時間を湖の上で過ごしています。

オフシーズンにあたる冬は私の地元・栃木県とその周辺に数多くある管理釣り場によく通っています。

091217takaku02.jpg

さて、さっそく今回は今年9月にオープンしたばかりの福島県須賀川市にある管理釣り場「ホットキャスト」さんにお邪魔してきました。

ポンドの広さは80m×60mで所々に大岩がレイアウトされ、ステインウォーターの水質をとおして何ヶ所かのブレイクも確認できる攻略性の高いテクニカルなポンドといった感じです。

朝一は流れ込み付近からスタート。
LUXXE STORIA 62UL-REGULARに2lb.のナイロンというタックルに1.5gのスプーンを結び、表層近くを引くと、いきなりひったくられるようなバイト!

50cm近いなかなかのサイズですが、その引きは想像以上。
一気にドラグが出されていきます。
ですが、バッドパワーのしっかりしたLUXXE STORIA 62UL-REGULARはトラウトの強烈な走りも容易くコントロールでき、一気に制圧。
主導権を握ってスピーディーにランディングへと持ち込みます。

やがて日も高くなり魚の活性もやや低下した様子。
ここでロッドをLUXXE T-Fine 68UL -SOLID FASTに持ちかえ、中層からボトム付近のステディーリトリーブを試みます。

1.4gのスプーンを楽々とポンド中央付近までロングキャストできるキャスタビリティーは、このロッドの持ち味のひとつで、沖にでた魚に対しても十分なプロダクティブゾーンを確保することができます。

日中のナーバスなバイトも違和感なく食い込ませるソリッドティップのおかげでフッキングのタイミングはゆっくり目で大丈夫。
ロッドとラインにある程度の角度を持たせてあげれば、バイトを感じた後さらにティップが入ったのを確認してからの合わせで、十分フッキングに持ち込めました。

091217takaku03.jpg

「ホットキャスト」さんでは地下水をくみ上げているため水温が安定し、真冬でも活性の高い魚たちとたわむれることが出来そうです。

私の管理釣り場お気に入りリストに追加ですね。


■場所:福島県須賀川市 フィッシングエリア ホットキャスト(トラウト管理釣り場)

■タックルデータ
-タックル1-
ロッド:LUXXE STORIA 62UL-REGULAR
リール:EXIST STEEZ CUSTOM 2004
ライン:ナイロン2lb.
フック:がまかつ SINGLE HOOK 59BL #6

-タックル2-
ロッド:LUXXE T-Fine 68UL -SOLID FAST
リール:DAIWA TD-Z 2004C
ライン:ナイロン2lb.
フック:がまかつ SINGLE HOOK 58BL #6