神戸沖堤防デイシーバス

米澤 弘通 (関西エリア LUXXE STAFF)

米澤 弘通(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月13日
■場所 ・・・ 兵庫県 神戸沖堤防

今回のレポートは兵庫県 神戸沖堤防のシーバスデイゲーム。

神戸の沖堤防といえば、最近ではシーバスの釣り大会が定期的に行われており、シーバスポイントの一つとして認識されはじめているフィールドです。
実績もある場所なので、楽しみに夜の高速道路を走りました。

沖堤防に渡してくれる渡船場に朝4時集合しました。
今回一緒に釣りをさせてもらうメンバーの方達と合流し、挨拶をすませた所で最近の釣果状況を聞かせてもらうと、シーバスの他、タチウオ、青物も好調との情報、期待十分に渡し船で沖堤防に向かいました。
出船して、少し走るとすぐに堤防に到着。
夜明け前に沖堤防に到着する手軽さも魅力のひとつです♪
風や波が少し強い状況ですが・・・・。

今回使うのがジグヘッドワームオンリーという事で、ロッドはティップの柔らかさ、感度を重視して、迷わずLUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERをセレクト。

091116yonezawa02.jpg

準備をしていると『あっちの方が最近よく釣れてますよ~』教えてもらい、堤防の角までみんなで少し移動。
夜が明け始めて水面も見やすくなってくると、ポイント付近では水面からは〔バシャ〕と捕食音が聞こえてきました。
迷わずキャストを開始すると、すぐにワーム特有の〔コンッ〕というバイトがありフッキングしましたが、水面ですぐにバレてしましました。

他のメンバーもバイトが多発しているらしいですが、フッキングミスや水面、ネットイン直前でのバラシが続発。
どうやらシーバスのサイズが小さいみたい(涙)
それでも、バイトがあるのはやっぱり嬉しいですね♪

さらにややスローでリトリーブしていると、シーバスのバイトの他にも〔コッ〕とわずかな生命反応もありました。
良く水面を見ると3cmほどのベイトが多く接岸しており、さらに良く見ると7cmクラスのベイトも回遊している様子。
かなり期待出来る状況です♪
その期待通り、中・小型中心ながら、午前中は頻繁にヒットする釣行を楽しめました。

ジグヘッドワームの釣りでは、ワームはハードルアーのように派手にアピールしない分、魚を寄せる力は弱い印象です。
そこで、潮目や流れのヨレを探し、カウントダウンやキャストの方向を変えながら、探っていくのが重要になることも多くなってきます。
今回使ったLUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTERは、きっちり色んな情報を教えてくれたので、最後までモチベーションを保つ釣りが出来ました。

今回はナイスサイズの魚はヒットしませんでしたが、釣りをしながら純粋に釣りの好きな人達と情報交換したり、色々教えてもらったり、『やっぱり釣りは楽しいな~』と実感できる良い釣行となりました。

091116yonezawa01.jpg

僕自身、沖堤防と言えば釣れるのは港湾奥の水質が悪化する夏場のイメージが強かったですが、
今回一緒に釣りをさせてもらった人達によれば、ベイトの有無にもよるが、ほぼ一年を通して釣果は期待出来るとの事。
これからも楽しみです。

■場所:兵庫県 神戸沖堤防

■タックルデータ
ロッド:LUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 90ML HIGATA MASTER
リール:エアリティー 2500 
ライン:PE 16lb.
リーダー:フロロ14lb.
ルアー:PUL2サーディン