北へ遠征、狙って釣れるヒラメゲーム

宮川 靖 (関西エリア LUXXE STAFF)

宮川 靖(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 11月2日
■場所 ・・・ 茨城県 某沿岸

091103miyagawa02.jpg

週末に東京湾でイベントがあり、そのついでに茨城県へ遠征。
ここはサーフからヒラメが狙えるとの情報有。
関西方面でもヒラメは何度か釣った事があるのだが、パターントは今の所確立していない。

お世話になっている某メーカーのヒラメマスターのガイドのもと、早朝からサーフへ入る。
実に広大なサーフ・・・。素晴らしいシチュエーションに気持ちも高ぶる。
しかし・・・狙って本当に釣れるのか不安がまだ頭をよぎる。
そんな不安をよそに、開始早々同行者に50cm弱がヒット。
カレント横の瀬周りで釣れたらしい。

091103miyagawa01.jpg

今回、私が使用したタックルはLUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 93M VERSATILE
適度な張りとパワーにしなやかさを兼ね備え、流れを捉える流速感度、ジグヘッドリグが着底したボトム感度も高い。
小型のジグヘッドワームから30g程度のジグ、バイブレーション、中型のミノーまで幅広く使え長時間キャストしても疲れない軽さとバランスを持つ。
河川やベイエリア、サーフでも使えるオールマイティーロッドだ。
そして、ここでは70cmを超える大型も狙えるらしく、大型ミノー、ジグやヘビーウェイトミノーなどを駆使して本気で大型を狙う地元の方々なら、LUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 96MH SHOOTING MASTERが良いだろう。

ここは太平洋側に面している事もあり普段から波が高く、カレントと呼ばれる離岸流の他に波がブレイクするラインの変化、泡の動き、ショアラインの地形の変化を見てポイントを探す。
その辺りはシーバスと同じだが、着く場所が少し違うと感じた。
そしてカレント近くの瀬になった場所の奥にあるブレイクラインで私にも念願のヒット!
サイズは40cm弱とここでは小型だが、嬉しい一匹だ、と言うより嬉しすぎる。(笑)

そして同サイズをもう一匹追加した所で場所移動・・・。
こんなサーフが北にも南にも延々続いているらしい。本当に羨ましい茨城県!(笑)

そして次のポイントに到着。
先ほどアタリが出た場所の地形を意識しつつ、波の状態やカレントを見ながら瀬になった部分の縁にあるブレイクラインを丹念に探り歩く。
すると「ドスッ」と明確で気持ちいいアタリが来た。
今までのとは明らかに引きが違う・・・そして上がったのはこの日最大の61cm。
狙ってヒラメが釣れる事をこの時点で明確に確信。
しかし・・・その後風が強くなり、一匹追加したところで波が出てきたので後ろ髪を引かれながら帰路についた。

091103miyagawa03.jpg

東京の首都高速から高速で2時間足らず・・・。狙ってヒラメが釣れる茨城県のサーフ。
もし私が茨城県在住なら、間違いなく朝だけ叩いて出勤です。絶対流行りますよこれ!(笑)。


■場所:茨城県 某沿岸

■タックルデータ
ロッド:LUXXE SALTAGE REFLEX LEOZA 93M VERSATILE
リール:シマノ '07ステラ4000
ライン:1号(PE)
リーダー:20lb.(フロロ)
ルアー:ストライクヘッド24g + マーズ スワロー75
     パズデザイン REEDバックウォッシュ
     コアマン ZETTAI 30g
     エバーグリーン マービー90