非常に楽しい釣行となりました

藤原 真一郎 (関西エリア LUXXE STAFF)

藤原 真一郎(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月某日
■場所 ・・・ 大阪府 大阪湾

091031hujiwara01.jpg

LUXXEプロスタッフの大塚茂さんと大阪にてアジングをご一緒できる機会がありました。
トーナメンターであり、また様々な魚種を楽しまれている大塚さんの釣りを間近で見られるということで非常に楽しい釣行となりました。

今回、入ったポイントは常夜灯の明りがあり、かつ潮通しが良いというアジングの好ポイントで、型・数ともに期待の出来る場所です。
ただ、この日はまとまった群れがなかなか寄ってくれず、回遊を待つ我慢の釣りを強いられてしまいました。
このような単発を拾っていかなければいけない状況では、1匹をきちんと釣り上げなければ数を伸ばすことが難しくなります。
感度に優れたロッドでアタリを感じて掛け、バラさず確実にキャッチすることが釣果を伸ばす肝になります。

今回、使用したLUXXE COASTLINE AJ S610ML-solid.Fはとても高感度です。
従来のメバルロッドなどと比べると遥かに張りのあるアジング専用のロッドですが、ティップには若干の余裕を持たせてあるため、不意のアタリや一瞬しかジグヘッドを咥えてくれないといった所謂タフコン時においても非常に頼りになります。

また、こうした状況下ではサーチ範囲も拡がるため使用するリグの種類も増えますが、適度にマイルドな操作感はいずれのリグも扱いやすく、とても使い勝手の良いロッドです。
この日もジグヘッドで足元をチェックし、2gのスプリットで少し沖目をやった後、流れが強くなったので1号のキャロをフルキャストして底を中心に攻めるといったように散っているアジとコンタクト出来るように手を変え品を変えリグを交換しました。
アジングはパターンを見つけることが出来ればひとつのリグで通すことができますが、顕著なパターンがないようなときはリグの種類やシンカーの重量を変えてアジの居場所や反応するスピードを工夫する必要が出てきます。
様々なリグを扱いやすいということは想像以上にアドバンテージとして作用する場合があります。

結局、この日はパターンと呼べるような傾向はありませんでしたが、不意に回遊してくるアジを確実にフックアップして25cmまでサイズアップすることが出来ました。

091031hujiwara02.jpg

大塚さんはスプリット+キャロヘッドで流れのヨレを攻め、そこに入ったアジの群れを逃さずに一時、連発でキャッチされていました。
しかもどれも体高のあるアジばかり。
さすがの大塚さんも体高のあるアジをまじまじと見つめて、その引きの強さに驚かれていらっしゃいました。
大阪湾では少なくとも年内いっぱいこのような体高のあるアジの引きが楽しめますし、全国的に見れば冬に良型が安定して狙える場所も多くあります。
是非、高感度で操作性の良いLUXXE COASTLINE AJでアジングを楽しんでみて下さい。

091031hujiwara03.jpg


■場所:大阪府 大阪湾

■タックルデータ
ロッド:LUXXE COASTLINE AJ S610ML-solid.F
リール:ダイワ ルビアス2004
ライン:サンライン ロックフィッシュ PE 0.3号
リーダー:サンライン トラウティストリーダーFC 3lb..
シンカー:スプリットorキャロ 2~4g
フック:がまかつ キャロヘッド0.4g #4
ワーム:ベイトブレス ニードル2.5 inch クリア/ホロ