河口シーバスゲーム

米澤 弘通 (関西エリア LUXXE STAFF)

米澤 弘通(関西エリア LUXXE STAFF)
釣行ポイント:和歌山 南紀エリア

090925yonezawa01.jpg

今回のレポートは和歌山 南紀エリアの河口シーバスゲームです。
最近、南紀エリアでははまとまった雨がほとんど降らなかったのでなかなかシーバスが釣れやすい濁りが入りにくい状況。
特に透明度の高い南紀エリアでは日々透明度が増していき厳しい感じ。
そんな中、距離は離れていたものの、台風の通過に伴いウネリと伴う波が高くなったのでこれはチャンスと南紀河川の様子を見に行くことに。

仕事を終えてから可能性のある河口を見てまわる。
雨は降っていないので河口側から大量のベイトが流される可能性は低いが、波の影響で河口に避難するベイトを意識して数箇所を見てまわる。
暗闇だが水面を観察してボラの魚影の濃い河口を発見して実釣スタート。

090925yonezawa03.jpg

ロッドは最近ナイトゲームで特にお気に入りのLUXXE ALMEA 90Mをチョイス。

まずはベイトが流れに沿って泳いでいるエリアまでウェーディングで静かにアプローチ。
キャストで届く距離まで来たところで焦らずひと呼吸おいてからキャスト開始。
今までの経験上、河口にフィーディングに入ってきているヒラスズキは大きなサイズから喰ってくる事も多いので意識を集中する。

アクションの大きなハイアピールなルアーを使っているので無駄なプレッシャーを避ける為に同じコースではなく、毎回違うリトリーブコースを意識して何回か通していると・・・〔ガボッ〕と水面を割るビッグバイト!
しっかりと重みを感じたところでフッキング。
その瞬間パニックになったようにいきなり水面で鰓荒いを連発するのはグッドサイズのヒラスズキ。
場荒れを防ぐのにLUXXE ALMEA 90Mのバッドパワーで少し強引に寄せてポイントから離してからファイト開始。ここからはロッドをしっかりと曲げながら時間をかけてキャッチしたのは少し痩せているものの86センチのナイスサイズ。
やっぱり何度釣ってもこの魚体は〔カッコいい〕の一言。少し観察して弱らない内にリリース。

満足しつつもすぐにあの魚体が見たくなってキャスト開始♪
30分程バイトはなかったもののふただび流れから出たところで〔ガボッ〕とバイト!
しかし、これはミスバイトでロッドに重みが伝わる事なくルアー回収。
さらに粘るがさすがに反応が無くなったのでシンキングペンシルに交換して中層を漂うベイトを意識していると〔ゴン〕と力強いバイトがあり、今度はバッチリフッキング成功・・・でも水面には出ず、ゴンゴンと引き込むその正体はマチヌ。

090925yonezawa02.jpg

しかし、中層での反応した事に希望を持ってキャストすると、ヒラスズキの2連続バイトの2連続バラシ(涙)
水面で跳ねたそれぞれの魚体は〔僕は70センチはありますよ~〕〔僕は60センチはあるけど・・・〕としっかりと未練を残させてくれました(涙)

このままでは終われないと少し下流側に移動してキャストを再開すると〔コポッ〕と明確なバイト!
思いっきりフッキングして魚の重みを感じたものの、これはカワイイヒラセイゴ。

090925yonezawa04.jpg

ここで潮も引ききってしまい実釣終了~

今回はグッドサイズからバラシ連発、ヒラセイゴと尻すぼみ感が漂う釣行になりました(これが逆ならドラマなのに・・・)それでも大満足の釣行でした。


タックルデータ

ロッド:LUXXE ALMEA 90M
リール:トーナメントISO 2500
ライン:PE 1.2号
リーダー:フロロ14lb
ルアー:バックウォッシュ、オリジナルミノー、オリジナルシンペン他