港湾シーバスゲーム

米澤 弘通 (関西エリア LUXXE STAFF)

米澤 弘通(関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某日
■場所 ・・・ 大阪府 南港エリア

今回のレポートは大阪 南港エリアの港湾シーバスゲームです。
夏の高水温から秋の兆しとともに水温も安定し本格化するシーバスゲーム。
大阪港湾でもタチウオが多いもののエリアを選べばシーバスも好調と聞いて早速釣行してきました。

当日は南港エリアのポイントをランガンするつもりで大阪の釣友と日没前からスタート。
ナイトゲームを選んだ理由は・・・やっぱり田舎に住んでいる自分としてはタマには都会のネオンに憧れるもので(笑)

090917yonezawa04.jpg

ロッドはミノーからバイブレーション、ワームのジグヘッドまで幅広いルアーを投入予定だったのでLUXXE LEOZA 90MLをチョイス。
このニューロッドは何と言っても高感度。
流れのヨレの変化はもちろんフォール中のバイトや触るだけのようなショートバイトでさえ金属的な生命反応として明確に伝えてくれるので、例えヒットしなくても魚の反応情報を伝えてくれるので集中力も持続できます。
この心強いタックルにさらに前日まで良く釣れていたみたいなので楽勝モード。

だが・・・
ポイント到着→〔その明暗部は多分何回もアタルよ~〕→ノーバイト→移動→〔ここは楽勝でしょう〕→移動→ショートバイトのみ→移動・・・

結果は数箇所まわってもフッキングミス1回と超ショートバイトが何度かあっただけの大苦戦。

〔やっぱり港湾は夜景がキレイ〕なんて言ってられない状態で潮止まりをむかえてしまい、後は潮の上げ始めに発生する流れの変化に望みをかける事に。

眠気をおさえて当日2回目となるそのポイントは始めに入った時とは違う流れになっていて、これはここで過去に釣れた状況に似ているので期待大。
早速キャスト開始でバイブレーションで表層から底まで順番に探っていくと・・・
〔ゴンッ〕
今日一番のビッグバイトにすかさずフッキング!魚の重みを感じつつ慎重なファイトで満足のサイズをネットイン♪
(ようやく釣り上げたシーバスはいつもより数倍カッコ良くみえました)

090917yonezawa01.jpg

撮影を終えて同じコースを通すと2投目でショートバイト有り。これは待ちに待ったチャンスタイム到来かも~と眠気が吹っ飛ぶ。

集中力を上げて魚の反応するスポットが確認できたところで全く違うところに投げてそのスポットを休ませる。
やはり、バイトがあるスポットは他の所より流れが複雑に変化しているようでルアーを巻いてくると引き抵抗が重くなったりフッと抜ける感触が明確にあるみたい。

では少しリアクションも使おうと反応のあったスポットをリトリーブする際にショートジャークを入れてみるとこれが大正解。再び〔ゴンッ〕と力強いアタリがあり、これも十分にファイトして1匹目とほぼ同じサイズをゲット。

090917yonezawa03.jpg

次に少し違うルアーの反応も見たいのでミノーや違うタイプのバイブレーションも投入するが、レンジが合わないのか全く反応無し。
そこでワームのジグヘッドでカウントダウンしながらレンジを下げていくと、吸い込まれるような大きなバイト。しかし、これは途中でバレてしまう。

やっぱりルアーセレクトとレンジ攻略は重要やね~と痛感していると流れが緩やかになって魚の反応も無くなりゲーム終了。

今回はギリギリニューロッドの高感度&操作性アップに助けられた結果でした。
さあ~僕もシーバス&タックルの進化に遅れないように集中していかなければ(笑)

090917yonezawa02.jpg

■場所:大阪府 南港エリア

■タックルデータ
ロッド:LUXXE LEOZA 90ML
リール:エアリティー 2500
ライン:ファイヤーラインEXT 0.8号
リーダー:フロロ14lb
ルアー:バリッド、バックウォッシュ、PUL2サーディン他