伊豆の下田、石廊崎沖へ、底物狙いのジギング

加藤 啓之 (中部エリア LUXXE STAFF)

加藤 啓之(東海エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 7月20日
■場所 ・・・ 静岡県 伊豆 下田、石廊崎沖

こんにちは、静岡の加藤です。
7月20日 伊豆の下田、石廊崎沖へ、底物狙いのジギングへ行ってきました。

090721_01.jpg

当日、潮は朝から緩やかに下りの潮(西~東)0.7ノット
底潮も同じように流れていたが、水色が2~3日前の大雨の影響でかなりの濁り気味。
船長も、水色だけが問題だと、朝から消極的・・・朝一水深30mのアカハタ狙いからスタート。
アカハタは、岩礁のスリットにいるケースが多く遊泳力も強くないため、あまり底からジグを上げず、PEの放出される色で水深をはかり、周りより少し深くなっている部分を捜索するようなやり方、または、生息域が比較的浅いため、「チョイ投げで、ジグ着底後5回巻き上げたら落とす」の繰り返しなども今まで有効だったのだが、なぜかまったくあたりも触りもなく早々に見切り、本命のホウキハタ、マハタ狙いに切り替える。

水深は50m~100mとかなり広範囲。
この2種は水深で生息場が、地元下田では、かなり決定してくる。
40m~50m付近はホウキハタ、70m~120mでマハタと言うように船長の入ったポイントの水深で、つり方を変えていく。
いままで釣った経験でしかいえないのだが、ホウキハタは遊泳力も弱く、あまり落差のあるポイントには多くないようでホウキハタを狙っていると、カサゴのほうがよくヒットしてくる。
一方、マハタは、遊泳力が強く、かなり上に上げてもヒットするケースが多い。
早くジグを動かし、ゆっくりで食わすが僕の基本で、どちらかと言うと青物感覚に近いスタイルをとる。

水深90mのポイントで、頭の中はマハタ オンリー。
底から2m早巻き、ハンドル1/2周を5セットのトータル3セット目にコツッと小さなあたりがあり、あわせてみると、かなり重たいが、少し首を振っているだけだったので、5mほどホイホイ巻き上げると前触れもなく突然引き出し、2回ドラグを出され、あえなくリーダー切れ。
引き方からして、青物っぽかったが、サメかも?
きられた当初、ショックが大きかったが、リーダーが切れるまで、ハリが外れなかったことがうれしかった。

090721_02.jpg

がまかつシングル64 近海ミディアム」は、ジグに寄ってきた魚、チップしてきた魚、鱗や頭部が硬い魚などをフックアップにつなげ取り込むために作ったハリなので、必ず同一長さのアシスト2本だし、針先が内側へ向き合うようにセット。
こうセットすることによって、1本が先に掛かり、魚が暴れてもう一本がかかった。
前後2本、計4本出すと、ジグの落とし込みのバイトをリヤフックが取ってくれた。
引き上げ時にはフロントフック、落とし込み時にはリヤフックと言うようにメインフック側が変わり、ヒット後のファイトの間にサブフック(口に掛かっていない前後のどちらか)がサポートしてくれるので、羽交い絞めのような形であがってくる魚も多い。
今回、自分の未熟さから底物(本命のハタ)はボーズだったが、今までフォールバイトで、なかなかフックアップ率の低かったチカメキントキ(顔周りが硬い)の口先に、近海ミディアムがサクッと2本掛かっていたこと、かなりの引き込みにもフックアウトせず、耐えたこと、この2点で帰りの渋滞も気にならず、帰ってくることが出来た。

■場所:静岡県 伊豆 下田、石廊崎沖

■タックルデータ
ロッド:プロトベイトロッド
ライン:ML、PE 1.2号(50mジグを落としてハンドル1回転52cm巻き取り)、80g
    M、PE 1.5号(50m→50cm)130g
    MH、PE 2号(100m→75cm)ジグ180g
フック:80g・130g がまかつシングル64 近海ミディアム 3/0 4本
    180g がまかつシングル64 近海ミディアム 5/0 4本