永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月17日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です(^^)/

今回は南紀ティップラン2日目(1月17日)。
お世話になったのは、和歌山県串本の遊漁船「日正丸」様です。

この日の状況は...大きく分けて3パターンでした!
1つ目は無風、潮なしで船が流れない状況。
2つ目は無風、潮のみで船が流れる状況。
3つ目は風が吹き出し、風で船が流れる状況。

170206_nagata_01.jpg

1日のほとんどが1つ目の状態でしたので厳しい展開でしたが...、2つ目の潮のみで船が流れる状況ではベイトタックルでのお助けリグで、ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.Fを使用しました。
3つ目の風で船が流れる状況ではスピニングタックルでのエギ単体で、ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.Fを使用しました。

状況に合わせて最適なタックルで攻める事により、厳しい展開でもしっかり獲ることができました!
僕の釣果は...2785gを頭に3杯(^^)v

170206_nagata_02.jpg

そして、同船の和歌山県橋本市の林さんが4550gのスーパーレッドの捕獲に成功!
ロッドは新調したての、LUXXE EGSP S60MH-solid.Fです。
なんとスーパーレッドで入魂!
林さん、お見事でした\(^o^)/

船中は僕も含めて5名で13杯でした。

170206_nagata_03.jpg

強い寒波が通過してからは天候も安定せず数は出ない状況ですが...3キロ4キロオーバーが出る夢のあるフィールドです♪♪
レッドモンスターは5月中旬位までは狙えますので、皆様も機会があれば是非、南紀ティップランに出掛けてみてはいかがでしょうか?(^^)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:オシアコンクエスト200HG、14ステラC3000SDH
ライン:PE0.6号、リーダー2号
ルアー:ダートマックスTR、エギ王K4号

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

忙しいことと、休みに限って悪天候だったことで、久しぶりになったアジング行って来ました。
状況が解らなかったのですが、薄っすら明るくなり出すタイミングで釣り開始。
表層からミドルレンジまでは、豆アジとカマスがバイトしてくる状況でした。
狙いの良いサイズのアジは居ないのか?と思いましたが、朝一の時合いからボトムをネチネチするとようやく釣れました。

170130_yamamoto_01.jpg

通常ならば食いが起ってて浮いてることが多いのですが、狙いはボトムオンリーという事で、状況見ながらLUXXE 宵姫EX S51FL-solid.RFにGamakatsu キャロヘッド #3 1.6g、LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RFにはGamakatsu ラウンド29 #6 2.6gを使用しました。
どちらも、Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチをチョイス。

170130_yamamoto_02.jpg

170130_yamamoto_03.jpg

豆アジをかわす為に重めでやる事によって大分、軽減しました。
明らかにバイトの数は減りましたが、重めのジグヘッドもちゃんと吸い込んでくれます。
数はあまり釣れませんでしたが、尺を超えるサイズも数本釣れて楽しかったです。
普段あまり出番が無いですが、重めのジグヘッドも忍ばせて状況に合わせて使ってみてください!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫EX S51FL-solid.RF
フック:Gamakatsu キャロヘッド #3 1.6g
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

ロッド:LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF
フック:Gamakatsu ラウンド29 #6 2.6g
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系 五三川

LUXXEスタッフ大津乗彦です。

今回は真冬の岐阜県養老水系五三川に行ってきました。

一月に入り寒気到来、積雪もあり冬本番です。
釣行日の朝も冷え込みが厳しく、気温もマイナス。
寒さ対策をしないと集中して釣りが出来ないほど冷え込んでいました。
完全防備し、釣りを開始。

170123_otsu_01.jpg

まずはライトリグにて冬のエリアを狙います。
しかし、流れがあり、この時期にしてはあまり良くない状況。
案の定、バスからの反応はなく途方に暮れました。

ここで続けるか、それとも移動するか?迷っていると、流れが止まり始めました。
尚且つ風も止み、気温も上がり始めて絶好のチャンス。
このタイミングで移動を決意しました。

移動先に着くなり、完全に風・流れがストップ。
このタイミングでバスは動くと思い、凹凸が激しいブロック帯をフットボールジグでロングシェイクをいれつつ丁寧に沖から探っていきます。
まずはブロックの始まり付近でロングシェイク。
反応がなかったので、シェイクしながらデッドスローにボトムをトレースします。
次のブロックに移動させ、またロングシェイクを繰り返します。

そして、ブレイクエッジ付近のブロック脇にてロングシェイクをしていると明確なバイト。
フッキングも決まり、ブロックに入られないように強引によせますが、この時期にも関わらず強烈な引きでした。
強引かつ慎重にやりとりをし、無事に良型をキャッチする事に成功。

170123_otsu_02.jpg

ポイント移動して1投目の出来事です。
今回はこっちからバスのタイミングを合わせる事が出来、価値ある1匹を釣る事が出来ました。

操作性を重視する為、ロッドはLUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"を選択しました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:フロロ7lb
ルアー:フットボールジグ

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月16~17日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です(^^)/

1月16~17日に1泊2日で南紀ティップラン、レッドモンスター狙いに行ってきました(^^)/
初日(16日)にお世話になったのは和歌山県串本の「悠真丸」様。

170121_nagata_01.jpg

前日予報では凪で、風も適度の予定でしたが...当日の朝には予報が一変(^^;
朝イチから北風11m...納竿まで終始爆風でした。
更に最強寒波の影響か、12日の時点では19度台だった水温が16~17度台になっていました。
水温低下の影響で活性が低く、バイトゾーンはボトム付近オンリー。
アクションもエギを激しく動かすと全く反応がないので、ナチュラルに泳がすイメージに切り替えてボトム付近を攻めるとアタッてきました(^^)v
同じパターンで、渋いながらも4杯捕獲成功!!
最大は1.6キロと小型でしたが、当日の状況を考えれば上出来でしょうか?(笑)
船中は僕も含めて5名で11杯でした。

170121_nagata_02.jpg

170121_nagata_03.jpg

ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.Fを使用しました(^^)
微細な当たりも逃さない超高感度ソリッドティップ搭載で、タフコンディション時でも大活躍!
僕は年間を通してメインロッドとして使用しています!

それでは...2日目に続きます!(笑)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
リール:14ステラC3000SDH
ライン:PE0.6号、フロロ2.5号
ルアー:ダートマックスTR-BK

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月12日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です(^^)/

今回は2017年初釣行!
1月12日に南紀ティップランでレッドモンスター狙いに行ってきました。
お世話になったのは和歌山県串本の遊漁船「日正丸」様です。

1泊2日で2日間釣行の予定でしたが、西~西南西の風が強く、1日目(12日)は昼前に早上がりしました。
翌日(13日)は欠航。(ToT)
こればっかりは自然相手なので仕方ないですね~。

出船時から北西~西の風が強く波気もあり、ドテラでは厳しい状況。
納竿までほぼスパンカーで船を立ててのティップランプラス(バーチカル)での釣りとなりました。

170112_nagata_01.jpg

バーチカルなら上のエギが安定しスムーズに潮上に頭を向けてくれるお助けリグが圧倒的に有利!
今回は爆風+ディープでしたので下のエギは終始90gを使用しました。
お助けリグはスピニングタックルでも可能ですが、ヘビーウェイトの場合はベイトタックルの方が快適です(^^)
その理由はボトム感知の精度、エギの初動の早さ、アワセやすさ、シャクリ&回収の楽さ!(笑)

ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.Fをメインに使用しました。
ヘビーウェイトでもしっかりシャクれるパワー、上下のエギの総重量110g超のリグでもアタリが取れる繊細なティップ。
特に南紀レッドモンスター狙いで大活躍してくれるロッドです!!

170112_nagata_012.jpg

今回は爆風+波でかなり厳しい状況でしたが、ベイトタックルでのお助けリグでなんとか船中唯一のレッドモンスター(2,360g)を引っ張り出す事ができました。(^-^)v
厳しい状況での1杯!
次に繋がる1杯になりそうです(^^)b

まだまだ続く南紀レッドモンスターシーズン!
今シーズンこそ4キロの壁を突破できるように頑張ります(^^)/

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:オシアコンクエスト200HG
ライン:PE0.6号、フロロ2.5号
ルアー:ダートマックスTR+エギ王K4号

主原 剛 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月26日
■場所 ・・・ 紀淡海峡

2016年ももう少しと迫った年の瀬の12月26日に正月用のにらみ鯛を釣るべく、大阪淡輪漁港発の白墨丸さんで紀淡海峡までタイラバに出かけてきました。
船長に話を聞くと、昨日は天味も良くマダイのアタリも多くて調子が良かったらしいです。
これと言ったパターンも無いとのことなので、海に出てから探るしかありません。

170112_nushihara_01.jpg

当日の天気は曇りでした。
風も波も無く、穏やかですが雲が多すぎてかなりローライト。

まずはいつも通りパッションオレンジのネクタイを装着したGamakatsu 桜幻 鯛ラバーQを落として巻いてみました。
開始早々に手のひらサイズのチャリコ(マダイの幼魚)が釣れたものの後が続きません(チャリコは全てリリース)。
そんなとき、大艫の同船者がチャリコと良いサイズのマダイをポポンと連発。
聞けばネクタイのカラーはグリーンとのことで、私もスプリングシーウィードと言う明るめのグリーンネクタイにカラーチェンジしました。
すると、ネクタイのカラーを変えた途端にドン!とヒット。
LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68UL-solid.Rを綺麗に曲げて上がってきたのは良く肥えた50cm丁度のマダイでした!!
更に同様の設定でチャリコを追加するも、潮が止まってアタリも無くなりました。
その後、船長は深場など色々探ってくれましたが、ニベが1匹釣れただけでなかなかマダイのヒットに結びつきません。

170112_nushihara_02.jpg

ここで少し考えてみました。
朝イチはネクタイをグリーンに替えた途端に皆でマダイが連発しました。
どうも今日は濁りが少なくて潮が澄んでいるからか、ネクタイのカラーに非常にシビアな感じがします。
しかも曇天のため、非常に光量が少ないローライトな状態で、どうもネクタイをアピールしきれていないようです。
という訳で、ネクタイを自発光するグローベイトにチェンジして小一時間巻いてみるも反応は薄い...。

ならば今度はネクタイをシルエットがハッキリ出るダーク系のカラーにしてみようとレッドインパクトにチェンジしました。
すると、タイラバを落とすなり効果が現れてガツンとアタリが発生!!
ここが勝負時とばかりに真剣にリールを巻いてみると、ドン!ドン!ドン!と40cmクラスのマダイが3連発!
船長はずっとオレンジのネクタイで巻いていましたが、ヒットしませんでした。
思った通り、この日はアタリカラーの見極めが釣果に繋がる日だったようです。
この辺りの微妙な駆け引きがタイラバを面白くする要因なのだろうと思います。

170112_nushihara_03.jpg

その後、近くの漁船が網を入れる音に驚いたのか魚のアタリが急に無くなり、深場なども探索しましたがマダイの追加はならず納竿となりました。

状況的には結構厳しい日ではありましたが、ネクタイのカラーチョイスもバッチリ決まり、Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQの性能をフルに発揮して、計6枚のマダイを釣り上げることが出来ました。
予定通り、正月用のにらみ鯛も用意出来て満足の釣り納めとなりました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68UL-solid.R
リール:ジリオンTW1516
ライン:PE0.8
ライン:フロロ3号
フック:Gamakatsu 糸付サーベルポイントM
ルアー:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ(#1 グローベイト、#4 スプリングシーウィード、#7 パッションオレンジ、#8 レッドインパクト)

花木 陽太 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月7日
■場所 ・・・ 琵琶湖 湖北の浜

新年明けましておめでとうごさいます。

170109_hanaki_01.jpg

1月7日、初バス釣りに琵琶湖、湖北の浜に釣行してきました。

使用タックルはLUXXE ATS05 B76H Flip Masterにフロロの16lb。
ビッグフィッシュを狙え、飛距離も出来る限り落とさない様に考慮した今、私的に琵琶湖陸っぱりでの最もバランスのとれたタックルです。

今回はワカサギの回遊を意識し、極寒の中でしたが北の浜を選択。
Gamakatsu スイミングショット チューンド"コブラ" 3/8ozにシャッドテールワームをセットして、沖の残るウィードを丁寧に探りました。

170109_hanaki_02.jpg

この日は残念ながらワカサギの回遊はなく、60を超えるバスには出会えませんでした。
しかし、気温2度の中、40センチクラスのバスの回遊があり、Gamakatsu スイミングショット チューンド"コブラ"で3本キャッチ!
サイズ的には満足とはいきませんでしたが、新年初バスに出会え、良い初釣りとなりました。

ロッドのガイドが凍ってしまうようなこの時期でも、Gamakatsu スイミングショット チューンド"コブラ"は安定の釣果をもたらしてくれます。
このルアーは他のルアーと違い、ウィードを非常に短い移動距離で抜いてくる事ができます。
その性能のおかげでバスの活性が低く動き鈍い極寒期にでも、釣果を得る事ができました。

170109_hanaki_03.jpg

次回はワカサギの回遊が増える頃、ビッグフィッシュを狙いたいと思います。
琵琶湖、湖北方面へ行く際には道路が凍結し非常に危険な為、スタッドレスタイヤを装着し安全運転を心がけて下さい。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B76H Flip Master
リール:アンタレスDC
ライン:アプロード クリスタルフロロ16lb
ルアー:Gamakatsu スイミングショット チューンド"コブラ" 3/8oz

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。m(_ _)m
LUXXEスタッフ浜田恭です。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
今年も頑張って情報発信して行きますので宜しくお願い致します。

170108_hamada_01.jpg

新年を迎え、例年なら山間部には多くの積雪があるはずなのに、今年は殆ど無い状態の山陰エリア。(・・;)
冬将軍は、何処にいるのでしょうか??(^^;
こうなってくると、秋のパターンを引きずる形で年を越してます。
大きなミノーを投げて、ゴチンッ!!とくる展開からなかなか頭が切り替わらないものですよね!?
でも、早めに切り替えをしておかないと、冬季の流れに上手く乗ることができなくなってしまいます。
今年の初釣りは完全に冬季モードに切り替えて、中海へ行ってきました。

中海の冬のパターンは大人しく、「スロー」な展開が基本となります。
波動の強いルアーはシーバスが嫌う傾向ですので、シンペンやピンテールのソフトベイトのジグヘッドリグがメインとなります。
メインというか、これだけあればゲームが成立します。
だからゲームベストが超軽い!!
肩コリともおさらばです。(笑)

170108_hamada_02.jpg

シンペンは浮き上がりが強く、ゆっくりサブサーフェスを引ける物が流行っていますが、今回のパターンにマッチするのは全く逆で、レンジを長くキープしてくれる物がベストとなります。
小型で細身のシンペンでそんな事が出来るものはそう多くはなく、そういった考えから「スレン80S」をよく使用します。
当然、ソフトベイトのジグヘッドリグもレンジキープ力が高さが必要で、Gamakatsu レンジスイマー タイプボトムかGamakatsu 音速ラウンドスナップを使用。
ソフトベイトは4in弱をセットします。
このジグヘッドはアイ位置がヘッド後方部にある事でヘッド前方に抵抗ができ、浮き上がりを抑制してくれるのでレンジキープが簡単なんですね。

今回は中海のシーバスのサイズやコンディションを考慮し、Gamakatsu レンジスイマー タイプリバーシブル 8gを使用。
サイズの大きなフックがセットされているので、グッドサイズのシーバスの口をしっかりとホールドしてくれるので安心してラフファイトをする事が出来ます。
フックポイントも鋭く、素早く貫通してくれるので、フックの懐強度のポテンシャルを高めてくれますね。

170108_hamada_03.jpg

次にロッドですが、軽量で柔軟なティップセクションを持ったロッドがベストです。
しかし、コンディション抜群のプリの個体も結構混ざるので、ベリーからバットにかけてはパワーが欠かせません。
今回のロッドは、LUXXE ソルテージ チータ RR 90ML。
必要な要素と繊細操作が可能で、この時期には必要不可欠なロッドです。

この日は満潮から干潮へと向かう下げ潮のタイミングでポイントに入り、シンペン&ジグヘッドリグのローテーションでグッドサイズを含む多くのシーバスをキャッチ&リリースする事が出来、大満足の初釣りとなりました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ソルテージ チータ RR 90ML
リール:c3000XG
ライン:0.8号
ライン:22lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #8
フック:Gamakatsu レンジスイマー タイプリバーシブル 8g
    Gamakatsu レンジスイマー タイプボトム 6g、8g
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系 五三川

LUXXEスタッフ大津乗彦です。
今回は岐阜県養老水系五三川に初バスを狙ってきました。

ここ最近は最低気温一桁台とすっかり寒くなり、寒さ対策をしないと釣りどころではありません。
朝方は小雨が降り出し、寒さ倍増(>_<)
そんな状況の中スタートしました。

まずは冬のエリアに直行。
護岸際が深く、ディープが隣接していました。
尚且つ、北風の影響を受けないポイントです。
護岸際にはコンクリートブロックが沈んでおり、そこがフィーディングポイントになっています。

そこに、Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ #11 シナモン/ブルーフレークシード。
ワッキー掛けのダウンショットで狙っていきます。
皆さんご存知だと思いますが、適合フックサイズとの組み合わせで水と比重が同化する為、水中でステイさせる事が可能です。
またラインスラックをいつも以上に出す事により、この時期吸い込みの弱いバスにも確実に食わす事が出来ます。

アクションはズル引き&ステイの繰り返し。
今はベイトを追い食いする体力がなく、ズル引きさせる際もなるべく移動距離を短く、ステイ時間を長くする事がキモです。

170107_otsu_01.jpg

釣り開始から1時間が経過したところで、待望のバイト。
しかし、掛ける事が出来ませんでした。
ここでラインスラックをもう少し余分に出し、ショートバイトにも対応しました。

気温が上がり始めた頃、沈みブロックの切れ目でステイ中に弱々しいバイト。
念には念をということで、ラインスラッグを緩め一呼吸おきます。
ロッドでアタリをきくと生命感が伝わり、スイープフッキングし掛ける事に成功しました。

フックが掛かっている場所が浅いので、無理をせず慎重にやりとりを開始します。
無事に初バスを釣る事に成功。
その後はバスからの反応がなく、ストップフィッシングとなりました。

170107_otsu_02.jpg

ラインスラックコントロールに長けているLUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"は、この時期に絶対欠かせないロッドです。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"
ライン:フロロ4lb
ルアー:Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ #11 シナモン/ブルーフレークシード
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーSF #8

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願い致します。

170105_yamamoto_03.jpg

何とか初釣りで朝の時合いだけですが、良型メバルを狙いに行く事が出来ました。
夜明け前からポイントに入りましたが、凄い量のマイクロイワシが足元まで居ましたので、テンションMAXでキャスト開始!
時折、セイゴっぽい捕食音は聞こえますがバイトは無く、気になるベイトを無視して沖目の色んなレンジを探っていると、ムツがガンガン食って来ました(笑)
エリアとタイミングを外したのかと思いましたが、沖のシモリや沈みテトラの上をタイトにトレースすると、尺には僅かに届きませんでしたが良型メバルとガチンコ勝負出来ました。
何発かラインブレイクされたのが悔しかったですが、楽しい初釣りになりました。

170105_yamamoto_01.jpg

170105_yamamoto_02.jpg

ジグヘッド単体とプラッキングではLUXXE 宵姫EX S74L-solid.RFを使い、FシステムではLUXXE 宵姫EX S83M-solid.RFを使いました。
軽さと感度は勿論ですが、PCS(パワークロスシステム)により強烈なメバルの引きをも物ともしないバットパワーと、突然の反転による捩じれにも強いです。
複雑なストラクチャーもギリギリにアプローチ、トレース出来ますので宜しくお願い致します。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫EX S74L-solid.RF
    LUXXE 宵姫EX S83M-solid.RF
フック:Gamakatsu キャロヘッド #3 1.6g
フック:Gamakatsu コブラ29 #6 0.6g
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ