山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

ラグゼスタッフの山本康典です。

180116_yamamoto_01.jpg

週末の連休を使って、夕マヅメと朝マヅメに狙いを絞り長崎方面へメバリングゲームに行ってきました。
前日までの大雪で道路はギリギリ通れた感じでちょっと焦りながら釣り場につくと、予想以上に爆風でした。
準備をして様子を探りましたが、全くノーバイト(・・?
マズメと満潮が重なり、潮が動かず苦戦しましたが、真っ暗になると潮も動きだして何とか良型が釣れたのですが、すぐに時合い終了。

180116_yamamoto_02.jpg

仮眠を取り、夜明け間際の朝マヅメのため少し暗い内から釣りを開始しました。
やはり潮なのか全くバイトが無く焦りましたが、明るくなり始めた頃に下げ潮が動き出し、豆アジが釣れ始めました。
そこでテトラや沈み根をタイトにアプローチすると、良型のメバルがHIT!
短い時合いで、良型が連発!!
尺には僅かに届きませんでしたが、良型メバル相手にドラグフルロックでガチンコファイトが出来て楽しめました(^^♪

180116_yamamoto_03.jpg

普段はジグヘッド単体をショアからするときはLUXXE 宵姫 華 S74L-solidをよく使いますが、今回は潮位が高かったために操作性重視でLUXXE 宵姫 華 S66ML-solidを使用。
操作性は勿論のこと良型メバルのトルクフルな突っ込みも止め、抜き上げるパワーもあり、ロッドの良さを再認識出来ました。
LUXXE 宵姫 華シリーズは豊富なラインナップが揃っていて、適材適所でセレクトすることでストレス無く釣りができ、疲労感の軽減や集中力の増加に繋がり更に楽しくさせてくれます。
まだ触ったことが無い方はフィッシングショーなどで是非、手に取ってみて下さい

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫 華 S66ML-solid
    LUXXE 宵姫 華 S80MH-solid
フック:Gamakatsu キャロヘッド #3 1.6g
    Gamakatsu コブラ29 #6 0.6g
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

今年も中部地方の釣果をアップ致しますので、本年も宜しくお願いします。

さて寒い日が続きますが、初釣りに出掛けられましたか。
私の初釣りは勿論、岐阜県養老水系です。

180112_otsu_01.jpg

朝から雪がちらつく中、スタート。
冬の定番スポットを回りましたが、全く反応がありません。
急な冷え込みの後は厳しいかな?と思っていると、天候が回復してきました。
気温が上がるタイミングでディープエリアを、ワッキーダウンショットでズル引き&ステイを繰り返します。
いつも以上にラインスラッグを出しステイさせていると、違和感がありました。
スィープフッキングし、初バスを釣ることに成功。

この時期はバスの吸い込みも弱くなるため、細軸のフックを選択することをお勧めします。
今回はGamakatsu ワーム329 ハンガーSF KGウィードレスを使用しましたが、オフセットフックを使用する際はGamakatsu ワーム322 スリムスタイル
また、この時期はシャッドの出番が多くなりますが、フックをGamakatsu トレブル17に交換することもお勧めです。

180112_otsu_02.jpg

話を戻して...フィネスの釣りを展開した後、リアクションの釣り(メタルバイブ)で再度狙うと2匹目のバスを釣ることに成功。
この日はサイズに恵まれませんでしたが、良いスタートすることが出来ました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
ライン:10lb
ルアー:メタルバイブ

ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:5lb
ルアー:ストレートワーム
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーSF KGウィードレス

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 南紀

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

180111_nagata_03.jpg

今回は、またまた南紀ティップラン「RED MONSTER」に行ってきました!
お世話になったのは、和歌山県串本町の遊漁船「悠真丸」様です。

事前情報では...釣行日の数日前から時合いは午後からばかりで、午前中は沈黙パターン。
午前中勝負は厳しいか!?と思っていましたが...なんと、1投目から1,700gの良型のレッドがヒットしました♪♪
その後も船がキレイに流れ、ラインに角度がついていくときはスピニング、ラインがバーチカルになるときはベイトタックルでのFPリグ(二点式、上:ノーマルエギ、下:タングテンシンカー1~2oz)を状況に応じて使い分けて、量産態勢に。(^^)d

180111_nagata_01.jpg

僕の釣果は...1,700gを頭に9杯。(^^)v
船中は、僕も含めて5名で13杯でした。

潮もそこそこ流れており、天気も小雨でローライトと状況が良かったのでアオリの活性は高めでした。
しかし、この日はレッドより白系アオリが多く、「しっかりサミングをしてのタッチ&ゴー」「シャクり終わりの位置から竿先を絶対に動かさない」などの基本をしっかりとこなせていないとヒットしないというシビアな状況でしたので、船中釣果には大きな差がつきました。
白系アオリは活性が高いときほど、基本動作のクオリティで釣果が劇的に変わります!!

ティップランにおいて重要な要素は、以下の3点です。
ひとつ、常にラインの角度を45度付近にコントロールすること。(ドテラ流しでエギが船から離れていく場合)
ふたつ、ボトムから0.1秒でも早くエギを立ち上げること。(タッチ&ゴー)
みっつ、いかにエギを「止める」か。
良い角度をキープし、素早くエギを立ち上げ、しっかりと止めます!!

180111_nagata_02.jpg

この3点をしっかりと意識し実践していただければ、自分だけ釣れないなんてことはなくなると思います。
是非、お試しください。(^-^)/

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:16Vanquish C3000SDH
ライン:Real dtex Premium WX8 0.5号
ライン:Grand Max 2号
エギ:DARTMAX TR-BK

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 12月
■場所 ・・・ 岐阜県養老水系 他

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフの大津乗彦です。

171226_otsu_01.jpg

今年も後僅かになりましたね。
日に日に気温も下がり、真冬到来です。
今回は12月の釣果報告です。

初冬ということで徐々にディープエリアにバスが集まり、中々口を使わなくなる季節。
そこで、フィネスやリアクションの釣りで狙うことにしました。
ここぞというポイントではフィネスで、広範囲を素早くチェックしたいときはリアクションです。

171226_otsu_02.jpg

岐阜県養老水系や奈良県津風呂湖では、フィネスよりリアクションの釣りに反応があります。
リザーバーでは、3/8ozのメタルを使用して岩盤エリア。
地元河川では1/4ozのメタルを使用して、水深のある護岸エリアに反応がありました。
アクションは、ショートリフト&フリーフォールです。
なるべくボトムからメタルを離さないようにアクションすることをお勧めします。
今後も厳しい季節が続きますが、リアクションで反応が得られると思います。
是非、試してください。

171226_otsu_03.jpg

さて、今年も釣果レポートをご覧いただいた皆様、有難うございました。
来年も釣果レポートをアップしてまいりますので、読んでくださいね。
では良いお年を。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
ライン:8lb
ルアー:メタル

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 佐賀県

ラグゼスタッフの山本康典です。

少し前の釣行ですが、久しぶりに佐賀県呼子周辺へアジングに行って来ました。
今年は仕事と町内会の役員などでなかなか時間が無く悶々としていましたが、良いタイミングで行くことができました。

171225_yamamoto_01.jpg

夜明け前からのスタートでしたが、1投目から気持ちの良いバイトが連発!
豆アジから尺アジまでレンジやバイトの出方が様々で、合わせ方もバイトの出方で微妙に変えないと掛からない状況でした。

171225_yamamoto_02.jpg

この釣行の少し前から、幾つかのモデルを使っています。
新しくリリースされたLUXXE 宵姫 華シリーズの軽さと感度の良さにビックリです!
今まで以上に潮の変化、ボトムの変化や魚の存在など「見えない情報」が手元に伝わってきます。
釣果の差は勿論ですが、「見えない物が解る」といういことは自分自身の「楽しさ」も倍増します。
軽さや感度だけではなく、今回も尺オーバーのアジを楽々と抜き上げられ、ベリーからバットもしっかりしてます。
見た目も無駄を削ぎ落とし、リールシートも細見で握り易いので疲れにくいです。

昼過ぎまででしたが、終止飽きない程度に釣れて非常に楽しい釣行になりました。

171225_yamamoto_03.jpg

LUXXE 宵姫 華シリーズは追加モデルを合わせて、10機種の豊富なラインナップでレングス、パワー別でアジやメバルの色んなフィールドや状況に高次元に対応してくれると思います。
是非、手に取って感じて欲しいです。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫 華 S63UL-solid
    LUXXE 宵姫 華 S66ML-solid
フック:Gamakatsu キャロヘッド #3 1.3g、1.6g
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 南紀

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

171222_nagata_01.jpg

またまた南紀ティップラン レッドモンスターハンティングに行ってきました!
今回お世話になったのは、和歌山県すさみ町の遊漁船「第八大洋丸」様です。(^^)

この日は朝のうちは無風、午後からは潮と風が逆...と、1日を通して船がなかなかキレイには流れてくれず、厳しい状況でした。
しかし、少しでも潮のあるポイントや船が流れるポイントを超ランガンスタイルで撃っていき、ラッシュこそないもののヒットを重ね、なかなかの好釣果になりました(^-^)/

171222_nagata_02.jpg

流石は長野船長です。(^^)d
実績ポイントのみで粘っていたらと思うとゾッとします。(笑)

そして、この日もベイトタックルが大活躍。(^^)v
スパンカーを立てたり、潮のみで船が流れるときなど、ラインが立ちバーチカル状態になるときはやはり立ち上がりが早く、エギが安定するベイトタックルでのFPリグ(二点式、タングステンシンカー1~2oz)が強いです♪♪
この日は釣果の大半をベイトタックルでのFPリグでゲットしました。(^^)d

171222_nagata_03.jpg

ロッドは、もちろん、LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.Fです。
FPリグではタングステンシンカー1oz~鉛の40号まで幅広く使え、ヘビーウェイトでも感度は抜群!
南紀ティップランのバーチカル状態では、最強のロッドだと思います!
真冬の串本は無風状態も意外と多いので、ベイトタックルが活躍してくれる場面も多いですよ!

この日の僕の釣果は、1.4キロを頭に7杯。(^^)v
船中は6名で22杯(最大1.7キロ)でした(^^)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:16Vanquish C3000SDH
ライン:PE0.5号、フロロ2号
エギ:DARTMAX TR-BK

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 秋シーズン
■場所 ・・・ 某所

当地のデイゲームの終盤戦では、初雪が降るとそれを境に釣果が止まる傾向にあります。
先日、その初雪が降って、やはり今年も釣果が御多分に漏れず劇的に下がりしました。
例外的に雪が降る頃に釣れ始めるという特殊なポイントもありますが。(笑)

171219_miyazaki_01.jpg

終盤戦に差し掛かると、ワームが頼みの綱になります。
ダートさせて良し、タダ巻きさせて良し、フッキング良しのジグヘッドGamakatsu レンジスイマー タイプボトムを中心としたゲーム展開。
「フォールでの食わせの間」と「上昇アクションでの食わせの間」を織り交ぜることで、ヒット率がアップさせられると思います。

171219_miyazaki_02.jpg

とにかく最近のデイゲームにおいては「ワーム」を如何に使いこなせるか?が、釣果を伸ばせるかどうかの鍵になっていると感じます。
それには操作性に秀でたロッドと基本性能のしっかりしたジグヘッドが不可欠だと言えます。
今期のデイゲームでもLUXXE リフレックス ティガロ 91MLとGamakatsu レンジスイマー タイプボトムに随分助けられました。

171219_miyazaki_03.jpg

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu レンジスイマー タイプボトム
    Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ハイパーシールド

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 秋シーズン
■場所 ・・・ 某所

12月も中旬となり、秋シーズンも終盤戦。
今シーズンのナイトデームは、開幕からずーっと好調をキープできています。

171218_miyazaki_01.jpg

トータルの数にも満足していますが、特にサイズの良いシーバスを捕ることができていて嬉しい限りです。
加えて、コンディションが非常に良い個体も多く、とてもエキサイティングなシーズンを送ることができています。

171218_miyazaki_02.jpg

メインベイトはサヨリから始まりコノシロへ変わり、その後はマイクロベイトへと変遷。
ベイト変わりをいち早く察知して、ポイントとルアーセレクトをアジャストさせることがキーポイントとなると思います。
細身のアクションが小さいミノーから、ボリューム感のある大き目のミノー、そしてGamakatsu レンジスイマー タイプボトム+ワームまでと、ルアーセレクトの振り幅が非常に大きいですが、個人的にはその辺りが上手くハマって、好釣果が続いていると分析しています。

更に、サイズとコンディションが非常に良い個体がヒットしてくれるということが、ベイトパターンのド真ん中ドストライクでマッチングできているということの裏付けなのかなとも推測したりしています。

171218_miyazaki_03.jpg

ウェイトの乗りまくったデカいシーバスと、時には思いっきり引っ張り合いの力勝負を迫られますが、LUXXE リフレックス ティガロ 96MHとGamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ハイパーシールドとGamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ハイパーシールドのシリーズが制してくれます。
お陰で、このシーズンは「やられたぁ~」という経験が一度もありません!
アドバンテージを取れるタックルが、好釣果の下支えをしてくれている事も見逃せませんね!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ハイパーシールド
    Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ハイパーシールド
    Gamakatsu レンジスイマー タイプボトム

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 京都府 宮津市 天橋立周辺

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

冬シーズンに入り、天気予報に雪ダルマのマークが付く日が多くなってきました。
皆様も寒さに負けず、熱いシーバスフィッシングを楽しんでおられますか?

今回は京都北部の宮津市天橋立周辺へ遠征してきました。
天橋立と言えば、思い浮かぶ凄腕アングラーがいますよね。
そうです!LUXXEスタッフの宮崎崇さんです。
今回は宮崎さんにガイドをお願いして、天橋立エリアを楽しんできました。

天橋立周辺への釣行は今回で2回目なので、ある程度イメージもあり、準備もサッと完了して昼前に自宅を出発。
車で4時間くらいの移動のはずが、いたる箇所で道路工事による片側交互通行で1時間余分に掛ってしまいました...。
この時期に工事が集中して交通規制が増えるのは、年末あるあるですね。

171218_hamada_01.jpg

天橋立のある宮津市に到着し、宮崎さんと久しぶりの再会をした頃には、すでに辺りは真っ暗。
早々にナイトゲームの準備をしながら最近の状況をたずねると、ナイトゲームではコノシロがベイトになっていることもあるようで、ホームでコノシロを軸にゲームをしている私には新しいことを学習して吸収する点でも絶好の機会です。

地形や攻略メソッドをレクチャーしていただき、イメージ完璧でゲームスタート。
天橋立周辺は潮の動きが複雑で、潮が出たり入ったりを数十分で繰り返すので、流れの変化を理解して先回りして自分のポジション変えないといけないということは前回で学習済みです。

しかし、この日は流れは良かったのですがコノシロの姿が無く、小さなイワシがチョロチョロといった感じでした。
数時間頑張りましたが、ノー感だったので一時中断して少し仮眠をとることに。

再びポイントに入ると宮崎さんの知人がおられ、潮が緩いときにグッドサイズを含めて数匹キャッチしたとのことでした。
ヒットルアーは、何とカタクチサイズの小さいルアー。
まさかのスモールベイトパターンでした...。
その後、狙ってみるものの後の祭りで残念ながらノーヒットでナイトゲームは終了となりました。

171218_hamada_02.jpg

明るくなったので、気持ちを新たにデイゲームのポイントへ移動しました。
ポイントに到着すると地元のアングラーがすでに時合いを楽しんでおられたので、隣に入らせてもらいました。

まずはご当地パターンをとソフトルアーを投入すると、なるほどこのパターンは強く反応が良く、程なくして今回のファーストキャッチに成功!
比較的浅いレンジで反応してきたので、いつもトップで釣るチャンスを狙ってる私とすれば、今がそのときとライザーベイトを投入しました。
すると、コレが見事に的中!
水面を破って、ド派手なバイトで今日一番のサイズをキャッチしました。

171218_hamada_03.jpg

その後もライザーベイトで複数水面が破れましたが、ヒットには至りませんでした。
フィーディングをしっかりと堪能してストップフィッシング。

さらに2日間の釣行予定でしたが、冬型が強まり天候がかなり悪くなる予報だったので、残念ながら2日目を諦めて早めに帰路につきました。
今回も多くの発見や収穫がある楽しい釣行となりました。
また、近いうちにナイトゲームのリベンジをしに行こうと思います。(笑)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
    LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
リール:3000HGM
ライン:1号
ライン:22lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4、#6
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 南紀

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

今回も南紀ティップラン!
レッドモンスターを狙いに行ってきました♪♪
お世話になったのは、和歌山県串本町の遊漁船「悠真丸」様です。

この日、朝イチの2~3流しは風が弱く、潮だけで船が流れていました。
バーチカル状態でしたが、その後はラストまで5~8mの風が吹いて絶好のティップラン日和に。(^^)d
朝イチのバーチカル状態の時間はベイトタックルでのFPリグ(2点式・タングステンシンカー1~2oz)で攻略しました(^^)
ここ数日は朝イチがチャンスタイムとのことでしたが、船長の言葉通り、朝イチからFPリグで連発ヒット。(^^)v

171213_nagata_01.jpg

ロッドは、LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.Fを使用しました。
お助けリグはもちろん、FPリグでは30号や35号のヘビーウェイト仕様でもしっかりとシャクれ、ティップにはキレイにアタリが出ますので、南紀レッドモンスター狙いのバーチカル状態では最強のロッドです♪♪
そして、いい風が吹き始めてからは僕のメインロッドである、LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.Fで僅かなアタリも逃さずにヒットを重ね、量産態勢に突入!!(≧∇≦)

171213_nagata_02.jpg

この日のポイントは「ステイの長さ」でした。
活性の高いときならエギを止めた瞬間~5秒までにアタリが集中しますが、この日は水温が前日と比べて1度2分下がっていましたので、状況は良かったのですが、エギを止めてからアタリが出るまでの時間は長めでした。
最長で15秒ステイでのヒットもありましたよ。
とは言え、毎回15秒もステイさせていると手返しが極端に悪くなってしまいますので、やはり基本は5秒くらいがベストだと思います。
まったくアタリがないときに、ひとつの手段としてロングステイも試していただければ。

171213_nagata_03.jpg

僕の釣果は、1.8キロを頭に10杯。(^^)d
船中は5名で32杯と好釣果!
「悠真丸」様の今シーズン最高釣果を更新しました!
最大サイズも順調に上がってきていますので、今後更に期待したいですね♪♪

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:16vanquish C3000SDH
ライン:Real dtex Premium WX8 0.5号、Grand max FX 2号
エギ:DARTMAX TR-BK 30g
シンカー:エギ王 TRシンカー 10~60g