永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 日本海

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

今回は今、流行りの日本海ディープタイラバに行ってきました~♪♪
お世話になったのは、京都府与謝郡伊根町の遊漁船「珀宝丸」様です。(^^)

170522_nagata_01.jpg

朝イチのポイントは水深100m前後。
潮も風もいい感じで船がキレイに流れる状況でしたので、Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQのヘッドシンカーは220gを選びました。
スタートは少し重めのヘッドシンカーを使用し、バーチカル気味にできるだけフレッシュなポイントを撃って行きましたがアタリなし(^^;
いい状況なのにアタらないということは...ここで作戦変更です!!
Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカーを180gにチェンジし、狙いのタナを長く引ける斜め引きに。
すると、答えはすぐに返ってきました。(^^)d

ベイト反応と潮噛みのいいタナを重点的に攻めていると、コツッ...と小さなアタリ。
一撃では乗りませんでしたが、真鯛がタイラバにまとわりついている感覚が伝わってきました。
そこで、狙いのタナは過ぎていましたが、そのまま巻き続けるとやっとヒット。(^^;
ファーストヒットは60cmオーバーの真鯛でした。(^-^)v

170522_nagata_02.jpg

その後も同じパターンで40cm台の真鯛、着底ヒットで超高級魚の甘鯛やウッカリカサゴ、ムシガレイ、レンコダイを追加。
タイラバは真鯛以外にも多彩なゲストが登場するところも、楽しさの1つですね~(^^)d

そして極めつけは...これも同じパターンで、活性の低さを窺わせるようなアタリで前アタリからフッキングまで10m以上かかりましたが、しっかりフッキング成功。
強烈なファイトの末に上がってきたのは、81cmの"BIG RED"です!!!(^-^)v
久しぶりにハチマルの壁も突破しました!
もちろん船中全員安打も達成し、気持ち良く納竿。(*^▽^)/★*☆♪

170522_nagata_03.jpg

サイズが魅力の日本海ディープタイラバ!
これから更にアツくなりそうです☆*

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68UL-solid.R
    LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.R
リール:OCEA CONQUEST 300HG
ライン:PE1号
リーダー:フロロ5号
フック:Gamakatsu サーベルポイント(NSB)M
タイラバ:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ 150~220g
ヘッド:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカー #7 バレンシア/グロースポット
ネクタイ:Gamakatsu 桜幻 シリコンネクタイ(ショートカーリー) #8 ソリッドレッド

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月12日
■場所 ・・・ 瀬戸内

皆様、こんにちは。(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です。m(__)m

5月12日に、LUXXE STAFFの大先輩の"ヌッシー"こと、主原さんを捕まえ、今シーズンの瀬戸内タイラバ開幕戦に行ってきました!
お世話になったのは、岡山県倉敷市の児島大畠漁港より出船の遊漁船「1st(ファースト)2号艇」様です。

170521_nagata_01.jpg

今回は新製品のGamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカーのNEWヘッドカラーで釣るミッション付きです(^^;
僕らは開幕戦やし、1st2号艇様もシーズン初期の試し釣り出船なのでどうかな?と思っていましたが...出船するなり1流し目から主原さんが、大・大・大連発!!!((((;゜Д゜)))
ちなみに僕はかすりもせず。。(>_<)

この差の理由は...「タイラバの形状」と「巻き速度」でした。
主原さんはベイトをイソメ類等の虫系と推測し、Gamakatsu 桜幻 シリコンネクタイをかなり細いものにしており、カラーはレッド!
そして、巻き速度は早めでした。

大きく出遅れた僕も迷わずイソメ類を意識したネクタイ&早めの巻き速度にチェンジ。(^^)d
ヘッドは濁りのないポイントでは、NEWカラーの「#10 ステルスレッド」、濁りのあるポイントではこれまたNEWカラーの「#11 マットオレンジ」。
ネクタイは虫系ベイトを意識して「#3 オレンジシルバー」「#8 ソリッドレッド」を細く切った物を組み合わせました!

170521_nagata_02.jpg

ここからは僕も連発です!(^-^)v
ただ、この日は完全に前流れ(主に左前)で、僕は右舷の後ろの釣り座でしたので、1日1番潮下。。(>_<)
少し潮が緩んでからは我慢の釣りとなりました(^^;
それでも、潮の効いている層を重点的に通したり、光量の変化や濁りの有無でのカラーチェンジ、メカニカルブレーキを調節してフォールスピードを変化させたりと、小技を駆使し、最終的には...真鯛45cmを頭に8枚、アイナメ36cmをGet!(^^)v
この日は10ヒット、9キャッチ、乗らず1回のバラシはありませんでした。(*^-^*)

やはり、僕のメインロッドのLUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.Rは...バレないロッドです!!!
柔軟で高感度なソリッドティップは微細な潮の変化や真鯛がタイラバにまとわりつく感覚までしっかりアングラーに伝えてくれ、チャリコクラスのバイトも弾かずフッキング可能。(^^)b
もちろん、大型ほど掛かりは良いです。
フッキング後はソリッドティップ&粘り強く、急激な引きにもスムーズに追従してくれるベリーが、真鯛特有の3段引きもバッチリ吸収し、竿先がバウンドせず安心してファイトできるロッドです。(≧∇≦)
瀬戸内では厳しい時期なら1日1バイトなんて日もありますので心強い相棒です!

170521_nagata_03.jpg

と、いうわけで...開幕戦からバッチリ好スタートを切ることができました~(^-^)/
これから瀬戸内タイラバもどんどん行きたいと思います。(^^)♪♪
あっ、でも次は丹後ディープタイラバに行ってきまーす!!(笑)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.R
リール:OCEA CONQUEST 200PG
ライン:PE0.6号
リーダー:フロロ3号
フック:Gamakatsu サーベルポイント(NSB) S
タイラバ:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ 60g
ヘッド:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ シンカー #10 ステルスレッド、#11 マットオレンジ
ネクタイ:Gamakatsu 桜幻 シリコンネクタイ #3 オレンジシルバー、#8 ソリッドレッド

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 由良川

日中の気温が高くなってきたので、もうそろそろ水温上昇とともにベイトが河川内に溜まる頃かな?と思い、由良川へ釣行しました。
河川内の各ポイントは足元に大きな石をはじめとする障害物が多く、最後のリフティングパワーが必要なケースが多いので、ロッドはLUXXE リフレックス ティガロ 96MHをチョイス。
どんなルアーでもストレスなくビシッ!とロングキャストできて、河川内の「大型シーバス狙い」にはドストライクなスペックです。

170521_miyazaki_01.jpg

さて、いざポイントを見て回りますが、思惑が外れてベイトが居ません!
何か所か見て回り、なかでも一番雰囲気が良さそうなところで粘る事にしました。

ベイトがピチャピチャしている状況をイメージしていましたが、シーンとしています。
こうなれば回遊待ち...しかし、その回遊を待つ時間も、キャスト感の良いLUXXE リフレックス ティガロなら楽しい時間になりますね。
特にLUXXE リフレックス ティガロ 96MHは、振りぬけ感がハンパないです。
「96MH」というモデルのロッドにありがちな、重苦しさや鈍い感じは皆無。
今までの「96MH」というイメージを覆す、軽快さとシャープさと適度なしなやかさがあります。

170521_miyazaki_02.jpg

シーバスフィッシングのほとんどの時間が「キャストしている時間」です。
キャストが楽しいロッド...コレ、ホント重要だと思います!
キャストが続く=釣果に繋がる、です。

170521_miyazaki_03.jpg

結果として、今回のベイトっ気の無い状況下で中型ながら連発しました。
粘り勝ちですね♪
一瞬の時合のなか、Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ナノスムースコートがガッチリとフッキングしてくれる安心感と、障害物を回避できるロッドパワー能力で、最短時間でランディングできたことも重要な要素です。

今から良くなってくると思いますので、次こそは大型シーバスを捕れるようにまたチェックしてみたいと思います。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ナノスムースコート

花木 陽太 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 兵庫県 西播地域

こんにちは。
ラグゼスタッフ花木陽太です。

ここ最近は日中の気温も暖かく、とても過ごしやすい釣り日和といった日が続いています!
そんな今回は産卵を終え、ベイトを活発に捕食し始めるバスを狙いに兵庫県西播地域の野池に釣行してきました。

170520_hanaki_01.jpg

今回は、まだまだネストを守るバスも多いことから極力ネストをさける為、ソフトルアーは封印してハードプラグのみでの釣行です!!
Gamakatsu ノッキンロール SR-60 #19 ゴールデンシャッドとGamakatsu ヴィンターSSR-60 #22 メタルブラックをメインに、フォローにマイクロスピンを巻くといった巻物Only。

開始早々、小さなインレットにGamakatsu ヴィンターSSR-60をキャストします。
インレットと平行に通すと、ゴボッと盛り上がるようなバイト。
水面直下を巻けるGamakatsu ヴィンターSSR-60ならでは、視界でも楽しめるバイトです。
予想通り産卵から回復傾向にあるナイスプロポーション、ナイスファイターでした!

170520_hanaki_02.jpg

続けて同ポイントで、小型ですがGamakatsu ヴィンターSSR-60に連続バイト!
水面には出きらない魚でも、Gamakatsu ヴィンターSSR-60には警戒せずバイトしてきます。
今回使用した「#22 メタルブラック」は視界性も良く、シルエットがハッキリする事からマッディな野池はもちろんのこと、クリアーウォーターにもフラッシング効果を発揮し、フィールドを問わず魚を呼んできてくれます。

朝一のフィーディングタイムが終了した後は、数百メートルにわたる護岸沿いをGamakatsu ノッキンロール SR-60でランガンしました。
護岸の切れ目などを丁寧にスローリトリーブして狙うと、乗し掛かるようなバイト!
ナノスムースコートのGamakatsu トレブルSP M(ミディアム)を使用している為、そのまま巻き合わせでサクッとフッキング!!
これもアフター回復のナイスコンディションのバスでした!

170520_hanaki_03.jpg

その後は日が昇り汗ばむ陽気となり、カバー周りシェードにてGamakatsu マイクロスピンで20センチに満たないバスを2本ほどキャッチ。
満足のいく釣果となったので、この日は午前中で終了しました。
今年は琵琶湖が好調な事から琵琶湖に通う事が多かったですが、今回は野池の陸っぱりバスフィッシングの楽しさを改めて感じる事ができました!
これから梅雨に入るまでの時期、暖かく穏やかな日が続くと思います。
是非、短時間で手軽に足を運べる陸っぱりバスフィッシングを楽しんでみて下さい。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
リール:スティーズA TW
ライン:アプロード カモフラフロロ12lb
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ナノスムースコート
ルアー:Gamakatsu ヴィンターSSR-60 #22 メタルブラック
    Gamakatsu ノッキンロール SR-60 #19 ゴールデンシャッド
    Gamakatsu マイクロスピン

花木 陽太 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 琵琶湖

こんにちは。
ラグゼスタッフ花木陽太です。

今回は雨天の琵琶湖に釣行してきました!
この日の雨は今までの釣行時の雨とは違い、とても暖かい雨。
雨でプレッシャーが下っているので、普段は警戒心が強いビックバスを狙います。

170519_hanaki_01.jpg

選択したルアーは、ヘビーウエイトタイプのスイムベイト。
ロッドはLUXXE ATS05 B76H Flip Masterで、ラインはフロロ16lbです。
このタックルで他の釣り人より飛距離を稼ぎ、広範囲に回遊性の強いバスを狙いました。

午前9時頃、75m以上のフルキャストからのリーリングを開始。
すぐにコツッと小さなバイトがありました。
この感じのバイトは経験上ビックバスの可能性大です。
すかさずラインスラックを巻き取り、全体重を移動させて超ロングストロークでフッキング。
大きな障害物でも引っ掛けてしまったかのような重量感が伝わりました!
ウィードに潜られないようタックルバランスを信じ、半月状に曲がるロッドパワーを生かし強引に巻き続けました。

170519_hanaki_02.jpg

ランディングした魚は61センチ4.5キロを超えるビックバス!
雨の中、信じて巻き続けたかいがありました。
最近はこのLUXXE ATS05 B76H Flip Masterの話題ばかりですが、この通り超ロングキャストが可能で75m以上沖の60クラスのバスの顎をしっかりとフッキングし、強引に引き寄せる事ができて尚且つ軽く、操作性の良い素晴らしいロッドなのです。

何度もしつこいですが、琵琶湖の陸っぱりでは間違い無く「これ1本」といったロッドです。
リアグリップが短い事もキャスティングの釣りには操作性が上がり、とても使用しやすくなっています。

170519_hanaki_03.jpg

その後はノッキンロールのテクトロにて40センチクラスのバスを1本キャッチし、終了となりました。
今回は休日が恵みの雨にあたりプリスポーン、アフタースポーンと様々なバスの活性が上がった為、とても良い釣行ができました!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B76H Flip Master
リール:アンタレスDC、スティーズA TW
ライン:アプロード カモフラフロロ14lb、16lb

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 大橋川

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

このところ好調なバチパターンの釣行が続いていたので、魚のベイトパターンで大きなシーバスが釣りたくて大橋川の明暗部に行ってきました。
想定しているベイトはコノシロ。
下げ潮の強い流れの中から引き寄せる必要があるので、ロッドはLUXXE リフレックス ティガロ 96MHをチョイスしました。
このロッドはティガロシリーズの中でもパワーファイトが出来るモデルなのですが、大きめのルアーをピンスポットへ運べる高いアキュラシー性能も持っています。
ピンッ!!とした張り感なのに魚を掛けるとしっかり曲がり、パワー勝負が必要とされる状況で間違いなく活躍してくれる一本です。

170510_hamada_01.jpg

友人と2人で日が西に沈む頃にウェーディングを開始。
潮はトロトロと上げで流れて、狙いの流れとは真逆ですが、水の色も良くて下げ潮に期待が持てます。
当然、明暗は形成されていませんが待てるはずもなくスタートし、立ち込んだ辺りの手前のブレイクをサイレントアサシン99SPをトゥイッチングでアピールさせて探っていきます。
2匹のフッコサイズをキャッチをして、本日の坊主は無事に回避。(笑)

170510_hamada_02.jpg

やがて完全に潮は止まり、ゆっくりと下げ潮で流れ始め、辺りも暗くなり、橋の下にもくっきりとした明暗部が形成されてきました。
光の当たったところにはオダエビが群れ始め、どこからともなくコノシロの群れも入ってきて水面に波紋を広げ始めます。
流れが少しずつ強くなり、この状況を待ってましたと明暗攻めをスタート。
レスポンダー149をキャストして流れに乗せて明暗へと流し込みます。

早々に友人にフッコサイズがヒットし、続いて私にも同じサイズがヒット。
ルアーにもコノシロがゴツゴツ当たってすご~く釣れそうな感じです。

そして、時合い突入。
2人して反応の出るレンジを確認しながら、ルアーローテーションをしてグッドサイズのシーバスを連続でキャッチ&リリースしていきます。
何匹キャッチしたか分からなくなった頃、ルアーをワイロー109へチェンジし、LUXXE リフレックス ティガロ 96MHを振り抜き正確に狙いのスポットへ。
小さめのルアーですが、大きく動いてくれる大型狙いのミノーを送り込むと...狙い通りのビッグバイト!!(笑)

170510_hamada_03.jpg

ランカーサイズを確信したので、あえてLUXXE リフレックス ティガロ 96MHとTGW製トレブルフックの能力を試す為にラフファイトです!!
友人も驚く程の早さでネットイン。(笑)
90オーバーの見事なランカーをキャッチする事が出来ました。

ファイト中、タックルに不安要素を感じる事は全くなく、ランカー仕様のタックルである確信を持つことが出来ました。
その後も変化するバイトレンジに対応し、多くのシーバスに出会うことができました。

また投稿します。(^ ^)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
リール:3000HGM
ライン:1.2号
ライン:25lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4、#6
    Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) #6
    Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ショートシャンク #6
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月初旬
■場所 ・・・ 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

170508_otsu_01.jpg

今回はゴールデンウィークを利用して養老水系全域を回り、春バスを狙ってきました。
スポーニング時期も中盤に入り、プリ・ポスト・アフターが混在。
GW連休と言う事で多くのアングラーで賑い、一級ポイントは立ち代り入れ替わりでハイプレッシャー化していました。
そんな中、ポイント毎にスポーニングの進行具合により多種多様なリグを選択して良型を狙いました。

まず、朝一はGamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)を使用して、プリ・ポストを狙います。
オスを探しながら泳いでいると仮定して、シャローエリアをトレース。
ボトムまでルアーを潜らせ、ボトムに当てて浮かすを繰り返します。
すると、浮かせた瞬間や巻き始めにグーっと重たくなるバイトがあり、良型を釣る事に成功。

170508_otsu_02.jpg

日が昇ってからはメスバスがシェードに入るため、シャローエリアのオーバーハング周りをヘビーダウンショットのロングシェイク。
激しくシェイクするとバスが違和感を感じてしまうため、軽めにシェイクさせるとバイトがあり、良型を釣る事に成功しました。

上記は産卵行動をしているプリ・ポストの狙い方ですが、次は進行が進んでいるエリアでのアフターの釣り方を紹介します。
まずはシャローエリアの縦ストに高比重ノーシンカーを撃って行くと、フォール中にコンっと微かなバイトがあり、フッキングして良型のアフターを釣る事に成功。

170508_otsu_03.jpg

次は流れがよれているポイントにGamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチのダウンショットをキャストし、長めのステイ。
反応がない場合はゆっくりとズル引きさせてステイを繰り返すと弱弱しいバイトがあり、こちらも良型のアフターを釣る事に成功しました。

ポイント毎で的確なリグを選択する事で、良型を釣る事が出来る季節ですね。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:4lb
ルアー:Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーSF KGウィードレス

ロッド:LUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master "MOVE"
ライン:7lb
ルアー:Gamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)

ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:7lb
ルアー:高比重ワーム
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:10lb
ルアー:Gamakatsu W.I.S.フラットストレート 3.75インチ
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

この時期は、ボートを所有している釣友のご好意で「春限定・コウナゴ付シーバスのバーチカルジギング」に誘っていただきます。
例年ならゴールデンウィーク頃から本格化するはずなのですが、何せ肝心のコウナゴが過去最低レベルの少なさ。
本来だったら釣友もバンバン釣っている時期なのですが、全く釣果が上がらないとのことでした。
そんな状況でしたが、折角のお誘いなので、大苦戦必至でお邪魔しました。

170505_miyazaki_01.jpg

朝マヅメから出船して実績ポイントを回りますが、案の定釣れません...。
やっぱり厳しいねぇと話をしていると、キャプテンの友人が何やら閃いた様子!
ちょっとダメもとで...とポイント移動をしたら、「魚探に反応が出てる!ジグ入れて!」と声がかかりました。
早速投入し、ボトムまで落として巻き上げてワンアクションを入れると「ゴン」!と待望のアタリがありました!
明快で派手なアタリとグイグイと突っ込むパワフルな引き!
これぞ、コウナゴ付きシーバスです。

170505_miyazaki_02.jpg

更に、アタリが続きます。
フォールでもヒットしてくるぐらいの高活性で、ヒットヒットの連続でお祭り状態!
一気に船中二桁・全員安打の釣果になりました!

しかし、それもつかの間、しばらくすると反応が全くなくなりました。
その後も何か所か回りましたが、全く反応出ず。
完全沈黙状態になったので、早々に納竿しました。

170505_miyazaki_03.jpg

さて、今回のバーチカルシーバスジギングでは使用するジグが30~60gで、その中でも30~40gが中心というケースでした。
それを考慮してチョイスしたロッドは、LUXXE デッキステージ ファインアクター B65ML-Rです。
これが大正解で、とにかく楽しめました。
シーバスの引きにしなやかに追従、バットまで入って粘るので、バーチカルならではのパワフルファイトをダイレクトに感じることができるロッドです。
こういうテイストのロッドを使う事で、楽しさも更に増すと思います!

更に、フックはGamakatsu シーバスアシスト 岸壁ジギングを使用しました。
安定の刺さり、そしてホールド力。
とりわけ、「軸の強度」がパワフルなファイトに対して安心感をもたらしてくれました。
その結果、厳しい状況下で4本捕ることができ、大満足です。

しかし、友人の「閃き」は、まさに神タイミングでした。
あの一瞬の時合を逃していれば、完璧にボーズでしたね。
友人の「経験」による釣果で感謝感謝です!!
また機会があればチャレンジしたいと思います。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ ファインアクター B65ML-R
フック:Gamakatsu シーバスアシスト 岸壁ジギング

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

LUXXEスタッフの山本康典です。
久しぶりにアジングに行って来ました。

170501_yamamoto_01.jpg

暗い時は解りませんでしたが、釣り上げたアジがマイクロイワシを吐き出したので食ってるベイトはこれだなと思いました♪
良く見ると、表層付近でベイトを追い回してるところを確認。
最初はカウント0~5ぐらいでガンガン当たりましたが、引っ手繰るように食う為、フッキングミスや掛かりが悪くバラシが多く、苦戦しました。
しかし、居るで在ろうレンジで少し巻きを入れると良い掛り方するようになりました!!
肉厚で体高もあり、パワフルなので1匹1匹が凄い引きでした(#^.^#)

170501_yamamoto_02.jpg

この日はランディングまでに時間が掛かる上、ベイトに付いてるので動きも速く、レンジもバラバラで数はそんなに釣れませんでしたが、良型揃いでした(^^)/
普段、滅多にやらないアジのプラッキングでも釣れたし、日が昇ってもシェードを意識するとそれなりに釣れて凄く楽しかったです。

170501_yamamoto_03.jpg

Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ナノスムースコートは刺さり過ぎて、外すのが大変です(笑)
その分バラシがありません♪
本当に良く刺さるので細心の注意を払った上で是非、使ってみて下さい

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫EX S74L-solid.RF
    LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF
フック:Gamakatsu キャロヘッド 1.6g #4
    Gamakatsu ラウンド29 2.6g #6
    Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム) ナノスムースコート #14
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

停滞ムードから一転、再び上向きムードの磯。
マヅメ時の、ここ!というタイミングでガツンとアタックしてくるバイト。
そのアタリをワクワクして待つ至福の時...。
今年の春磯は、サイズ、コンディションも良く、数にも恵まれているので申し分ありません。

170428_miyazaki_01.jpg

何回かレポートさせて頂いている通り、その大型シーバスに振り抜け、感度、パワー、しなやかさの高いパフォーマンスで対峙できるLUXXE リフレックス ティガロ 96MHは最高の相棒です!

170428_miyazaki_02.jpg

そんな中、この日は不意の大物、「ブリ」がヒット!
なんだかやたらとヘッドシェイクのスピードが早くて回数も多いな、やたら引きの強いシーバスだな、なんて思ったら、ランディングしてビックリでした(笑)
ブリをも軽々と制するLUXXE リフレックス ティガロ 96MH...恐るべし♪

170428_miyazaki_03.jpg

ちょっと嬉しい「事件」な朝のご報告でした♪

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム)