木下 大介 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 丹後

フィッシングライフの撮影でホームエリアの丹後へ行ってきました。
海は穏やかですが、爆風で釣りづらい状況...。
しかし!LUXXEのニューエギングロッドLUXXE EG RR(ダブルアール)!
これほんまやばいです!

180915_kinoshita_03.jpg

僕がメインに使用したのは、LUXXE EG RR S79M-solidです。
エギングロッドにしては短めであるにも関わらず、キャストの振り抜きの良さ、アクション、感度...長年エギングしてる僕もびっくりしました。
しかも軽い!
一日中シャクリ続けても体の負担が少ないのはありがたいですね。

180915_kinoshita_01.jpg

風が有る状況下でもイカのアタリをしっかり感知、ボトム感知できる繊細なsolidティップは一度体感してもらいたいくらいです。
アクションも軽い入力でロッドが勝手に仕事してくれる...と言えば伝わるでしょうか?

180915_kinoshita_02.jpg

詳しくは番組をご覧ください。
爆風の中、しっかりアタリをとり掛けまくってます!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE EG RR S79M-solid
    LUXXE EG1 S86M-F
リール:C3000番
フック:LUXXE エヴォリッジ 3.5号
    LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月某日
■場所 ・・・ 宮津養老港

宮津養老港「新幸丸」さんで、イカメタルゲーム行ってきました。

180916_miyazaki_01.jpg

どうも今年は好調のようで、特に9月入ってからは良い釣果が続いているようです。
そんな中、先日は僕も88杯の釣果に恵まれました。
この日は少ない人でも70杯、多い人だと100超えで船中皆さん好釣果でした。
更にその翌日には船中全員100オーバー(!)だったとのことです。

180916_miyazaki_02.jpg

イカメタルの釣行をお考えの方、今がチャンスかもしれません!

180916_miyazaki_03.jpg

イカメタルの際には、Gamakatsu イカメタルリーダーがオススメです。
豊富なラインナップで、状況に合わせた長さの仕掛けが素早く装着でき、とっても便利です♪

<タックルデータ>
ライン:Gamakatsu イカメタルリーダー(2本3本

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月某日
■場所 ・・・ 某所

今年の春シーズン~夏にかけては、諸々の所用でまったく釣行できませんでした。
その分を取り戻すべく、秋シーズンはなんとか釣行時間を確保して良いご報告ができるようにしていきたいと思います!

180915_miyazaki_01.jpg

私がホームとしているエリアにおいては、秋のナイトゲームではサヨリがメインのベイトとなります。
一時的にコノシロやヒイラギなどが溜まったりすると、そちらを偏食するタイミングもありますが、秋からミゾレが降るぐらいまでの間はサヨリが中心です。

早速、そのサヨリが溜まっているであろうポイントに状況等のチェックのつもりで釣行しました。
先日から雨が続いていた影響で濁りが入っており、良い感じだなーと思って暫く様子を見ていると、小さめのサヨリと思しきベイトがザワザワしたので、試しにルアーをキャストしてみることにしました。
すると2投目、足元でギラッと反転しながらシーバスがルアーを引ったくっていきました!
突然の予期しないヒットにビックリしたことと、実に半年ぶりとなるシーバスのファイトに少々腰が引けながらも、Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)が良い所をフックアップしてくれたお陰で何とか無事キャッチ!

180915_miyazaki_02.jpg

この直後に、さらに2度シーバスのアタックがあり、そのうち1本ヒットしましたが、これはバレてしまいました。
無理なやり取りをしたという原因が明確で、3フックのうち1つは伸び、1つは折れていました。
やはり、装着フックの強度に対して適切なテンション限界を守らないと、いくら高性能なフックでも残念な結果になってしまいます。
さらに、浅掛りの場合はどうやっても伸びてしまうことがほとんどですので、強いテンションでファイトするというのは根がかりやラインブレイク回避以外はデメリットしか無いと改めて感じました。

それにしても、久々の釣行でしたが上出来の結果です。
しかし、これは良い状況のようです。
こういう状況下でないと検証できないことも沢山あるので、ヒットとバラシが教えてくれた要因を自分なりに整理と修正をして翌日も釣行しました。
結果は...上手くいきました!
納得です!

180915_miyazaki_03.jpg

絶好のスタートを切ることができたので、今年の秋も良いシーズンにしたいです!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 宍道湖

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

今回は宍道湖ボートシーバスの模様をレポートします。

180809_hamada_01.jpg

宍道湖はモンスター級のシーバスと出会える可能性が高いフィールドとして、全国的にも知られるようになってきました。
陸っぱり、ウェーディングでも十分に大型の実績はあるフィールドですが、ボートからアプローチすることで、比較にならないほど広い範囲を探ることができ、大型と出会う可能性が何倍も高くなります。
近年は遊漁船も増え、多くのボートシーバスアングラーが宍道湖を訪れるようになりました。

180809_hamada_02.jpg

宍道湖は午前中にシジミ漁が行われているので、水・土・日曜日の休漁日以外は、午前中にボートを入れないようにしています。
遊漁船はもちろん、プレジャーボートも自主的にこのルールを守ってシジミ漁の邪魔にならないよう気をつけています。
当然ですが、ウェーディングゲームの場合も、シジミ漁とウェーディングポイントは重なっているので、同様に注意しなければなりません。

釣行日は平日だったので、午後から出撃。
到着して早々にベイトによる水面変化を発見しました。
すかさずマヒペンを投入して丁寧にドッグウォーキングさせて誘うと...バッコーン!!と、水面が割れてフックアップ成功!!
大きくはありませんが、幸先良くアグレッシブな宍道湖シーバスをキャッチしました。
もはや当たり前ですが、TGW製のトレブルフックに交換しているので、フックアップ率は確実に上がるのは必然です。
強度面においても、トルクをかけたパワーファイトも可能なので、不意に来るビッグフィッシュにも安心ですね。

180809_hamada_03.jpg

このシーバスをキャッチ後、潮目に沿ってボートを流し、コノシロを意識したシーバスをビッグベイトでサーチ。
面白いようにシーバスからのコンタクトがあり、グッドサイズのシーバスが連発しました。
ベイトタックルを使用したパワーファイトにおいても、ベンドが開くことは皆無。
多くのシーバスと出会えて大満足の釣行となりました。

<タックルデータ>
リール:3000HGM
ライン:PE1号
ライン:リーダー ナイロン22lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4、#6
    Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) ハイパーシールド #1、#4
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

今回は島根県出雲市の宇龍漁港から出船している遊漁船「磯辺丸」様にお世話になって、イカメタルゲームに行ってきました!
18時に出船。(^^)

180709_nagata_02.jpg

ポイントは水深45mほどでした。
明るい間はまだベイトが船の周りに寄っていないので、ヒットするレンジは基本的にボトム付近です。
そこで、ボトムから3m位までを重点的に、時折、目先を変えるためにボトムから10m位まで巻き上げて、再度ボトムまでフリーor2mずつのテンションフォールを繰り返していると、集魚灯が点く前にボトム付近でのシェイク→ステイでティップのテンションがわずかに抜けるアタリで、待望のファーストヒット!!
上がってきたのは、胴長30cmの中剣サイズでした。(^^)d

180709_nagata_01.jpg

このヒットを皮切りに、水深35m~ボトム付近で、いきなりプチラッシュに突入♪♪
レンジが深かったので手返しはイマイチでしたが、1投1杯状態でした!
さらに集魚灯が点灯し、ベイトが固まり、浮いてきたタイミングで水深10m台でスーパーラッシュに突入です。(≧∇≦)

深めのレンジでは、シェイクしながらシャクリ上げてのテンションフォール。
浅めのレンジでは、2段シャクリ→フリーフォール→ステイのパターンで量産態勢となりました。(*^▽^*)

180709_nagata_03.jpg

23時納竿、僕の釣果は70杯オーバー!!

その日、その時間によってレンジもパターンも変わりますので、ラッシュ中でもアタリがなくなれば少しレンジをずらして探ったり、アクションを変えるなど工夫することが重要ですね。
また、レンジについては同船の方と情報を共有することも大事なポイントです!
イカメタルゲームは、初対面の方同士でも「○○mで当たったよ!」などと声を掛け合うことで、情報を共有し、チームプレーで釣果が伸び、さらに皆で盛り上がることができるホントに楽しい釣りですので、皆様も是非イカメタルゲームに出掛けてみてはいかがでしょうか♪♪

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
    LUXXE スピードメタル B65ML
ライン:鯛の糸 0.6号、鯛の糸リーダーSV-I 2.5号
リーダー:Gamakatsu イカメタルリーダー(3本)

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 南紀

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。

先日、南紀ティップラン「RED MONSTER」狙いでいつもお世話になっている、和歌山県串本町の遊漁船「悠真丸」様にお世話になって、今シーズン初のイカメタルゲームに行ってきました。
事前情報ではまだシーズン初期ということもあり、メインターゲットのアカイカ(ケンサキイカ)に麦イカ&スルメイカ混じりで、1人平均25杯程とのことでした。

180704_nagata_01.jpg

久しぶりのイカメタルゲーム!!
やる気満々で18時半に出船しました。
ポイントは港から10分!
水深45mほどのポイントでスタートしました。

明るい間は、ベイトの反応があるものの船中誰もアタリがなく...「今日はちょっとヤバいんじゃ...」みたいな雰囲気になりましたが、暗くなりベイトの反応が濃くなると、待望のファーストヒット。(≧∇≦)
しかも、いきなりアカイカのダブルでした。(*^▽^*)

180704_nagata_02.jpg

そこからは、23時の納竿までラッシュもありコンスタントに釣れ続き、アカイカに麦イカ&スルメ混じりで50杯ほどゲット。(^^)d(麦イカ&スルメは5杯ほどでした)
パターン的には、スッテを早く動かしたり、タナ直撃、誘い上げを多用すると麦イカ&スルメが先に当たってくるような状況でした。
そこで、狙いのタナの3m上から徐々に誘い下げ、あまり激しくは動かさず、軽めのシェイクを入れながらロッドを持ち上げてからのテンションスローフォールでアカイカ量産!
大満足のイカメタルゲーム開幕戦となりました♪♪

この日はベイトが濃いものの固まらずバラけており、タナがコロコロと変わり難儀しました。
しかし、そこは同船の他のお客様とも「○○mで当たったよ!」と情報を共有し、効率良くゲットできました。
船長も仰ってましたが、イカメタルゲームはチームプレーで釣果が伸び、更に盛り上がれるホントに楽しい釣りです♪♪

180704_nagata_03.jpg

南紀イカメタルゲームは今後更に良くなってくると思いますので、皆様も是非「大人の夜遊び」に出掛けてみて下さいね。\(^o^)/

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
    LUXXE スピードメタル B65ML
リール:17'Barchetta 201HG
ライン:鯛の糸 PE X8 0.6号、鯛の糸 リーダー SV-I 2.5号
ライン:Gamakatsu イカメタルリーダー(3本)

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

ラグゼスタッフの山本康典です。
休みと天候が合わなくてなかなか行けなかったメバルゲームに短時間ですが行って来ました。

180613_yamamoto_01.jpg

正直、状況が解らなかったのでエリアとリグなどを絞ってやってみました!
LUXXE 宵姫 華 S74L-solidでジグヘッド単体にGamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ、LUXXE 宵姫 華 S77M-solidにはスモールプラグにGamakatsu ツインRB-Mのセッティングでローテーションしました。

180613_yamamoto_02.jpg

180613_yamamoto_03.jpg

どちらもリトリーブでは反応が無かったんですが、少し沖目のブレイクラインを潮と風でドリフト気味のフォールで誘うと微かなアタリがあり、食ってくるメバルも良型ばかりで良いファイトを楽しめました。
小さなアタリを明確に伝えてくれるロッドに刺さりが抜群で間違いないフックは、時合いが短くミスが痛い状況で本当に助かりました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫 華 S74L-solid
    LUXXE 宵姫 華 S77M-solid
フック:Gamakatsu キャロヘッド #3 1.6g
    Gamakatsu ツインRB-M #8
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

木下 大介 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月某日
■場所 ・・・ 宮津市

5月ラストエギングということで、メインホームへ行ってきました。
今回は丹後半島の東側、宮津市でのエギングです。
というのも、この春、丹後半島西側は超絶不調。
産卵のキーとなる藻が少なく、さらに回遊ルートがかなり沖?なのか接岸率が低い感じです。
東側の宮津や舞鶴、若狭エリアはまだマシなのですが、例年よりは少ないようです。

180531_kinoshita_01.jpg

朝マズメのポイントは朝から、横からの爆風...思うように釣りが出来ず苦戦しました。
しばらくすると雷が鳴り出し、豪雨にて撤収。
ポイントを大きく移動し、去年実績の良かった養老漁港へ向かいました。
着いてみると墨跡も少なく(墨は流しましょう)不安になったもののキャスト開始。
明るいうちは風も強く、厳しい状況でした。
防波堤をランガンし、夜7時前にヒット!
キロアップ確定の重量感です。
海底のアマモスレスレまでエギを落とし、3回スラックジャークからのフォールで抱いてきました。
ギャフを掛けランディング...と思いきや...ギャフを掛けた位置が悪く、身切れでぽちゃん。
しかし、後ろにデカイ個体が着いてきていたのを確認したので、まだ居る!と気を取り直してキャストし続けました。
8時を回った頃(真っ暗で何も見えません)月も出てる状況だったので、ボトムより中層ぎみにエギを漂わせるイメージでアクションからのフォールを入れた瞬間、ティップから微かに重量感が伝わりアワセると...LUXXE EG1 S86M-Fがぶち曲がり、きつめに設定したドラグが出ました。
デカイと確信!
さっきのバラシ(いや...落とした?)もあるので慎重に慎重にやりとりをします。
ヘッドライトに照らされたサイズに興奮するものの、今度こそがっちりギャフ掛け成功!
早速計ると...1,853gの立派なオスでした。
その後、雨がパラついてきたためストップフィッシング。

180531_kinoshita_02.jpg

今回もLUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号が大活躍してくれましたね。
風の影響を受けにくくロッドのアクションに素直に追従し、安定したフォール姿勢でイカを抱かせてくれます。
マジおすすめしますよ。
6月はサイズアップ狙ってガンガンしゃくります。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE EG1 S86M-F
リール:セフィアci4+C3000S
ライン:PE0.5
ライン:フロロ2号
フック:LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号
スナップ:Gamakatsu 音速エギスナップ M

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

先日、ホームである岐阜県養老水系へ出撃してきました。
釣行日は雨上がりからの晴天。
案の定、爆風&増水のバットコンディションでした...。

180529_otsu_01.jpg

しかし、いつものことだと思い、気にせず釣っていこうと決意。(笑)
まずは、風裏の護岸沿いに沈むストラクチャーを狙います。
ネコリグをコンタクトさせてステイさせると...早速、バイト。
幸先良く釣ることが出来たものの、その後、白波が立つほど爆風になってしまいました。
ほぼ全域で風の影響があり、しばらく収まるのを待つことになりました。

数時間後...風が弱まったタイミングでリスタート。
リーズ周りに高比重ワームのノーシンカーを撃っていく...すると、フォール中にラインが走りました。
アベレージサイズをゲットです。

180529_otsu_02.jpg

しかし、後が続かないので移動しました。
移動したポイントも川なりに風が吹いており、護岸際にはバスが身を潜めることが出来る太い杭が隣接していました。
田んぼの代掻きと爆風で底荒れしているたので、波動が強いチャターベイトで丁寧に中層をトレース。
そして、杭の横を通過する時に強烈なビックバイトです!!
杭から一気に引き離し、オープンエリアで慎重にやりとりして上がってきたのは、なんと、50アップ!!
このコンディションの中、アフター回復バスを釣ることができ、今年一番嬉しい釣果になりました。
アフターの個体が多くなってきてますので、縦ストがキーポイントになりますね。

180529_otsu_03.jpg

さてさて、釣果の方はさておき、今回はLUXXE イフリート B64MH-Rの初陣となりました。
養老水系ではショートレングスのロッドをとても重宝します。
ほぼ1日中、ショアラインのストラクチャーをショートキャストで狙うことが多く、キャスト時には360度オープンスペースがあるわけではなく、限られた空間でのキャストが必要です。
そして、この水系では様々なストラクチャーが数多く点在するため、ロッドパワー・トルクが必要不可欠。
掛けたバスをストラクチャーから一気に引き離すことが出来なければならないため、このモデルの性能をフルに発揮できます。
「トレカT1100G+高弾性カーボン」によって構成されたブランクスはパワー・トルクはもちろん、その反発力で快適にロングキャストが可能。
ホントに「まさに異次元」と言える最高傑作ですよ。
絶対に損はしませんから。
では、また投稿したいと思います。

<タックルデータ>
【ネコリグ】
ロッド:LUXXE イフリート S70MH-F
リール:LUVIAS 2004
ライン:フロロ 5lb
シンカー:インサートシンカー 1/16oz
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーHD KGウィードレス 1/0
ワーム:G2ストレート 6インチ

【ノーシンカー】
ロッド:LUXXE イフリート B64MH-R
リール:ALDEBARAN
ライン:フロロ 10lb
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R 2/0
ワーム:DYNAGONE

【チャターベイト】
ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
リール:ALDEBARAN
ライン:フロロ 8lb
ワーム:1/4ozチャターベイト

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

明け方の気温が上がってきて、いよいよ春の雰囲気を感じるようになると大好きな春磯が気になってきます!

180521_miyazaki_01.jpg

コンディションの良い、良型のシーバスがヒットしてくるのが魅力ですが、それより何より、特に春の磯は春の訪れと共に一気に生命感が溢れだす雰囲気がすごく好きです。
大好きな春の磯でナイスなシーバスをゲットできたところで、今年も春がやってきたことを体感できました♪

180521_miyazaki_02.jpg

足場の低い磯や、良型のシーバスを狙うにあたってはLUXXE リフレックス ティガロ 96MHが最高ですね。
特筆すべきは「96という長さで、MHというパワーモデル」のロッドとしてはちょっとオカシイぐらいの振り抜け感です。
重くるしい感じなど皆無で、軽快そのものです。
その「振り抜け」の恩恵で、逆風も切り裂くような感覚でキャストでき、こちらもメッチャお気に入りのモデルです。

180521_miyazaki_03.jpg

さーて、河川のシーバスもそろそろですし、春シーズンのピーク近し!!というところですね!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)
    Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム)