浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 鳥取県 境港市周辺

日毎にあったかくなり、待ちに待った春がもうそこまで来ましたね。
私のホームエリアである鳥取県境港市周辺では、この時期になるとシラスなどの小さなベイトが港湾部に入って来て、それを狙うシーバスとサゴシも大きな群れで回遊してきます。
このお祭が始まるのを心待ちにしていると、先輩から吉報がありました!!

170320_hamada_01.jpg

次の早朝、夜明けと同時にボートを出してホットなポイントへ。
到着するとポイントには多くのボートが集まり、海鳥もいたるところで水面を突いています。
水面にはシーバスやサゴシがライズを繰り返し、シラスやサッパが突き上げられていました。

先ずは水面から...とスピニングタックルにCOO70をセットして狙うと、入れ掛かりスタート!!
数匹キャッチしたところで、Gamakatsu レンジスイマー タイプボトム 12g+アルカリにチェンジして少し下のレンジを狙うと、さらにバイトが倍増!!♪(@^-^@)♪

170320_hamada_02.jpg

ある程度、日が昇って来たところで水面が静かになったので、LUXXE デッキステージ ファインアクター B65M-Rを使用してシーバスジギングにチェンジ。
30gのメタルジグを巻いて落とすを繰り返すと、これまた連続バイトが始まりました。
特にジクのフックにGamakatsu アシストフック クイックスナイパー ダブルを使用してるので、今まで使用してたフックと比べてフォールでのフックアップ率が驚く程高くなりました。
これはフックに施されたナノスムースコーティングの恩恵なのです。
滑りが良いので外れやすくなるのではと思われがちですが、一瞬でフックのフトコロまで刺さるし、針穴も小さいのでそんな心配は全くありません。

170320_hamada_03.jpg

キャスト&ジギングでサイズは出ませんでしたが、3時間の時合いで数釣りを堪能することができました。
COO70には新しく発売されるGamakatsu トレブルSP M(ミディアム)ナノスムースコートを使用してみましたが、合わせの動作を入れなくても深く刺さる明らかな違いを体感することが出来ました。
この刺さりの良さはマジで凄いです。
みなさんも是非お試しあれ!!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ ファインアクター B65M-R
リール:リョウガベイジギングC1012HWL
ライン:PE1号
ライン:リーダー22lb
フック:Gamakatsu アシストフック クイックスナイパー ダブル #2/0
    Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム)ナノスムースコート #7
ルアー:Gamakatsu レンジスイマー タイプボトム 12g

花木 陽太 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 滋賀県 琵琶湖
■場所 ・・・ 3月初旬

ラグゼスタッフ花木です。

今回は早い春を探しに、琵琶湖で釣行してきました。
当日は天候に恵まれず吹雪の中の釣行となってしまいましたが、それではと残り僅かな冬を楽しむ為、冬らしい釣りを展開することにしました。
冬の釣りといっても、ライトリグを結ぶわけではありません。
春同様、Gamakatsu スイミングショット チューンド"コブラ"にスイミングワームをセットし、超スローな釣りをする...これが私の琵琶湖での基本的な冬の釣りです。

170315_hanaki_01.jpg

ロッドは、琵琶湖陸っぱりではLUXXE ATS05 B76H Flip Master!!
年中これ1本で全ての釣りを賄えるといっても過言ではない程、パワー、感度、操作性、どれをとっても素晴らしいロッドに仕上がっています。

170315_hanaki_02.jpg

吹雪が舞う極寒の中、午前9時頃にチャンスタイムが到来。
一瞬雪が止み、強風向かい風の中投げ続けていたピンポイントで待望のバイトがありました。
ロッドの長さ、バットパワーを活かし、ロングストロークでフルパワーフッキングです。
ドスンと伝わる重みを感じたと同時に、冬のバスとは思えないファイト!!
バットパワーで力強いファイトを吸収し、歓喜と共にキャッチした魚は50cm後半、3キロクラスの冬らしい丸々と太ったバスでした。

170315_hanaki_03.jpg

今回はまだ春を感じることはできませんでしたが、残り少ない冬を存分に楽しむ事ができ、春に向けてのスタートを予感させてくれる釣行となりました。
まだまだ雪の残る琵琶湖ですが、自己記録を塗り替える事のできる確率の高い季節でもあります。
安全面に気をつけて、是非釣行してみて下さい。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B76H Flip Master
リール:アンタレスDC
ライン:アプロード カモフラフロロ16lb.
フック:Gamakatsu スイミングショット チューンド"コブラ" 10g

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 2月21~22日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。m(_ _)m
LUXXE STAFFの永田広也です!

今回は2月21~22日に1泊2日で南紀ティップラン、レッドモンスター狙いに行ってきました。(^^)/
お世話になったのは、両日ともに和歌山県串本の遊漁船「日正丸」様です。

初日は前日の時化の影響で朝からは出船できず、昼前からの出船となりました。
状況的としては、前日の時化の影響でうねり+濁りが...。
17℃台で安定していた水温も、15℃ジャストまで下がっていて厳しい展開になりました。

170308_nagata_01.jpg

結局、夕方まで頑張りましたが...船中4名で5杯(全て白系キロ以下)。
僕は2杯でした。(^^;

そして、2日目!!
残っていたうねりがなくなり、風は微風。
潮もゆるーくですが動くタイミングもあり、初日よりは状況は上向きでした。(^^)

水温が15~16℃台で潮も緩かったのでラッシュはなく、数はそこそこでしたが、友人が4キロ、僕が3キロを捕獲するなど、これぞ「レッドモンスターハンティング」!!という迫力のある釣果になりました。(^^)v
船中は5名で4,145gを頭に10杯。
僕の釣果は3,250gを頭に3杯でした!
ちなみに4キロ捕獲の友人は...ティップラン1年目です(笑)

170308_nagata_02.jpg

4kg捕獲ロッドは...LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F。
潮のみで船が流れる時はエギが真下に落ち、バーチカル状態になるので、ベイトタックルでの二点式リグが強いです!!

この日のポイントは「二点式リグと...探るタナ」でしたね!!
ほとんどが5m以上シャクリ上げてのヒットでしたので、5~10mも探っていた3名で10杯です。
ボトム付近しか探っていなかった2名はゼロ...。

潮が緩かったのでイカが浮いていたのか、長くアピールして活性を上げるパターンが効いたのかは分かりませんが、5~10m位はシャクリ上げないとヒットしない日もありますので、その日のパターンを掴むまでは色んなタナを探ってみて下さいね。(^^)

170308_nagata_03.jpg

水温も恐らく今が最低値。
今からは水温が上がってきますので、3月、4月はまだまだ数も型も出ると思います。(^^)♪♪
皆様も是非、ティップランでレッドモンスターを狙ってみて下さいね。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR S510MH-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
    LUXXE EGSP S60MH-solid.F
ライン PE0.4号、フロロ2号
ルアー:ダートマックスTR-BK30g、エギ王K4号

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 島根半島

皆様、こんにちは。m(_ _)m
今年の冬は例年よりも雪がたくさん積もった山陰地方。
なかでも鳥取県は除雪も間に合わないようなドカ雪も数回あってそれはもう大変でした。(汗)

比較的積雪には慣れている地域なのですが、被害も少しですが出たようです。
皆様の地域は大丈夫でしたか?

何かと忙しく釣行したくても、なかなかタイミングが合わない悶々とした日々を過ごしていました。
しかし、ようやく久しぶりに短時間ですが釣行してきました。

170305_hamada_01.jpg

そこそこ波がある予報だったので、島根半島の地磯に行ってみました。

選んだポイントは比較的家から近いポイントで、昔夢中になって通った磯。
この場所に入るのは何年ぶりか分かりませんが、釣れるイメージはバッチリです。

予測してたよりも波が高かったので、危険な立ち位置を外してサーチ開始!!

足下に広がるサラシにルアーを通しながら、移動しながら、探ってみたものの反応がありません。
しかし、十分なドキドキ感を味わえて、とても楽しいんですよね。(笑)

そして...本命のスリットのサラシにルアーを通すと待望のヒット!!

LUXXE ソルテージ チータ RR 106MHのパワーであっという間にズリ上げてキャッチ成功!
コンディションの良い磯マルをキャッチする事ができました。

170305_hamada_02.jpg

連発するかと次を狙ってみましたが、この日はこれで終了。
久しぶりに緊張感を楽しんだ釣行でした。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ソルテージ チータ RR 106MH
リール:4000HG
ライン:1.5号
ライン:35lb
フック:Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) #2

主原 剛 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

毎年この時期に舞鶴湾に集まるサワラを狙うため、舞鶴西港から出るシーホークさんに乗ってきました。
特に今年は久しぶりにサワラがよく釣れているとのことで期待大です。

170227_nushihara_01.jpg

朝イチに湾奥で釣れるタチウオを狙いましたが、こちらは不発でした。
すぐに見切りをつけて舞鶴湾内のサワラポイントへ着くといきなりヒット!
トリプルヒットに始まり、1日中飽きること無く釣れ続け、最終的には14本釣り上げることができました。

170227_nushihara_02.jpg

ジグは小型のものが良くて、定番のアカキン系の他にミラーフィニッシュのものの食いが良かったです。
何より牙物相手に作成されたGamakatsu アシストフック 筋鋼(すじがね)が非常に良い仕事をしてくれて、アシストフックを切られること無くランディングに持ち込めましたよ~!

サワラの多い海域ではオススメです!

170227_nushihara_03.jpg

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE オーシャン ジグドライブ B60UL-RF
    LUXXE オーシャン ジグドライブ S62L-RF
リール:ソルティガ15H
ライン:PE2号
ライン:リーダーフロロ8号
フック:Gamakatsu アシストフック 筋鋼(すじがね) 5/0

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月17日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です(^^)/

今回は南紀ティップラン2日目(1月17日)。
お世話になったのは、和歌山県串本の遊漁船「日正丸」様です。

この日の状況は...大きく分けて3パターンでした!
1つ目は無風、潮なしで船が流れない状況。
2つ目は無風、潮のみで船が流れる状況。
3つ目は風が吹き出し、風で船が流れる状況。

170206_nagata_01.jpg

1日のほとんどが1つ目の状態でしたので厳しい展開でしたが...、2つ目の潮のみで船が流れる状況ではベイトタックルでのお助けリグで、ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.Fを使用しました。
3つ目の風で船が流れる状況ではスピニングタックルでのエギ単体で、ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.Fを使用しました。

状況に合わせて最適なタックルで攻める事により、厳しい展開でもしっかり獲ることができました!
僕の釣果は...2785gを頭に3杯(^^)v

170206_nagata_02.jpg

そして、同船の和歌山県橋本市の林さんが4550gのスーパーレッドの捕獲に成功!
ロッドは新調したての、LUXXE EGSP S60MH-solid.Fです。
なんとスーパーレッドで入魂!
林さん、お見事でした\(^o^)/

船中は僕も含めて5名で13杯でした。

170206_nagata_03.jpg

強い寒波が通過してからは天候も安定せず数は出ない状況ですが...3キロ4キロオーバーが出る夢のあるフィールドです♪♪
レッドモンスターは5月中旬位までは狙えますので、皆様も機会があれば是非、南紀ティップランに出掛けてみてはいかがでしょうか?(^^)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
    LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:オシアコンクエスト200HG、14ステラC3000SDH
ライン:PE0.6号、リーダー2号
ルアー:ダートマックスTR、エギ王K4号

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

忙しいことと、休みに限って悪天候だったことで、久しぶりになったアジング行って来ました。
状況が解らなかったのですが、薄っすら明るくなり出すタイミングで釣り開始。
表層からミドルレンジまでは、豆アジとカマスがバイトしてくる状況でした。
狙いの良いサイズのアジは居ないのか?と思いましたが、朝一の時合いからボトムをネチネチするとようやく釣れました。

170130_yamamoto_01.jpg

通常ならば食いが起ってて浮いてることが多いのですが、狙いはボトムオンリーという事で、状況見ながらLUXXE 宵姫EX S51FL-solid.RFにGamakatsu キャロヘッド #3 1.6g、LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RFにはGamakatsu ラウンド29 #6 2.6gを使用しました。
どちらも、Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチをチョイス。

170130_yamamoto_02.jpg

170130_yamamoto_03.jpg

豆アジをかわす為に重めでやる事によって大分、軽減しました。
明らかにバイトの数は減りましたが、重めのジグヘッドもちゃんと吸い込んでくれます。
数はあまり釣れませんでしたが、尺を超えるサイズも数本釣れて楽しかったです。
普段あまり出番が無いですが、重めのジグヘッドも忍ばせて状況に合わせて使ってみてください!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫EX S51FL-solid.RF
フック:Gamakatsu キャロヘッド #3 1.6g
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

ロッド:LUXXE 宵姫EX S610UL-solid.RF
フック:Gamakatsu ラウンド29 #6 2.6g
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系 五三川

LUXXEスタッフ大津乗彦です。

今回は真冬の岐阜県養老水系五三川に行ってきました。

一月に入り寒気到来、積雪もあり冬本番です。
釣行日の朝も冷え込みが厳しく、気温もマイナス。
寒さ対策をしないと集中して釣りが出来ないほど冷え込んでいました。
完全防備し、釣りを開始。

170123_otsu_01.jpg

まずはライトリグにて冬のエリアを狙います。
しかし、流れがあり、この時期にしてはあまり良くない状況。
案の定、バスからの反応はなく途方に暮れました。

ここで続けるか、それとも移動するか?迷っていると、流れが止まり始めました。
尚且つ風も止み、気温も上がり始めて絶好のチャンス。
このタイミングで移動を決意しました。

移動先に着くなり、完全に風・流れがストップ。
このタイミングでバスは動くと思い、凹凸が激しいブロック帯をフットボールジグでロングシェイクをいれつつ丁寧に沖から探っていきます。
まずはブロックの始まり付近でロングシェイク。
反応がなかったので、シェイクしながらデッドスローにボトムをトレースします。
次のブロックに移動させ、またロングシェイクを繰り返します。

そして、ブレイクエッジ付近のブロック脇にてロングシェイクをしていると明確なバイト。
フッキングも決まり、ブロックに入られないように強引によせますが、この時期にも関わらず強烈な引きでした。
強引かつ慎重にやりとりをし、無事に良型をキャッチする事に成功。

170123_otsu_02.jpg

ポイント移動して1投目の出来事です。
今回はこっちからバスのタイミングを合わせる事が出来、価値ある1匹を釣る事が出来ました。

操作性を重視する為、ロッドはLUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"を選択しました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:フロロ7lb
ルアー:フットボールジグ

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月16~17日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です(^^)/

1月16~17日に1泊2日で南紀ティップラン、レッドモンスター狙いに行ってきました(^^)/
初日(16日)にお世話になったのは和歌山県串本の「悠真丸」様。

170121_nagata_01.jpg

前日予報では凪で、風も適度の予定でしたが...当日の朝には予報が一変(^^;
朝イチから北風11m...納竿まで終始爆風でした。
更に最強寒波の影響か、12日の時点では19度台だった水温が16~17度台になっていました。
水温低下の影響で活性が低く、バイトゾーンはボトム付近オンリー。
アクションもエギを激しく動かすと全く反応がないので、ナチュラルに泳がすイメージに切り替えてボトム付近を攻めるとアタッてきました(^^)v
同じパターンで、渋いながらも4杯捕獲成功!!
最大は1.6キロと小型でしたが、当日の状況を考えれば上出来でしょうか?(笑)
船中は僕も含めて5名で11杯でした。

170121_nagata_02.jpg

170121_nagata_03.jpg

ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.Fを使用しました(^^)
微細な当たりも逃さない超高感度ソリッドティップ搭載で、タフコンディション時でも大活躍!
僕は年間を通してメインロッドとして使用しています!

それでは...2日目に続きます!(笑)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR S510M-solid.F
リール:14ステラC3000SDH
ライン:PE0.6号、フロロ2.5号
ルアー:ダートマックスTR-BK

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 1月12日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは(^^)
LUXXE STAFFの永田広也です(^^)/

今回は2017年初釣行!
1月12日に南紀ティップランでレッドモンスター狙いに行ってきました。
お世話になったのは和歌山県串本の遊漁船「日正丸」様です。

1泊2日で2日間釣行の予定でしたが、西~西南西の風が強く、1日目(12日)は昼前に早上がりしました。
翌日(13日)は欠航。(ToT)
こればっかりは自然相手なので仕方ないですね~。

出船時から北西~西の風が強く波気もあり、ドテラでは厳しい状況。
納竿までほぼスパンカーで船を立ててのティップランプラス(バーチカル)での釣りとなりました。

170112_nagata_01.jpg

バーチカルなら上のエギが安定しスムーズに潮上に頭を向けてくれるお助けリグが圧倒的に有利!
今回は爆風+ディープでしたので下のエギは終始90gを使用しました。
お助けリグはスピニングタックルでも可能ですが、ヘビーウェイトの場合はベイトタックルの方が快適です(^^)
その理由はボトム感知の精度、エギの初動の早さ、アワセやすさ、シャクリ&回収の楽さ!(笑)

ロッドはLUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.Fをメインに使用しました。
ヘビーウェイトでもしっかりシャクれるパワー、上下のエギの総重量110g超のリグでもアタリが取れる繊細なティップ。
特に南紀レッドモンスター狙いで大活躍してくれるロッドです!!

170112_nagata_012.jpg

今回は爆風+波でかなり厳しい状況でしたが、ベイトタックルでのお助けリグでなんとか船中唯一のレッドモンスター(2,360g)を引っ張り出す事ができました。(^-^)v
厳しい状況での1杯!
次に繋がる1杯になりそうです(^^)b

まだまだ続く南紀レッドモンスターシーズン!
今シーズンこそ4キロの壁を突破できるように頑張ります(^^)/

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
リール:オシアコンクエスト200HG
ライン:PE0.6号、フロロ2.5号
ルアー:ダートマックスTR+エギ王K4号