宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月某日
■場所 ・・・ 某所

前回のレポートの台風後はどうも水温が一気に下がりすぎたようで、しばらく釣況が芳しくありませんでした。
ようやく水温も安定して潮周りも良くなってきたので、秋のハイシーズン復活モードに入ったようです。
しかし、そんな良い状況にも関わらず、私事で何かと続きが良くて釣行しておりませんでした。

181023_miyazaki_01.jpg

少し落ち着いたところで先日まで好釣果を与えてくれていたパワーファイトのストロングスタイルでのポイントとは場所を変えて、シャローフラットのややディープ気味なウェーディングのしっぽりとしたスタイルでのゲームに出掛けました。
時合は暗くなった直後という、まさにサヨリパターンの典型的なポイント。
ちょっと早く到着してまだ時合まで時間がありそうだったので、準備運動がてらにルアーのスイムチェックすることにしました。
潮も良く効いて雰囲気は良さそうなのですが、肝心のサヨリがもっともっと居ても良いはずなのに、全く気配なし。
この日はサヨリを意識して200mmのスリムミノーをメインにするつもりで、もうすぐ発売になるツインフックシステムのGamakatsu ツインRB-H シルバーリミテッドを装着して万全で臨んでいたのですが...。

181023_miyazaki_03.jpg

サヨリの姿が見えないので些か不安になりながら、それでもフックバランスとのアクションを入念にチェックするために数回キャスト。
すると、コン!と軽いバイトがありました。
想定していた時合のタイミングまではまだ時間が早いし、おまけにベイトであろうサヨリの姿も無かったので、予想外のヒットにこちらがビックリ!
ストラクチャーなど何も気にするモノが無いシャローフラットなので、とにかく丁寧にエラ洗いさせないようにファイトします。

181023_miyazaki_02.jpg

今回はLUXXE リフレックス ティガロ 90ML-solidのチョイスですが、やはりウェーディングゲームには最適なバランスですね。
いろんなタイプ、ウェイトのルアーのキャストに幅広くアジャストできますし、キャスト~水中感度~フッキング~ランディングまでのすべての面において快適そのもので、オールマイティなロッドで大変気に入っています。
そして、早速装着したGamakatsu ツインRB-H シルバーリミテッドがバッチリなフッキングとホールドで、更に安心のランディングでした。

ランディングしてみると、やたらと口も頭も大きい...それもそのはず、まさかの90upでした!!
いきなりこんなサイズが釣れて、今日はもしかしたら凄いことになるんじゃないか!?と期待したのですが、その後はノーバイト...奇跡のワンバイトだけでした。
「デカイのは単発」「デカイのは変なタイミングで釣れる」。
まさにその象徴のような釣果でした。(笑)
この「1か0か」は、天国の地獄の差。
その明暗を分ける、キャッチ率にダイレクトに影響するフックはやはりキーポイントですね。
秋が深まるにつれて盛期を迎えるシーバスの秋シーズン、ビッグワンに備えてタックルの入念なチェックお忘れなく!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 90ML-solid
フック:Gamakatsu ツインRB-H シルバーリミテッド

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 10月某日
■場所 ・・・ 某所

9月は台風続きでしたね...。
台風をはじめ強い雨風のときは予期しない危険のリスクがあるので、釣行をしません。
雨風が収まった後にできる限り気象や水位の情報を集めて、さらに現地の状況を見た上で安全確認をした後で釣行することにしています。
安全あってこその楽しい釣りですもんね♪

181022_miyazaki_01.jpg

そんな中10月初旬の台風は思いのほか雨風が弱かったこともあり、前述の通り安全確認をした上で釣行しました。
しかしながら、現地に着いてみると予測より濁りや浮遊物がキツく、当然ベイトの姿も確認できないので、あまり芳しくない状況。
雨量の割には濁り方や水量が多い...やはり、9月の雨続きの影響があるようです。

181022_miyazaki_02.jpg

あまり良くなさそうな状況で粘れるタイプではないので(笑)、数投だけして撤収することを早々に決意しました。(笑)
とりあえず立ち位置に一番近いストラクチャーにアンダーハンドでキャスト。
ポチョン......ゴン......ジーーーーー!と、完全無防備ノーガードでのヒットで慌てましたが、Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドがしっかりサポートしてくれてキッチリとホールドできました。
LUXXE コヨーテ S96Mのパワフルさをフルに活かしてストラクチャーから剥がしてランディング成功♪
タックルに助けられてブリブリのランカークラスをキャッチできました♪

181022_miyazaki_03.jpg

今回も、ライトショアジギングロッドLUXXE コヨーテ S96M×Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドのパワーファイト対応ストロングスタイルコンビの恩恵を受け、好釣果を得ることが出来ました!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE コヨーテ S96M
ライン:PE2号+リーダー8号
フック:Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッド

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

先日のレポートで「この時期ならヒラスズキの方が釣れるのに今年は全然釣れない」と書いたところでしたが...居ました居ました、ヒラセイゴ!
まぁまぁなサイズも、混ざってくれて上々です。
ヒラばっかりかな?と思っていたら、突然ソコソコなサイズのマルもヒットしてきました♪

181002_miyazaki_01.jpg

当地ではヒラスズキが釣れることは珍しく、釣れる時期や場所も限定的で、釣果としては貴重なのでサイズ問わず嬉しいです。
釣れるサイズはMAXで60cmぐらい。
一昔前まではヒラスズキなんて釣れなかった場所で釣れたりすることから、水温をはじめとする海の環境が変わってきているのかもしれませんね。
そう思うとちょっと複雑です。
我々アングラー側から何かできることを少しでもしないといけないな、と改めて感じたりします。

さてさて、ヒラスズキのバイトの感触はスピードが速くて硬く弾きやすく、尚且つマルよりも引きのピッチが細かく筋肉質で、ヒットした瞬間のエラ洗いの首振りも速いのでバレやすいと感じています。
このヒラスズキの特性の対策にも、ツインフックシステムのGamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドがバッチリですね。

181002_miyazaki_02.jpg

もちろん、ヒラスズキだけでなく、マル(特に大型)に対してもメリットだらけです。
ダブルやトレブルと違い、シングルを2本並べた形状でそれぞれのシングルフックが稼働します。
要はフックアップはシングルの2倍、掛かってからはシングルでのホールド+もう1つのシングルがアシストということです。
フックアップしてからの可動域が広いので、フックホールが広がりにくくバラしにくくなります。
フッキングポイントが動くことが少ないので、魚へのダメージも少なく、リリース前提でのゲームなどには最適です。
ダブルと同じ形状になるので、ルアーのボディーへの干渉音も防げ、さらにトレブルよりも1本分自重が軽くなります。
フックサイズを1番手ほど大きくできるので、大型狙いのフックとしても最高だと感じます。
まさに、ダブルフックとシングルフックの利点を併せ持つ、とても優秀なフックシステムだと思います。

先日からシーバス用に使っているライトショアジギングロッドのLUXXE コヨーテで、やや強引なファイトをしても、Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドのおかげで安心感が違います。

181002_miyazaki_03.jpg

Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッドは、僕の中では既にフックの新たな選択肢の1つのカテゴリーになっています。
皆さんにも体感していただいて、ネオスタンダードになると良いですね!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE コヨーテ S96M
フック:Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッド

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

例年なら、ヒラスズキが釣れる確率が高い時期です。
しかし、いつもならヒラスズキが良くヒットしてくるポイントでも、今年は全部マルスズキ。
今年は雨が多く、日照時間も少なかったので例年よりも水温が低いのでしょうか?
となると、ピークが早めに来るかもしれませんね!

181001_miyazaki_01.jpg

先日からサヨリ付きシーバスを狙って釣行していますが、良いボイルが出るのは得てしてキツめのストラクチャー周りやボトム起伏のキツイところ。
シーバスを掛けてもラインブレイクの可能性が非常に高く、なかなか手強いです。

難攻不落なシーバスと対峙するために、最も厳しいと思われるところでは通常はPE3~4号とリーダー8号を巻いたベイトタックルを使用します。
しかし、今回の狙うポイントでは「立ち位置」「トレースコース確保のためのロッドのレングス」を考慮して、スピニングでPE2号+リーダー7号を選びました。
さらに、確実にホールドさせたいのでフックは、Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッド。
ロッドはLUXXEのNEWアイテム、LUXXE コヨーテ S96Mです!

LUXXE コヨーテはライトショアジギングのロッドですが、最新マテリアルと技術で非常に軽快な仕上がりになっています。
今回、使用した96Mは20~40gのウェイトキャパ表示ですが、10gほどの軽いミノーでも扱いやすいです。
シーバス用としても優れたロッドとして使用できることを確信していたので、迷わず持ち込みました。

181001_miyazaki_02.jpg

結果は想定通りでした。
まずは5投で、3本かけて2本キャッチ。
最もボトム起伏のキツいラインブレイクの危険が隣り合わせのピンポイントで、いずれもほぼ同サイズの中型のシーバスでしたが、危うさを感じることも全くなくスピードランディングできました。
キャッチ後にシーバスが元気すぎて困るほどです。(笑)
万全のタックルで臨んで、イメージ通りの展開に持ち込むことが出来、それぞれのポテンシャルを存分に感じることができました。

翌日は同じポイントに向かう途中に良いライズを発見したので、そこをコースを変えながらトレースした3投目に目視できる距離でヒットしました。
ヒットした瞬間から分かる、前日の中型サイズとは全く違う重量感。
強烈に突っ込もうとするのをロッドパワーで耐えること数回、ネットいっぱいになるぐらいっだったので、80ちょっとのランカーサイズってところでしょうか。

181001_miyazaki_03.jpg

各タックルのそれぞれの利点が全て狙い通り上手く作用した、このストロングスタイルの集大成的な釣果です。
真正面から撃ちあうガチンコファイトのストロングスタイルには、LUXXE コヨーテがピッタリです♪

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE コヨーテ S96M
ライン:PE2号+リーダー7号
フック:Gamakatsu ツインRB-M シルバーリミテッド

木下 大介 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 丹後

フィッシングライフの撮影でホームエリアの丹後へ行ってきました。
海は穏やかですが、爆風で釣りづらい状況...。
しかし!LUXXEのニューエギングロッドLUXXE EG RR(ダブルアール)!
これほんまやばいです!

180915_kinoshita_03.jpg

僕がメインに使用したのは、LUXXE EG RR S79M-solidです。
エギングロッドにしては短めであるにも関わらず、キャストの振り抜きの良さ、アクション、感度...長年エギングしてる僕もびっくりしました。
しかも軽い!
一日中シャクリ続けても体の負担が少ないのはありがたいですね。

180915_kinoshita_01.jpg

風が有る状況下でもイカのアタリをしっかり感知、ボトム感知できる繊細なsolidティップは一度体感してもらいたいくらいです。
アクションも軽い入力でロッドが勝手に仕事してくれる...と言えば伝わるでしょうか?

180915_kinoshita_02.jpg

詳しくは番組をご覧ください。
爆風の中、しっかりアタリをとり掛けまくってます!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE EG RR S79M-solid
    LUXXE EG1 S86M-F
リール:C3000番
フック:LUXXE エヴォリッジ 3.5号
    LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月某日
■場所 ・・・ 宮津養老港

宮津養老港「新幸丸」さんで、イカメタルゲーム行ってきました。

180916_miyazaki_01.jpg

どうも今年は好調のようで、特に9月入ってからは良い釣果が続いているようです。
そんな中、先日は僕も88杯の釣果に恵まれました。
この日は少ない人でも70杯、多い人だと100超えで船中皆さん好釣果でした。
更にその翌日には船中全員100オーバー(!)だったとのことです。

180916_miyazaki_02.jpg

イカメタルの釣行をお考えの方、今がチャンスかもしれません!

180916_miyazaki_03.jpg

イカメタルの際には、Gamakatsu イカメタルリーダーがオススメです。
豊富なラインナップで、状況に合わせた長さの仕掛けが素早く装着でき、とっても便利です♪

<タックルデータ>
ライン:Gamakatsu イカメタルリーダー(2本3本

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 9月某日
■場所 ・・・ 某所

今年の春シーズン~夏にかけては、諸々の所用でまったく釣行できませんでした。
その分を取り戻すべく、秋シーズンはなんとか釣行時間を確保して良いご報告ができるようにしていきたいと思います!

180915_miyazaki_01.jpg

私がホームとしているエリアにおいては、秋のナイトゲームではサヨリがメインのベイトとなります。
一時的にコノシロやヒイラギなどが溜まったりすると、そちらを偏食するタイミングもありますが、秋からミゾレが降るぐらいまでの間はサヨリが中心です。

早速、そのサヨリが溜まっているであろうポイントに状況等のチェックのつもりで釣行しました。
先日から雨が続いていた影響で濁りが入っており、良い感じだなーと思って暫く様子を見ていると、小さめのサヨリと思しきベイトがザワザワしたので、試しにルアーをキャストしてみることにしました。
すると2投目、足元でギラッと反転しながらシーバスがルアーを引ったくっていきました!
突然の予期しないヒットにビックリしたことと、実に半年ぶりとなるシーバスのファイトに少々腰が引けながらも、Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)が良い所をフックアップしてくれたお陰で何とか無事キャッチ!

180915_miyazaki_02.jpg

この直後に、さらに2度シーバスのアタックがあり、そのうち1本ヒットしましたが、これはバレてしまいました。
無理なやり取りをしたという原因が明確で、3フックのうち1つは伸び、1つは折れていました。
やはり、装着フックの強度に対して適切なテンション限界を守らないと、いくら高性能なフックでも残念な結果になってしまいます。
さらに、浅掛りの場合はどうやっても伸びてしまうことがほとんどですので、強いテンションでファイトするというのは根がかりやラインブレイク回避以外はデメリットしか無いと改めて感じました。

それにしても、久々の釣行でしたが上出来の結果です。
しかし、これは良い状況のようです。
こういう状況下でないと検証できないことも沢山あるので、ヒットとバラシが教えてくれた要因を自分なりに整理と修正をして翌日も釣行しました。
結果は...上手くいきました!
納得です!

180915_miyazaki_03.jpg

絶好のスタートを切ることができたので、今年の秋も良いシーズンにしたいです!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 宍道湖

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ浜田恭です。

今回は宍道湖ボートシーバスの模様をレポートします。

180809_hamada_01.jpg

宍道湖はモンスター級のシーバスと出会える可能性が高いフィールドとして、全国的にも知られるようになってきました。
陸っぱり、ウェーディングでも十分に大型の実績はあるフィールドですが、ボートからアプローチすることで、比較にならないほど広い範囲を探ることができ、大型と出会う可能性が何倍も高くなります。
近年は遊漁船も増え、多くのボートシーバスアングラーが宍道湖を訪れるようになりました。

180809_hamada_02.jpg

宍道湖は午前中にシジミ漁が行われているので、水・土・日曜日の休漁日以外は、午前中にボートを入れないようにしています。
遊漁船はもちろん、プレジャーボートも自主的にこのルールを守ってシジミ漁の邪魔にならないよう気をつけています。
当然ですが、ウェーディングゲームの場合も、シジミ漁とウェーディングポイントは重なっているので、同様に注意しなければなりません。

釣行日は平日だったので、午後から出撃。
到着して早々にベイトによる水面変化を発見しました。
すかさずマヒペンを投入して丁寧にドッグウォーキングさせて誘うと...バッコーン!!と、水面が割れてフックアップ成功!!
大きくはありませんが、幸先良くアグレッシブな宍道湖シーバスをキャッチしました。
もはや当たり前ですが、TGW製のトレブルフックに交換しているので、フックアップ率は確実に上がるのは必然です。
強度面においても、トルクをかけたパワーファイトも可能なので、不意に来るビッグフィッシュにも安心ですね。

180809_hamada_03.jpg

このシーバスをキャッチ後、潮目に沿ってボートを流し、コノシロを意識したシーバスをビッグベイトでサーチ。
面白いようにシーバスからのコンタクトがあり、グッドサイズのシーバスが連発しました。
ベイトタックルを使用したパワーファイトにおいても、ベンドが開くことは皆無。
多くのシーバスと出会えて大満足の釣行となりました。

<タックルデータ>
リール:3000HGM
ライン:PE1号
ライン:リーダー ナイロン22lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #4、#6
    Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) ハイパーシールド #1、#4
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

今回は島根県出雲市の宇龍漁港から出船している遊漁船「磯辺丸」様にお世話になって、イカメタルゲームに行ってきました!
18時に出船。(^^)

180709_nagata_02.jpg

ポイントは水深45mほどでした。
明るい間はまだベイトが船の周りに寄っていないので、ヒットするレンジは基本的にボトム付近です。
そこで、ボトムから3m位までを重点的に、時折、目先を変えるためにボトムから10m位まで巻き上げて、再度ボトムまでフリーor2mずつのテンションフォールを繰り返していると、集魚灯が点く前にボトム付近でのシェイク→ステイでティップのテンションがわずかに抜けるアタリで、待望のファーストヒット!!
上がってきたのは、胴長30cmの中剣サイズでした。(^^)d

180709_nagata_01.jpg

このヒットを皮切りに、水深35m~ボトム付近で、いきなりプチラッシュに突入♪♪
レンジが深かったので手返しはイマイチでしたが、1投1杯状態でした!
さらに集魚灯が点灯し、ベイトが固まり、浮いてきたタイミングで水深10m台でスーパーラッシュに突入です。(≧∇≦)

深めのレンジでは、シェイクしながらシャクリ上げてのテンションフォール。
浅めのレンジでは、2段シャクリ→フリーフォール→ステイのパターンで量産態勢となりました。(*^▽^*)

180709_nagata_03.jpg

23時納竿、僕の釣果は70杯オーバー!!

その日、その時間によってレンジもパターンも変わりますので、ラッシュ中でもアタリがなくなれば少しレンジをずらして探ったり、アクションを変えるなど工夫することが重要ですね。
また、レンジについては同船の方と情報を共有することも大事なポイントです!
イカメタルゲームは、初対面の方同士でも「○○mで当たったよ!」などと声を掛け合うことで、情報を共有し、チームプレーで釣果が伸び、さらに皆で盛り上がることができるホントに楽しい釣りですので、皆様も是非イカメタルゲームに出掛けてみてはいかがでしょうか♪♪

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
    LUXXE スピードメタル B65ML
ライン:鯛の糸 0.6号、鯛の糸リーダーSV-I 2.5号
リーダー:Gamakatsu イカメタルリーダー(3本)

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 南紀

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。

先日、南紀ティップラン「RED MONSTER」狙いでいつもお世話になっている、和歌山県串本町の遊漁船「悠真丸」様にお世話になって、今シーズン初のイカメタルゲームに行ってきました。
事前情報ではまだシーズン初期ということもあり、メインターゲットのアカイカ(ケンサキイカ)に麦イカ&スルメイカ混じりで、1人平均25杯程とのことでした。

180704_nagata_01.jpg

久しぶりのイカメタルゲーム!!
やる気満々で18時半に出船しました。
ポイントは港から10分!
水深45mほどのポイントでスタートしました。

明るい間は、ベイトの反応があるものの船中誰もアタリがなく...「今日はちょっとヤバいんじゃ...」みたいな雰囲気になりましたが、暗くなりベイトの反応が濃くなると、待望のファーストヒット。(≧∇≦)
しかも、いきなりアカイカのダブルでした。(*^▽^*)

180704_nagata_02.jpg

そこからは、23時の納竿までラッシュもありコンスタントに釣れ続き、アカイカに麦イカ&スルメ混じりで50杯ほどゲット。(^^)d(麦イカ&スルメは5杯ほどでした)
パターン的には、スッテを早く動かしたり、タナ直撃、誘い上げを多用すると麦イカ&スルメが先に当たってくるような状況でした。
そこで、狙いのタナの3m上から徐々に誘い下げ、あまり激しくは動かさず、軽めのシェイクを入れながらロッドを持ち上げてからのテンションスローフォールでアカイカ量産!
大満足のイカメタルゲーム開幕戦となりました♪♪

この日はベイトが濃いものの固まらずバラけており、タナがコロコロと変わり難儀しました。
しかし、そこは同船の他のお客様とも「○○mで当たったよ!」と情報を共有し、効率良くゲットできました。
船長も仰ってましたが、イカメタルゲームはチームプレーで釣果が伸び、更に盛り上がれるホントに楽しい釣りです♪♪

180704_nagata_03.jpg

南紀イカメタルゲームは今後更に良くなってくると思いますので、皆様も是非「大人の夜遊び」に出掛けてみて下さいね。\(^o^)/

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE デッキステージ EGTR B62MH-solid.F
    LUXXE スピードメタル B65ML
リール:17'Barchetta 201HG
ライン:鯛の糸 PE X8 0.6号、鯛の糸 リーダー SV-I 2.5号
ライン:Gamakatsu イカメタルリーダー(3本)