大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

盆明けから気温が下がり初め、日中でも過ごしやすく絶好の釣り日和が続いてますね。
さて、今回は秋めいてきた?岐阜県養老水系に行って来ました。

朝一番は半袖では寒く、上着を取りに行く程気温が下がっていました。
気温と共に水温が下がり始めたことにより、反応があるレンジにバラつきがあると思い、表層から徐々にレンジを下げて狙っていくことにしました。
まずはフィーディングポイントをフロッグで誘うと、アクション中にバイト。
幸先良く釣ることができましたが、後が続きません。

170915_otsu_01.jpg

そこでレンジを下げ、巻物を主に狙っていきますがバイトが遠いようでした。
時間が経過すると共に気温が上がり始めたため、夏のエリアに移動しました。
カレントが弱くなるポイントをダウンショットでナチュラルドリフトさせると、バイト。
狙い通り釣ることができましたが、ここでも後が続かないためポイント移動しました。

次も夏のエリアでカレント+風が当たるポイントで、オダ周りをショートダウンショットにて広範囲に探っていきます。
オダをシェイクさせながらひとつひとつ丁寧に乗り越え、時折ステイ。
すると、シェイク中にバイトがありました。
その後も同アクションで狙うとバイト多発で、連続して釣ることに成功。
季節の変わり目のため本格的な秋パターンでなく、夏を意識していますが、そこまで執着心はないと解りました。

170915_otsu_02.jpg

その後は水位が下がり、満水から減水に。
そこで沖のブレイクやストラクチャーに狙いを変えることにしました。
水質も濁りが入っていたため、Gamakatsu ワーム318 ウィードレスワッキー掛けのショートダウンショットにて波動で誘います。
ショアから沖に張り出しているゴロタエリアの先端をズル引きで誘うとラインが走り、釣ることに成功。
次は沖にオダが沈んでいるポイントを先程同様のリグ・アクションにて狙います。
オダを丁寧に乗り越えていくとルアーの重みが消えました。
フッキングするとオダの中に入りこまれましたが、引き出すことに成功。
最後の最後で良型をキャッチしたところで、ストップフィッシングとなりました。

170915_otsu_03.jpg

今後は秋パターンが徐々に進行していきますので、巻物にて反応があると思います。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"
ライン:5lb
ルアー:サターンワーム
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム

ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"
ライン:7lb
ルアー:ストレート・ホッグ系ワーム
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R
    Gamakatsu ワーム318 ウィードレスワッキー

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:PE45lb
ルアー:フロッグ

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 天橋立

朝晩が涼しくなって、急に秋の気配になりました。
秋シーズンは、サヨリ付きシーバスのナイトゲームから開幕することが多いので、とりあえずポイントのチェックのつもりで天橋立へ。

おや...?
タイドグラフ的には潮止まりの時間ですが、それとは裏腹によく潮が動いています。
ここ天橋立は、これがよくあります。
タイドグラフよりも気圧や風向きの方が重要で、本当に「行ってみないと分からない」ってやつです。

かなり良く潮が効いているのですが、肝心のライズがありません。
この時期は、潮の動き始めには必ずと言ってよいほどライズがあります。
で、そのライズの主は小型のヒラスズキです。
一昔前の当エリアでヒラスズキの姿が見られるのは本当に稀だったのですが、近年の水温の変化からか、この秋口には小型のヒラスズキが釣れることがすごく多くなりました。

170911_miyazaki_02.jpg

ヒラスズキ一等地は見切りをつけて、オープンなポイントの方でウェーディングを開始しました。
数は多くないものの、サヨリがチラホラと流されていきます。
LUXXE リフレックス ティガロ 91MLでミノーをロングキャストして広く探ります。
抜群のキャスト感と感度と操作性は、ウェーディングゲームでは非常にアドバンテージが大きいです。
天橋立のゲームにはとても相性が良いので、本当に気に入っています。

潮の効き方は刻々と変化するので、少しずつ立ち位置を変えながら、ロッドの感度で一番「良い感じ」の流れを探していきます。
ん~、このあたりかな~?と、思った矢先でした。
ゴッ!と硬いバイト。
と、同時に全身を出してのテイルウォーク!
激しいエラ洗い連発で、ピッチの速い筋肉質なヘッドシェイクでした。
ヒラスズキだという事はすぐに確信しました。
マルスズキよりワンランク引きが強く、おまけに強い流れの中でのヒットでしたが、LUXXE リフレックス ティガロ 91MLは主導権を渡すことなくランディングに持ち込ませてくれます。

170911_miyazaki_01.jpg

60cmほどのヒラスズキ。
綺麗な魚体に惚れ惚れしますね♪

この後も期待したのですが、後が続きませんでした。
水温が下がり始めてサヨリの密度が上がってくるのは、あともうもう少しってとこでしょうか。
チェックのつもりでしたが、これはこれで上出来でした。

ナイトゲームのチェックはできたので、今度はデイゲームをチェックします。
2~3か所見て回りましたがサッパリの雰囲気だったので、大きくエリアを変えてみるとこれが正解でした。
先ほどまでのエリアとは一転、ベイトが帯状に群れています。
最も信頼しているブレードベイトでチェックすると、すぐにアタリがありました。
乗り切らなかったような感じだったので、ワームとジグヘッドのチェンジするとヒット!
プッ!という軽めのバイトで、外掛かりでしたが、Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)ハイパーシールドの見事なフッキング&ホールドでキャッチしました。

直後に、ベイトがザワザワとしたと思ったら、単発でのライズがありました。
次にザワザワとするタイミングを見計らってトッププラグを入れると、これも的中、ヒット!
こちらもフックが良い所を貫いてくれてるので、難なくキャッチしました。

170911_miyazaki_03.jpg

ソコソコの型のシーバスが連発で、爆釣モードと思いきや、この後はシーンとしてしまいました。
ベイトは相変わらず居るのですが...デイゲームの方もあと一息ってとこでしょうかね。

とにかく、デイゲームもナイトゲームも、秋のハイシーズン間近という事が確認できた事が一番の収穫でした。
今年の秋シーズンにはどんなシーバスに出会えるのか、ワクワクします。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)ハイパーシールド
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ハイパーシールド

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

夏は海水温が高い時、海水よりも水温の低い河川内などにベイトが溜まりやすいです。
特に小河川などはポイントも絞りやすく、ベイトの密度が高くなれば、シーバスのボイルにも遭遇できます。
そのボイルをトッププラグで狙うのが、非常に楽しいです!
ルアーフィッシングにおいて、トップで釣るというのは最高の贅沢だと思います。
視覚的にも聴覚的にも刺激が強く、満足度が高いです。

170910_miyazaki_01.jpg

さて、そのボイル撃ちをするべく、暗いうちからポイントに到着してベイトが動き出すのを待ちます。
ボンヤリと明るくなってくると、ボラの子が岸のアシ際でピチャピチャと水面に浮き始めました。
すると、バフッ!とシーバスのボイルが始まりました。
対岸ギリギリのアシ際に着水させて、1アクション、2アクション...バシュッ!!!と、早速ヒット。
サイズは中型ですが、とってもエキサイティングです!

続いても同じ要領でヒットしました。

170910_miyazaki_02.jpg

少し目先を変えて、小型のシンキングペンシルや小型のシャローランナーのミノーを、ロッド角度やリトリーブスピードで調整して、ボラの泳層に合わせて、ロッドでアクションを付けてダートスライドやヒラを打たせてやってもバイトが拾えます。
アクションを付けた後にヒットすると、「釣った感」が大きいのでこれもまた楽しいです。

この手もゲームではLUXXE リフレックス ティガロ 91MLの、アキュラシー性能とロッドアクションの操作性能の本領発揮です。
アシ際にキャストして岸際近くでアクションさせないとバイトが激減するので、正確なキャストがヒットに直結します。
更に、アクションを付けてバイトを誘うので、高い操作性は不可欠。
まさに、LUXXE リフレックス ティガロ 91MLで得た釣果でした。

明るくなりきってからは、これまた夏の風物詩、チヌやマゴチのヒットも楽しめます。
もう少し塩分濃度の高いエリアに移動すれば小型回遊魚が...ターゲットが豊富なので忙しいですね(笑)

170910_miyazaki_03.jpg

トップゲームは水面を割ってのバイト。
フッキングの際、テンションが抜けやすいので特にフックポイントには気を付けたいところです。
今回は全部新品のフック臨んだのでバラシなしでした♪
バイトゾーンが狭い場合などでは、1アクションでのプラグの移動距離を短くしたいならフェザーフックも有効だと思います。

夏もそろそろ終わりとはいえ、まだまだ暑いので、日が昇ったら早々に退散。
短時間のゲームですが、非常に有意義です♪

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)ハイパーシールド
フック:Gamakatsu トレブルRB MH(ミディアムヘビー) FT

木下 大介 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 8月下旬
■場所 ・・・ 和歌山

LUXXEムービーで公開するLUXXE エヴォリッジのロケで、和歌山南紀に行ってきました。
狙うは、夏イカと呼ばれるアオリイカです。
僕のホームエリアの日本海丹後では、この時期に釣れるのは新子。
まだ胴長10センチにも満たない個体が多いのですが、流石エギングの聖地和歌山です(笑)
とはいえ僕自身この時期には初めて訪れるため、前日から和歌山入りし、プラを行いました。

170904_kinoshita_01.jpg

メジャーポイントから打って行きますが...爆風!
中々釣り辛い状況で、LUXXE エヴォリッジ 3.0号 #3 オレンジマーブルを投入しました。
風でラインが煽られない様に慎重に...4投目、3回ジャークからのフォールで何か違和感があり、合せると強い引きがありました!
しかし...合わせが弱かったみたいでバラシてしまいました...。
引きの感じから、相当デカかったです。
LUXXE エヴォリッジ 3.5号に変更して、すぐさまキャスト。
すると、手前のブレイクのボトムあたりでラインが張ったアタリがありました!
ギュンギュンとロッドを絞る引きの感じから、やはりデカイことが分かります。
上がったのは、1.2キロの夏イカ^ ^
この時期にこのサイズ!堪りません(笑)

170904_kinoshita_02.jpg

その後しばらく防波堤をラン&ガン。
反応がないので移動しようと思っていましたが、最初に釣ったポイントが気になりもう一度打つと...またまたボトム付近でラインが張るアタリ!
700g級の立派なイカゲットで、プラ終了となりました^ ^

170904_kinoshita_03.jpg

ロケ本番でもいいサイズ!出ました^ ^
ロケの内容は、LUXXEムービーをご覧ください(笑)

それにしても、LUXXE エヴォリッジ!ほんと良く釣れますね~(笑)
爆風でもしっかり動いてくれるし、、安定したフォールを実現してくれます。
秋のエギングでも大活躍間違いなしですね^ ^

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE EG1 S86M-F
リール:C3000S
ライン:PE0.6
リーダー:フロロ2.5号
フック:LUXXE エヴォリッジ 3.0号 #3 オレンジマーブル
    LUXXE エヴォリッジ 3.5号
スナップ:Gamakatsu 音速エギスナップ M
その他:Gamakatsu 水汲みバケツ(ロープ巻付)

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

今回もホームである岐阜県養老水系に行ってきました。
釣行日は朝から曇りで湿気ムンムン。
尚且つ、気温も30度越えで不快感MAX!!
こんな日は表層に反応が多くなるので、Gamakatsu ヴィンターSSR-60を迷わず選択しました。
先週までお盆休みだったためフィッシングプレッシャーが強く、見えているストラクチャーはプレッシャーが掛かっていると判断。
そこで、オダが水中に点在し、適度にカレントもきいていて、ベイトもいるポイントを広範囲に狙う事にしました。
遠投し、スローリトリーブでオダの上をトレースしていくと、数投目に弱々しいバイトと共にルアーが消えました。
フッキングも決まり、幸先良くグッドサイズをキャッチ。

170827_otsu_01.jpg

その後は日も昇り、反応がなくなりました。
そこで一段下を狙うため、Gamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)にチェンジです。
夏の定番であるアウトサイドベンドを軽いトゥイッチからのライザー(浮かす)を繰り返すとバイト多発!!
連続キャッチに成功しました。

170827_otsu_02.jpg

ルアーローテーションさせながら狙うも、サイズが...伸びません...。(笑)
一旦休憩をとり、再度、ハードルアーメインで狙っていくものの、天候が安定せず...なんと雷が襲来!
安全を考慮して、ストップフィッシングとなりました。

170827_otsu_03.jpg

LUXXEルアーズ釣れますので、是非、1度お使い下さいね~。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B68ML Crank Master "SHALLOW"
ライン:ナイロン 12lb
ルアー:Gamakatsu ヴィンターSSR-60

ロッド: LUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"
ライン:フロロ 5lb
ルアー:Gamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

自己最大寸となるシーバスは、この真夏の時期に河川のナイトゲームでキャッチしています。
その他にも90センチを超えるシーバスも複数キャッチしていて、個人的には勝手に当たればデカイというイメージを持っています。
しかし、それは過去の話。
年々状況も違いますし、まあ参考程度に...。
とは言え、そんな良い記憶に誘われて、河川のナイトゲームへ出かけました。

この時期のナイトゲームは風も波もない事が多いですが、この日は特に穏やかでした。
生活の喧騒から離れた静寂の中、シッポリとキャスト開始。
穏やかな環境なので、ザワついたり、慌てたような跳ね方をするベイトの動きを聴覚で感じることが出来ます。
そんな変化を感じたところに、LUXXE リフレックス ティガロ 96MHでルアーを撃ち込んでいきます。

170803_miyazaki_01.jpg

まずは大きめのミノーから様子見です。
薄いブレイクに差し掛かったところで、ココン!コココン!と細かいアタリの後、ヒットとしてきたのはチヌ。
14センチのミノーにアタックしてくるとは少し驚きです。
なかなかのナイスファイターですね!

少し離れたインレット近くで小さめのイナッコがザワついたので、8センチクラスのミノーにチェンジ。
すぐにルアーが弾かるようなバイトがあり、ルアーがラインに絡まってました。

次のキャストで、コツコツ!と小さい硬質なバイトからヒットしてきたのは、ヒラセイゴでした。

170803_miyazaki_02.jpg

初めに弾かれたのもナルホド納得。
そうか、それならばと、さらにルアーを7センチのシンキングペンシルにチェンジです。
すると、予想通り1投目からヒット!
しかし、さっきと違うようで、ズーンと鈍いバイトです。
60センチぐらいの中型ながら、ナイスコンディションのマルスズキでした。
先程のヒラセイゴと共に、思いっきり外掛かりで少しヒヤヒヤしながらのランディングでしたが、その心配を余所にGamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ハイパーシールドが薄皮一枚でも絡みつくようにキッチリとホールドしてくれました!

この他にも複数マゴチをキャッチしたり、大きなボラがヒットしたり(笑)で、五目達成。(笑)
これはこれで楽しかったのですが、なんとなく物足りません!

と言う訳で、すぐに仕切り直して再釣行。
この日もやはり穏やかな無風で、エントリーする最中にも静寂の中、ベイトがザワザワしてるのを感じることが出来ます。
キャストせずに暫し様子を見ていると、水面が騒がしくなりました。
すかさずそちらにキャストし、その2投目。
テロテロとゆっくりリトリーブしていたミノーに、ズバーン!と水面を割り、水飛沫と共にロッドごとひったくられました!
約10メートル先の至近距離でのド派手ヒットで、14センチのミノーを頭からスッポリ丸呑みしたのは待望の良型シーバス!

写真を撮っている間にも、ベイトがかなり逃げまどう様子があったので、もう1本ぐらいは捕れていたかも!?
ちょっと悔やまれます...。
しかし、バイトの出方、シーバスのサイズ感共に大満足の釣果を得ることができました。

170803_miyazaki_03.jpg

今回釣行したようなポイントで、私がロッドに求める、要素は以下の通り。
○シャローフラットなエリアなので、飛距離を出して広く探りたい
○ウェイトのある大きめのミノーから、7~8センチクラスのミノーまで幅広く使いたい
○ビシッとキャストして、手感度によって水中の変化を感じ取りたい
○ウェーディングなので、軽快さは必須
○大型シーバスにも負けないパワーも欲しい
○それでいてバラさない、しなやかさも欲しい
これら一見相反する要素も全てクリアしてくれる、LUXXE リフレックス ティガロ 96MH。
特に「ここ一番」での「強さ」が頼もしいので、使用頻度が高いです。

またティガロを持って、更なるビッグワンを探しに行ってみます。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
フック:Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム) ハイパーシールド

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 7月30日
■場所 ・・・ 奈良県 津風呂湖

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

奈良県にて開催されましたJB津風呂湖に出場してきました。

まずは、前週のプラクティス。
朝一は夏の定番である岬周りを狙います。
水質がクリアーなため、ブラインドにて7gテキサスをダウンヒルで落としていくとショートバイトがありました。
深追いせずに次の岬に移動し、同アクションにて狙うと3m付近で明確なバイトがあり、良型をキャッチ。
やはり岬には良型がいるな~と思い、上流に向かいました。
最上流域では至る所で公魚を欲捕食しており、特に沖のボイルは良いサイズが出ます。
しかし、タイミングが合わないとバイトまで持ち込むのが難しい状況。
その後、最上流のインレット付近に向かいました。
他のエリアと比べて濁りがありましたが、表層だけ。
そこで、濁りの境目付近をチャターベイトでトレースするとキーパーサイズがヒットしました。
その後も反応がありましたが、キスバイト。
最上流は魚影が濃いと感じつつ、他のエリアを見て周り終了しました。

170802_otsu_03.jpg

前日プラクティスは、先週魚影が濃かった最上流からチェック。
先週よりボイルは少なくなっていましたが、Gamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)の連続トゥイッチにてショアラインを流します。
20~25cmのバスが釣れ続きましたが、寸前でUターンしていくバスもいました。
戻っていくバスを観察いていると、水質が変わる境目に戻っています。
そこで、シャッドテールのジグヘッドにて境目をスイミングで狙うとキーパーサイズが連続でヒット。
このパターンは明日も効きそうと思い、岬を確認しに行きました。
先週よりプレッシャーがかかっているため、シンカーを7gから5gに変更、ワームサイズも一回り小さくして狙います。
良型を釣る事が出来た所で先週と変わらない事を確認し、プラクティス終了となりました。

大会当日です。
当日の朝は小雨がぱらつき、雷の音が聞こえてくる状況でした。
朝のミーティング時にスタッフから雷がひどい場合はその時点で大会終了と伝えられ、スタート開始。
スタート後はキーパーを釣りに最上流に向かいました。
前日、反応が良かったシャッドテールのジグヘッド選択。
アウトサイドのナチュラルブレイクをスイミングさせると早々にヒットがありました。
さらに、ボイルに同リグをキャストすると連続ヒット。
その後は反応がなく、インレット付近をチャターベイトで流していくとバイトがありました。
しかし、掛ける事が出来ませんでした。

170802_otsu_01.jpg

そこで、もう一度アウトサイドに入り直しました。
先程同様のリグにてキーパーサイズを釣り、リミットメイク。
ここでキッカーサイズを求めて前日に反応を得ていた岬に移動することにしました。
先行者がいましたが、入れ替わりで入る事が出来ました。

前日同様、5gテキサスのダウンヒルで狙いましたが、反応がありません。
数十分後、岬付近の岩にテキサスをコンタクトさせるとバイト。
良型を釣る事が出来、再度同コースを狙うと連続でヒットしました。
これはスクールに間違いないと思い、帰着までの時間をこのポイントでやり通そうと決めました。

170802_otsu_02.jpg

その後はコースを変えながら狙いましたが、ショートバイトが続きました。
そして、帰着30分前に明確なバイトがあり、この日最大の良型を釣る事に成功!
朝リミットメイクしたバスをすべて入れ替える事が出来た所で帰着となりました。

検量が始まりウエイトを計ると、自分が思っている以上でした。
表彰式が始まり、3位に自分が呼ばれて、入賞する事ができました。
次戦も入賞出来る様に頑張りたいと思います。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:3lb
ルアー:1.3gジグヘッド+シャッドテールワーム

ロッド:LUXXE ATS05 S66L Fine Master "SLACK MOTION"
ライン:5lb
ルアー:Gamakatsu スパット MR-65 (フローティング タイプ)

ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"
ライン:7lb
ルアー:ベイト系ワーム
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

先日、京都府京丹後市網野町の遊漁船「ラスター」様にお世話になって、ディープタイラバに行ってきました。

170730_nagata_02.jpg

この日は朝から1日雨で釣り人の活性は下がり気味のスタートでしたが...魚はなかなかの高活性!!(笑)
二枚潮のポイントが多かったのですが、底潮は効いていたので、ウッカリカサゴやレンコ鯛、チダイ、クロソイ、カナガシラなどゲストは多数でした。(^^)d
真鯛がヒットする前に高活性のウッカリ&レンコがヒットするパターンでしょうか!?(笑)
それでも船中では本命の真鯛も、単発ながらポツポツとヒット。
最終的には船中5名で真鯛10匹、ウッカリ&レンコ多数、クロソイ、チダイ、カナガシラでした。(^^)

僕は、前回のディープ釣行からヒットしてもヒットしてもウッカリ&レンコ祭り。(笑)
全く合ってない訳ではありませんが、微妙に何かがズレてる感じです。
巻きスピード、フォールスピード、レンジ、ラインの角度、タイラバの形状。
結局、どれとは特定はできませんでしたが、終始一番潮下で前4人は手練れ揃いという状況を考えて、ヘッドシンカーを150gから220gにチェンジし、フォールスピードを上げ、できるだけ手前の新しいポイントを撃っていく作戦にしました。
これが功を奏し、バーチカル気味のライン角度で81cmの"BIG RED"の捕獲に成功。(^^)d
ちなみに、これも単発でした(笑)

170730_nagata_01.jpg

ドテラ流しのディープタイラバでは船の魚探やソナーの影響を考慮してできるだけラインを出し、タイラバを船から離していくのが主流です。
しかし、単発拾い釣りパターンではできるだけ手前の新しいポイントを撃っていき、自分のタイラバを真鯛に一番に見つけさせるというのも有効です!
是非お試し下さい(^^)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68UL-solid.R
    LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68L-solid.R
リール:オシアコンクエスト300HG
ライン:PE1号、フロロ20lb
フック:Gamakatsu 糸付サーベルポイント(ナノスムースコート) M
ルアー:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

梅雨明けかと思うほど猛暑が続き、寝苦しい日々が続いてますね。
さて、今回は灼熱の養老水系に半日だけ行って来ました。

170718_otsu_01.jpg

気温の上昇と共に水温も上がり、そろそろミッドサマーパターンに突入していると思い夏のエリアを回りました。
自分が思う夏のキーポイントはカレントとシェード。
そこで、朝一はカレント+流木が沈んでいるポイントをフロッグにて表層を狙います。
スライドアクションさせながら流木に絡めてトレースしてくると水面が割れ、幸先よく釣る事に成功。
その後は表層に反応がなく、ポイントを移動しました。

移動した先は夏の定番ポイント、橋脚。
沖側はカレントが強くリグが流されてしまうため、カレントが弱まる境目をヘビダンで狙います。
境目にキャストした後、ナチュラルドリフトで誘うとバイトがあり、アベレージサイズを釣る事に成功。
同じコースを再度狙うと、またもバイトがありました。
先程と比べると、ロッドから伝わるバスの引きが違います。
慎重にやりとりして、良型を釣る事に成功。
もう一度先程同様のコースを狙うと、またもバイトです。
3投連続で釣る事が出来て、自分もビックリ。
4投目はさすがにバイトはなく、ポイントを移動しました。

170718_otsu_02.jpg

日も上がり始め、食いが悪くなったところでフィネスな釣りに変更。
アウトサイドベント+オーバーハングをダウンショットにて狙います。
バイトが続くもののサイズが上がらず、金太郎飴状態でしたので、ポイントを移動することにしました。

再度、橋脚に移動するとカレントが弱まり、先程出来なかった沖側をテキサスにてじっくりと狙います。
カレントが当たる上流側の橋脚にキャストしてロングシェイクしているとラインが走り、フッキング。
狙い通り、釣る事に成功しました。

その後、周りを観察していると見えバスを発見。
ヘビダンを遠目にキャストして、スイミングさせながら寄せていきます。
バスが認識できる所でロングシェイクしているとラインが走り、アベレージサイズを釣る事に成功。

170718_otsu_03.jpg

ここでストップフィッシングとなりました。
気が付けば、半日で二桁釣果。

まだこれからが夏本番です。
これからもカレントが当たるポイントで反応がありますね。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S63L Fine Master "QUICK MOTION"
ライン:4lb
ルアー:サターンワーム
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム

ロッド:LUXXE ATS05 B68L B-Fine Master "VERSATILE"
ライン:7lb
ルアー:ストレートワーム
フック:Gamakatsu ワーム322 スリムスタイル

ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
ライン:8lb
ルアー:ホッグ系ワーム
フック:Gamakatsu ワーム322 スリムスタイル

ロッド:LUXXE ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY"
ライン:PE45lb
ルアー:フロッグ

永田 広也 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 6月30日
■場所 ・・・ 瀬戸内(岡山県)

皆様、こんにちは。(^-^)/
LUXXE STAFFの永田広也です。(^^)d

170715_nagata_01.jpg

6月30日、またまた瀬戸内(岡山県)タイラバに行って来ました。
お世話になったのは、岡山県倉敷市児島大畠漁港より出船の遊漁船「1st(ファースト)2号艇」様。

神戸から岡山への道中は高速道路に50km規制がかかるほどの豪雨+雷でした。
出船時には雨も止み雷も収まっていましたが、出船直後から昼過ぎまで...どしゃ降り(>_<)
昼からは晴れましたが、濁りが入っておりなかなかのタフコンディションとなりました。

全体的に真鯛の群れも小さく、アタリが遠い時間もありましたが、船長の的確なポイント選びで真鯛の群れを当てていき、終わってみれば...船中8名で真鯛45匹程、アコウ、ガシラ、キスと大漁(^^)v
僕の釣果は真鯛40cm強を頭に11匹、ガシラ数匹でした(^^)d

170715_nagata_03.jpg

この日の船中個別釣果は1~11匹。
明暗を分けたのはやはり...巻きスピードです!!
前回も書かせていただきましたが、毎回同じスピードで巻くのではなく、真鯛がタイラバを追従する感覚や、コツッという小さなアタリなど、何らかのコンタクトのある「正解の巻きスピード」をポイントごとで常に探しながら巻く事が大切です。

僕は40m以上の深場ではゆっくり巻き、30m程度のポイントでは普通巻き、30mまでの浅場では早巻きからスタートして、アタリがなければアタリがあるまで巻きスピードを少しずつ変えていき、少しでも魚からコンタクトがあれば暫くはそのスピードで攻める...と、いうように、常に巻きスピードを意識して釣りをしています(^^)

今回使用したロッドは、LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68UL-solid.Rです。
濁りがキツく、ひったくるようなアタリは少ないと予想してLUXXE 桜幻 鯛ラバー シリーズの中で最も柔らかいULをセレクト!
今回は大正解でした。\(^o^)/
小さなアタリが多く、真鯛に少しでも違和感を与えてしまえばフッキングまで持ち込めないような状況でしたので、大活躍してくれました(^o^)

170715_nagata_02.jpg

いよいよ数釣りシーズンに突入した岡山タイラバ!!
これから更に良くなりそうなので楽しみです(^^)

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 桜幻 鯛ラバー B68UL-solid.R
リール:オシアコンクエスト200PG
ライン:PE0.6号、フロロ12lb
フック:Gamakatsu 糸付サーベルポイント(ナノスムースコート) S
ルアー:Gamakatsu 桜幻 鯛ラバーQ