山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

ラグゼスタッフの山本康典です。
休みと天候が合わなくてなかなか行けなかったメバルゲームに短時間ですが行って来ました。

180613_yamamoto_01.jpg

正直、状況が解らなかったのでエリアとリグなどを絞ってやってみました!
LUXXE 宵姫 華 S74L-solidでジグヘッド単体にGamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ、LUXXE 宵姫 華 S77M-solidにはスモールプラグにGamakatsu ツインRB-Mのセッティングでローテーションしました。

180613_yamamoto_02.jpg

180613_yamamoto_03.jpg

どちらもリトリーブでは反応が無かったんですが、少し沖目のブレイクラインを潮と風でドリフト気味のフォールで誘うと微かなアタリがあり、食ってくるメバルも良型ばかりで良いファイトを楽しめました。
小さなアタリを明確に伝えてくれるロッドに刺さりが抜群で間違いないフックは、時合いが短くミスが痛い状況で本当に助かりました。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE 宵姫 華 S74L-solid
    LUXXE 宵姫 華 S77M-solid
フック:Gamakatsu キャロヘッド #3 1.6g
    Gamakatsu ツインRB-M #8
ワーム:Gamakatsu Q.S.S. マイクロストレート "トレモロ" 2インチ

木下 大介 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月某日
■場所 ・・・ 宮津市

5月ラストエギングということで、メインホームへ行ってきました。
今回は丹後半島の東側、宮津市でのエギングです。
というのも、この春、丹後半島西側は超絶不調。
産卵のキーとなる藻が少なく、さらに回遊ルートがかなり沖?なのか接岸率が低い感じです。
東側の宮津や舞鶴、若狭エリアはまだマシなのですが、例年よりは少ないようです。

180531_kinoshita_01.jpg

朝マズメのポイントは朝から、横からの爆風...思うように釣りが出来ず苦戦しました。
しばらくすると雷が鳴り出し、豪雨にて撤収。
ポイントを大きく移動し、去年実績の良かった養老漁港へ向かいました。
着いてみると墨跡も少なく(墨は流しましょう)不安になったもののキャスト開始。
明るいうちは風も強く、厳しい状況でした。
防波堤をランガンし、夜7時前にヒット!
キロアップ確定の重量感です。
海底のアマモスレスレまでエギを落とし、3回スラックジャークからのフォールで抱いてきました。
ギャフを掛けランディング...と思いきや...ギャフを掛けた位置が悪く、身切れでぽちゃん。
しかし、後ろにデカイ個体が着いてきていたのを確認したので、まだ居る!と気を取り直してキャストし続けました。
8時を回った頃(真っ暗で何も見えません)月も出てる状況だったので、ボトムより中層ぎみにエギを漂わせるイメージでアクションからのフォールを入れた瞬間、ティップから微かに重量感が伝わりアワセると...LUXXE EG1 S86M-Fがぶち曲がり、きつめに設定したドラグが出ました。
デカイと確信!
さっきのバラシ(いや...落とした?)もあるので慎重に慎重にやりとりをします。
ヘッドライトに照らされたサイズに興奮するものの、今度こそがっちりギャフ掛け成功!
早速計ると...1,853gの立派なオスでした。
その後、雨がパラついてきたためストップフィッシング。

180531_kinoshita_02.jpg

今回もLUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号が大活躍してくれましたね。
風の影響を受けにくくロッドのアクションに素直に追従し、安定したフォール姿勢でイカを抱かせてくれます。
マジおすすめしますよ。
6月はサイズアップ狙ってガンガンしゃくります。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE EG1 S86M-F
リール:セフィアci4+C3000S
ライン:PE0.5
ライン:フロロ2号
フック:LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号
スナップ:Gamakatsu 音速エギスナップ M

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 岐阜県 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフ大津乗彦です。

先日、ホームである岐阜県養老水系へ出撃してきました。
釣行日は雨上がりからの晴天。
案の定、爆風&増水のバットコンディションでした...。

180529_otsu_01.jpg

しかし、いつものことだと思い、気にせず釣っていこうと決意。(笑)
まずは、風裏の護岸沿いに沈むストラクチャーを狙います。
ネコリグをコンタクトさせてステイさせると...早速、バイト。
幸先良く釣ることが出来たものの、その後、白波が立つほど爆風になってしまいました。
ほぼ全域で風の影響があり、しばらく収まるのを待つことになりました。

数時間後...風が弱まったタイミングでリスタート。
リーズ周りに高比重ワームのノーシンカーを撃っていく...すると、フォール中にラインが走りました。
アベレージサイズをゲットです。

180529_otsu_02.jpg

しかし、後が続かないので移動しました。
移動したポイントも川なりに風が吹いており、護岸際にはバスが身を潜めることが出来る太い杭が隣接していました。
田んぼの代掻きと爆風で底荒れしているたので、波動が強いチャターベイトで丁寧に中層をトレース。
そして、杭の横を通過する時に強烈なビックバイトです!!
杭から一気に引き離し、オープンエリアで慎重にやりとりして上がってきたのは、なんと、50アップ!!
このコンディションの中、アフター回復バスを釣ることができ、今年一番嬉しい釣果になりました。
アフターの個体が多くなってきてますので、縦ストがキーポイントになりますね。

180529_otsu_03.jpg

さてさて、釣果の方はさておき、今回はLUXXE イフリート B64MH-Rの初陣となりました。
養老水系ではショートレングスのロッドをとても重宝します。
ほぼ1日中、ショアラインのストラクチャーをショートキャストで狙うことが多く、キャスト時には360度オープンスペースがあるわけではなく、限られた空間でのキャストが必要です。
そして、この水系では様々なストラクチャーが数多く点在するため、ロッドパワー・トルクが必要不可欠。
掛けたバスをストラクチャーから一気に引き離すことが出来なければならないため、このモデルの性能をフルに発揮できます。
「トレカT1100G+高弾性カーボン」によって構成されたブランクスはパワー・トルクはもちろん、その反発力で快適にロングキャストが可能。
ホントに「まさに異次元」と言える最高傑作ですよ。
絶対に損はしませんから。
では、また投稿したいと思います。

<タックルデータ>
【ネコリグ】
ロッド:LUXXE イフリート S70MH-F
リール:LUVIAS 2004
ライン:フロロ 5lb
シンカー:インサートシンカー 1/16oz
フック:Gamakatsu ワーム329 ハンガーHD KGウィードレス 1/0
ワーム:G2ストレート 6インチ

【ノーシンカー】
ロッド:LUXXE イフリート B64MH-R
リール:ALDEBARAN
ライン:フロロ 10lb
フック:Gamakatsu エリートツアラー ワーム 316R 2/0
ワーム:DYNAGONE

【チャターベイト】
ロッド:LUXXE ATS05 B68M Multi Mission "MEDIUM"
リール:ALDEBARAN
ライン:フロロ 8lb
ワーム:1/4ozチャターベイト

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

明け方の気温が上がってきて、いよいよ春の雰囲気を感じるようになると大好きな春磯が気になってきます!

180521_miyazaki_01.jpg

コンディションの良い、良型のシーバスがヒットしてくるのが魅力ですが、それより何より、特に春の磯は春の訪れと共に一気に生命感が溢れだす雰囲気がすごく好きです。
大好きな春の磯でナイスなシーバスをゲットできたところで、今年も春がやってきたことを体感できました♪

180521_miyazaki_02.jpg

足場の低い磯や、良型のシーバスを狙うにあたってはLUXXE リフレックス ティガロ 96MHが最高ですね。
特筆すべきは「96という長さで、MHというパワーモデル」のロッドとしてはちょっとオカシイぐらいの振り抜け感です。
重くるしい感じなど皆無で、軽快そのものです。
その「振り抜け」の恩恵で、逆風も切り裂くような感覚でキャストでき、こちらもメッチャお気に入りのモデルです。

180521_miyazaki_03.jpg

さーて、河川のシーバスもそろそろですし、春シーズンのピーク近し!!というところですね!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 96MH
フック:Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)
    Gamakatsu トレブルSP M(ミディアム)

宮崎 崇 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 某月某日
■場所 ・・・ 某所

今年の春シーズンは、バチ抜けパターンのナイトゲームからスタートしました。
こちらのエリアでは「パターン」として成立するような密度での「バチ抜け」が確認できるのは局地的だと感じていたことと、私の釣行時間が専ら朝マヅメ絡みのため、バチ抜けパターンのプライムタイムを外してしまうというわけで、今までバチ抜けパターンというものに殆ど縁がありませんでした。
しかし、地元のベテランアングラーさんのガイドで今年初めて本格的に「狙って」の釣行をしました。
サイズは上がり辛いということでしたが、ものの見事にサイズアップは図れませんでした(笑)
とは言うものの、数多くのバイトがあり、楽しいゲームを堪能できました!

180520_miyazaki_01.jpg

デイゲームは遅れ気味でしたが、やはり正直なものでカタクチイワシの姿が確認できるようになると、突然釣果が上がるようになりました。
日によってはトッププラグでも楽しめる状況があったりしますが、相対的に今年はあまり良くないようで日ムラが激しいです。
こちらのデイゲームでも、僕だけはどうもサイズに恵まれません(笑)

180520_miyazaki_02.jpg

180520_miyazaki_03.jpg

ウェーディングでのデイゲーム&ナイトゲームでは繊細なLUXXE リフレックス ティガロ 91MLを重宝しています。
特に僕のようにナイトゲームからそのままデイゲームに入っていくような釣行では、このロッド一本で全てカバーできてしまうので超お気に入りのモデルです!
気温・水温上昇とともに、シーバスのサイズもアップしていきたいです!

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 91ML
フック:Gamakatsu ツインRB M(ミディアム)
    Gamakatsu トレブルRB M(ミディアム)

木下 大介 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月中旬
■場所 ・・・ 某所

今日は仕事前に軽くエギングに出掛けてきました。
ポイントに着くと、平日にも関わらずずらりと並ぶエギンガー...挨拶を交わしながら釣果を伺うとまったく釣れないとのこと。
とりあえず、ご来光にも挨拶しつつ、しばらく海の様子を伺っているとアオリイカの姿はポツポツ確認出来ました。
おるやん!と思いながら、藻の間を浮いたり沈んだりしている感じだったので、LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号をフリーで落とします。
すると、1発でドン!とラインが気持ちよく走り、バッチリフッキングに成功。
サイズは800くらいと小さ目でしたが、まさに狙い通りの1発でした。

180515_kinoshita_01.jpg

若干濁りがある感じだったので、LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号のカラーは#18 グローネンブツをチョイス。
春の藻場では間やポケットをフリーで落とすとヒット率は上がりますが、シャローモデルの絶妙&安定した綺麗なフォール姿勢はこういった場所でどハマりします。

春イカエギングシーズンもまだ始まったばかりです!
サイズアップ狙ってまた出撃します。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE EG1 S86M-F
リール:セフィアci4C3000S
ライン:PE0.5
ライン:フロロ2号
フック:LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号 #18 グローネンブツ

山本 康典 (九州エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ ゴールデンウィーク某日
■場所 ・・・ 某所

ラグゼスタッフの山本康典です。

180514_yamamoto_02.jpg

GWの前半は天気にも恵まれ、会社の同僚達と鯛ラバ&デイイカメタルに行ってきました。
タイラバは潮の強弱が激しく、ウエイトやカラーローテーションを細目にやりましたが不発(>_<)
レンコ鯛や根魚もたまにしか釣れない状況で、潮が緩んだときは走りのイカメタルをやってみました。
夜炊きとは違い、イカの群れを止めることが出来ないのでチャンスは少ないですが、デカイ良型のヤリイカが釣れます!
水深75m前後のボトム付近で、やはり良型がHIT!!

タイラバロッドなどでも釣れますが、専用だけあってLUXXE スピードメタルは繊細なティップでキビキビとした細かいアクションも付けやすく、掛けてからもベリーとバットがしっかりしてるので安心です(#^.^#)
手元まで伝わらないアタリもホワイトカラーのティップ部分を見てるとイカが触ってるのが良く解り、釣果に差が出るのではと思います。

180514_yamamoto_01.jpg

これから北部九州の夜炊きもハイシーズンに突入します。
手軽でゲーム性も高く、釣って楽しい、食べて美味しいイカメタルを是非やられてみてください。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE スピードメタル B65M
リーダー:Gamakatsu イカメタルリーダー 2本(ロングエダス)

木下 大介 (関西エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ 5月初旬
■場所 ・・・ 丹後

今日は仕事終わりの夕まずめだけ勝負で、丹後へエギングへ行って来ました。
朝から釣果も聞こえたので期待して行きましたが...やはり開幕!
早速ゲットしてきました。

ポイントは藻場どシャロー。
広範囲に藻場が広がり、藻から上の水深は2~3メートル程でした。
しっかりカウントダウン&スローフォールすることが肝になります。

180506_kinoshita_01.jpg

そこで、新発売のLUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号の出番です!
藻の上、スリットなどをゆっくりスローフォールでじっくり見せてやれます。
暗くなり始めた18時30頃に一発目の800gをゲット!

暗くてラインも見え辛い状況の中で違和感があり、アワセると乗りました。
久々のホームエリアでの1杯はサイズは小さけれど嬉しいもんですね。
そして19時前に980gをゲット。
キロに足りなくて残念ですが、思い通りに掛けることができた嬉しい1杯です。

180506_kinoshita_02.jpg

今回、重要になった点は「明るいうちにポイントの見極め判断が出来た」こと。
毎年赴くポイントであっても、藻の生え具合や潮の流れ方が変わります。
2杯とも潮がよれている藻の上でヒットしました。
そこに、LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号でスローフォール。
すべてがマッチした最高の釣りですよね。

ただ雨が...パラパラ程度だったものが本降りになったので、この日は納竿となりました。
しかし開幕したばかり!
まだまだこれからなので、皆様もLUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号で爆釣してください。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE EG1 S86M-F
リール:セフィアCi4+C3000
ライン:PE0.5
ライン:リーダーフロロ2号
フック:LUXXE エヴォリッジ シャローモデル 3.5号
スナップ:Gamakatsu 音速エギスナップ

浜田 恭 (中国エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ ゴールデンウィーク某日
■場所 ・・・ 大橋川

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフの浜田恭です。

180506_hamada_01.jpg

こちら山陰エリアでは暑くなったり寒くなったりと変化の大きい気候となっています。
長い冬の時期が終わり、4月中旬を過ぎてGWが近づくと、本格的に始まるのが大橋川のバチ抜けで、シーバスのシーズンがようやく開幕します。
毎年のお楽しみパターンにワクワクしながら、大橋川に釣行しました。

下げ潮に合わせてポイントに入り、まずは水面を観察。
すると、シーバスのライズを複数確認できました。
バチ系プラグをナチュラルにドリフトさせて繰り返し狙うものの、完全に無視されてしまいます...。
もしかして...アミパターン!?と思い、小型のミノーにチェンジ。
これが大正解でした!
キャストごとに反応があり、複数のシーバスをキャッチすることができ、完全にパターン成立です!
しばらく、フィーディングを堪能することができました。

180506_hamada_02.jpg

その後、アミパターンの反応が悪くなったかなと感じ、再度バチパターンを試すと...これまた大正解!
小型のシーバスですが、水面をドリフトさせたプラグを次々に吸い込んでくれました。
まさに「マッチ ザ ベイト」。
これぞパターンフィッシングですね。

180506_hamada_03.jpg

今回のタックルは、LUXXE リフレックス ティガロ 98Mを使用しました。
本来なら、バチ抜けパターンだけを見ればLUXXE リフレックス ティガロ 90ML-solidがベストなのですが、このロッドはマッチするルアーの幅が広く、今回のようにベイトがコロコロと変わりやすいこの時期には重宝します。
オールラウンドに使えるシーバスロッドをお探しの方に、是非、オススメです。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE リフレックス ティガロ 98M
リール:3000HGM
ライン:1号
ライン:20lb
フック:Gamakatsu トレブルSP MH(ミディアムヘビー) #6、#8
スナップ:Gamakatsu 音速ラウンドスナップ L

大津 乗彦 (中部エリア LUXXE STAFF)

■時期 ・・・ ゴールデンウィーク某日
■場所 ・・・ 養老水系

皆様、こんにちは。
LUXXEスタッフの大津乗彦です。

180504_otsu_01.jpg

GW前半、春バスを求めて養老水系に行ってきました。

連日晴天が続きましたが、釣行日はローライト+増水。
そこで、護岸沿いに身を潜めながら、フィーディングに入るタイミングを伺っているバスをLUXXE スパット MR-65 (フローティング タイプ)で狙うことにしました。
着水後、一旦ボトムまで潜らせてストラクチャーに当てては止めるを繰り返します。
ローライト時は中層にサスペンドしていることが多く、浮かせた瞬間がチャンスです。
複雑なストラクチャーに当てて止めた瞬間にバイトがあり、幸先良く釣ることに成功。
淡々とキャストを繰り返していると、地形が変化している箇所で浮かせた瞬間にゴンッと力強いバイトがあり、良型を釣ることに成功しました。

180504_otsu_02.jpg

その後は日差しが強くなったので、撃つ釣りに変更。
ショアラインのリーズにGamakatsu ワームフック LDマスターをセットしたリダーレスダウンショットをキャストしてワンアクションさせると、抑え込むバイトがあり、良型をゲットしました。

その後、再びローライトになったので、再びLUXXE スパット MR-65 (フローティング タイプ)にて護岸沿いを狙います。
増水しているため、先程同様のアクションで狙いは普段は水深がない護岸です。
地形が変化している箇所で浮かせた瞬間、力強いバイトと共に強烈な引きがありました。
慎重に寄せると、この日最大サイズを釣ることに成功しました。

180504_otsu_03.jpg

今後もローライト時はスパットにて高反応を得られると思います。
是非、皆さん使ってみてください。

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 B64UL B-Fine Master "MOVE"
ライン:7lb
ルアー:LUXXE スパット MR-65 (フローティング タイプ)

ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"
ライン:7lb
ルアー:ホッグ系ワーム
フック:Gamakatsu ワームフック LDマスター