小野田 賢一 PRO

■時期 ・・・ 3月6日
■場所 ・・・ 沖縄県 宮古島

少し前の話となってしまいましたが、フィッシングショーがひと段落した3月6日、沖縄県宮古島に行ってきました。
春のジギングベストシーズンという事で、今回はビッグカンパチとカンナギを本命にディープジギングに挑戦してきたのです。

3月7日と8日はギリギリ出船できたものの、低気圧のウネリと強風で荒れ模様。
宮古島近海の200~250mラインを攻めました。
メインタックルはスロージギングスタイルのLUXXE Ocean ALMEA B58MH-FにPE4号+リーダーフロロ60lb.と、同じくLUXXE Ocean ALMEA B58M-FにPE3号+リーダーフロロ50lb.の2タックルを使用。
ジグはスロージグの300~500gで、合わせるフックはがまかつ シングルフック62 バーティカルヘビー 5/0、6/0とがまかつ A1 スーパーアキアGストロング 24号です。
この2日間で8キロクラスまでのカンパチを数本にキメジやハガツオなども混じり、そこそこ楽しめたものの本命の反応は皆無で同船者も同じ状況。
唯一の凪となった最終日に一発を期待する事となりました。

150701_onoken_03.jpg

その最終日は予報通りの凪で、本命エリアである多良間島周辺海域にロングランでやっと立ち入る事を許されました。
そして朝の1投目、230mから急激に170mまでかけ上がるポイントでジグを投入した全員がヒット!!
さらに、信じられない事態が起こりました。
なんと、全員ラインブレイク...。
ハンパないサイズのカンパチが同時にバイトしてきたのです。

2投目もヒットさせる同船者が続出しましたが、見事に全てラインブレイクで結局このジアイをモノにできずノーキャッチ。
凄まじい出来事でありましたが、急激な駆け上がりに加えてヒットゾーンがそのブレイク下ということで、ボートが深い方から浅い方へ流れていたためどうしようもなかったのです。

その後はビッグカンパチからの反応は無くなり、アベレージや外道がポロポロ。
そして、自分にやっとカッコいい魚体がヒット!
210mでバイトしてきたのはツチホゼリです。

150701_onoken_05.jpg

かなりのレア魚で模様といい風貌といい古代魚っぽくて、個人的に大好きなカタチの魚です。
さらに、今度は230mラインでナイスサイズのホウキハタがヒット!!

150701_onoken_01.jpg

ジグが着底した瞬間のバイトで、がまかつ シングルフック62 バーティカルヘビー 6/0が確実にフックアップ!!

これだけの水深にも関わらずスムーズなフッキングができるのは、このフックのポテンシャルが高いからこそ。

150701_onoken_02.jpg

このような海域ではカンパチにしても根魚にしてもカイジュウクラスがゴロゴロいるため、フッキング性能を優先して少しでも細軸にすると記録魚には間違いなくヤラれるのです。
その点バーティカルヘビーは強度の問題はまったく無く、伸びや破断は皆無でした。

そして、今回使用したLUXXE Ocean ALMEAシリーズのショートタイプは、200mオーバーの水深と300gを超えるヘビーウエイトジグに抜群のロッドバランスで応えてくれました。
繊細なティップセクションで繰り出すアクションと、バイト前に出る水流変化を高感度ブランクスが伝えてくれたのです。

150701_onoken_04.jpg

今回はスーパービッグをキャッチする事は叶いませんでしたが、近い将来必ずリベンジに行きたいと思います。

■場所:沖縄県 宮古島

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Ocean ALMEA B58MH-F
ライン:PE4号
リーダー:フロロ60lb.

ロッド:LUXXE Ocean ALMEA B58M-F
ライン:PE3号
リーダー:フロロ50lb.

ジグ:スロージグの300~500g
フック:がまかつ シングルフック62 バーティカルヘビー 5/0、6/0
    がまかつ A1 スーパーアキアGストロング 24号

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 6月17日
■場所 ・・・ 桧原湖

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀です。
ただいまTOP50の第三戦のプラクティスのため、桧原湖に来ています♪
桧原湖はアフターのバスがメインです。
狙いは体力の回復をはかっているバスをスローに誘って喰わす!です。

今回、プラ中のガイドに遊びにきて下さったお2人。
トシさんはLUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"のキャロライナリグです。

150623_iwahori_01.jpg

石井さんはLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"です。

150623_iwahori_02.jpg

2つの竿に共通するのは、ソリッドティップということ。
スモールならではの分かりづらいアタリ、そのアタリをとるのは時として難しいです。
そんな時にオススメするのはソリッドティップの竿。
もちろん軽くて感度が良くしっかりとアタリが手元に伝えてくれる竿ですが、そのアタリを見逃した場合でもその繊細なティップで魚に違和感を与えること無く、魚が喰っているかどうかきくことができるですね。

この「違和感を与えずきく」ってのがかなり大事で、このおかげでバスを数多くキャッチすることができるんです。

ラージとは一味もふた味も違うスモールマウスバス。
是非、その攻略にラグゼのソリッドティップを役立てて下さい♪

7月の桧原湖ガイドご予約受付中です。
パーソナルブログチェックお願い致します!!
ブラっと寄り道釣り日記(http://s.ameblo.jp/wataruiwahori/)

■場所:桧原湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"
    LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 6月5日~7日
■場所 ・・・ 旧吉野川

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀です。

今回はJBTOP50第三戦旧吉野川での釣りを紹介致します。

今回の試合はアフタースポーンが多い状態でした。
ということで、僕の戦略の軸となったのは「とにかくスローにする」ということ!
フォールはもちろんアクションもスローにすることで、スポーニングで体力を使い元気が無いバスを喰わせることができるんです。
メインで使ったのは1/32オンスのスモラバ。
これにディトレーターを付けてひたすらゆっくり落とし、ゆっくりシェイクを加えながら誘うと微かなアタリが出ます。
このLUXXE OLTREでしか感じられないような微かなアタリを逃さずにしっかりあわせてあげることで、数は少ないながらもナイスな魚をキャッチできました!

150610_iwahori_01.jpg

これは最終日に釣った1400g!!
この魚のおかげで15位入賞ができました♪

そして、サブパターンはベイトフィネスであるLUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master"CONTACT"を使用してのテトラ撃ち。
ルアーは3インチFATヤマセンコーのノーシンカーです。
どこで喰うか分からないテトラ打ちで求められるのは、フックアップした後、一気にテトラから引きずりだすパワーのある長い竿、軽いノーシンカーリグをキャストできて繊細に操れるソフトなティップを持つ竿!
その両方を満たす唯一の竿がLUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master"CONTACT"なのです!

150610_iwahori_02.jpg

今回はそれぞれの竿の特性をしっかり活かし、ノーミスでの試合になりました。
結果は15位とふるいませんでしたが、LUXXEの良さをしっかりと活かすことができ、次戦への良い弾みになったかなと思います。

常日頃メッセージやコメント、メールで沢山の方々に応援していただき、本当にありがとうございます! !!
次戦は福島県桧原湖スモールマウスということで、釣り方はコロっと変わりますが、しっかり集中して優勝目指して頑張ります。
引き続き、応援よろしくお願い致します!!!

パーソナルブログで細かいこと書かせて頂いておりますのでチェックよろしくお願い致します。
ブラっと寄り道釣り日記(http://s.ameblo.jp/wataruiwahori/)

■場所:旧吉野川

■タックルデータ
<スモラバ用>
ロッド:LUXXE OLTRE S63L
リール:ヴァンキッシュ2500(カーボンIシェイプノブに変更)
ライン:バニッシュレボリューション3.5lb.
ルアー:エグジグ1/32oz with ディトレーター

<ノーシンカー用>
ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master"CONTACT"
リール:アルファス(RC-SCPLUS 102mm&カーボンIシェイプノブに変更)
ライン:バニッシュレボリューション8lb.
フック:がまかつ ワーム329 ハンガーHD KG ウィードレス 1/0
ルアー:3インチFATヤマセンコー

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 5月30日
■場所 ・・・ 琵琶湖

皆さんこんにちわ。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
もうすぐであのジメジメとした梅雨が来ると気分が憂鬱です。
しかし、湖の中はスポーニングも一段落し、だんだんとバスは回復して楽しい季節の始まり始まり♪

そんなタイミングには若干早かったですが、琵琶湖に遊びに行ってきました!
広大なウィードエリア...どこが良いかなんてさっぱり分かりません!
どこが釣れるなんてもちろん聞きません!!
純粋にバスフィッシングを楽しんできました!!!

これだけウィードの多いレイクで釣りをすると、LUXXE OLTREの感度の良さが際立ちます!!
微かなアタリを逃さず上がってきたのは、ナイスな琵琶湖クオリティーフィッシュです!!

150603_iwahori_01.jpg

このとき使っていたのは、7.75インチカットテール。
一口食い込むこともあれば少し送らないとダメな時もあるサイズです。
最初のバイトをしっかりと逃さず送ってあげることにより、ミスすること無くこんなバスが釣れるんです♪

そう!!
だからテクノチタントップを搭載したLUXXE OLTREの超高感度はベストなアイテム!!

150603_iwahori_02.jpg

是非、一度体感してみて下さい。
ボートの乗る時は常に4機種揃えておりますので、気になる方は気軽に声をかけて下さい:)

パーソナルブログもチェックよろしくお願い致します。
ブラっと寄り道釣り日記(http://s.ameblo.jp/wataruiwahori/)

■場所:霞ヶ浦

■タックルデータ
ロッド:LUXXE OLTRE B69MH
リール:アルファス(ハンドルをスタジオコンポジットRC-SC 90mm&カーボンIシェイプノブに変更)
ライン:バニッシュレボリューション14LBS
ルアー:7.75インチカットテール(#297)
シンカー:スゴイシンカー4g
フック:がまかつ プロトフック

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

岩堀 航 PRO

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
今回はゴールデンウィーク明けの霞ヶ浦に行って来ましたので、その内容を紹介します。

ゴールデンウィーク中に攻められ、さらにアフタースポーンという条件。
アフタースポーンと言っても色々ありますが、回復しだしてフィーディングモードに入ればトップウォーターにも果敢にバイトしてくる時期です。
しかし、今回は直後ということで正直スローな1日...。

さらに晴れて夏並みに暑くなったので、狙うはカバー!
そのカバーで産卵の疲れを癒しながら潜んでいるバスを釣るために、今回はベイトフィネスを使用しました!

150518_iwahori_01.jpg

使ったルアーは、California Roll。
これに1/16シンカーをセットして、ネコリグで使用しました。

フックはカバー周りでネコリグを使う時になくてはならない定番フック、がまかつ ワーム329 ハンガーHD KG ウィードレス 1/0にセットして、後は静かにプレゼンテーションするだけ。
既に書いたとおりバスは追い回って喰うタイミング、天気では無いので必ずタイトに落として、しっかりゆっくり見せてあげて誘うのが大事です。

150518_iwahori_02.jpg

このようにしっかり見せて誘うためには、繊細ティップを持つLUXXE ATS05 B70M B-Fine Master"CONTACT"が必要不可欠!
全体が柔らかくて繊細な竿ではなく、バットからベリーにかけてはしっかりしていてティップが繊細ってのが大事なのです!!!
ショートディスタンスでの釣りの場合、スウィープにフッキングしている余裕はありません。(バスが手前に走ってくるので)
バイトを感じた瞬間に力強くフッキングしてあげないと、フックアウトの原因になるんですね。

150518_iwahori_03.jpg

ファイト時はしっかりベリーまで曲がって魚を浮かせてますが、バットは残ってるのが分かりますね♪
この残っている部分がカバー打ちには大事!!!

繊細さと力強さ両方を兼ね備えた唯一のロッド、LUXXE ATS05 B70M B-Fine Master"CONTACT"ぜひ使って見て下さい!!

ガイド情報、トーナメント情報等パーソナルブログで更新しておりますのでこちらもチェックお願いします。
ブラっと寄り道釣り日記(http://s.ameblo.jp/wataruiwahori/)

■場所:霞ヶ浦

■タックルデータ
<1/16ネコリグ>
ロッド:LUXXE ATS05 B70M B-Fine Master"CONTACT"
ルアー:California Roll #341
リール:アルファス(RCーSCPLUS102mm&カーボンIシェイプノブ)
ライン:バニッシュレボリューション10lb.
フック:がまかつ ワーム329 ハンガーHD KG ウィードレス 1/0

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 4月15日
■場所 ・・・ 亀山ダム

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
今回は亀山ダムに、新しく発売されたLUXXE OLTRE B69MHを持って行ってきました!
といっても、翌日のガイドのプラクティスですが。

150420_iwahori_01.jpg

ゲスト様になんとか春の亀山ダムでプリのメスを釣って頂きたくエリアをチェックしていると...今日きちゃいました。

150420_iwahori_02.jpg

55cm、2kgオーバー!!!

今回はノーシンカーでハートテイルを引いていました。
ノーシンカーで引く時は基本的にラインは張ることなく、たるんだ状態をキープしながら巻くのが肝。
つまり何が言いたいかというと、そのラインがたるんだ状態でもバイトがしっかり分からないとダメってことです。

LUXXE OLTRE B69MHのティップには中空チタン製の『テクノチタントップ』が採用されているため感度が抜群に良く、しっかりとバイトを伝えてくれました。
そのおかげでちゃんとフックアップすることができ、無事にキャッチすることができました!
テクノチタントップの竿はボトムを釣る時にもその良さを発揮しますが、こういった釣りにも欠かせないアイテムになりますので是非お試しください♪

ガイド情報、日頃の活動についてはブラっと寄り道釣り日記(http://ameblo.jp/wataruiwahori/)で更新しておりますので、こちらもチェックお願い致します。

■場所:亀山ダム

■タックルデータ
ロッド:LUXXE OLTRE B69MH
リール:レボMGX、ハンドルをRC-SC PLUS102mm、ノプをI-SHAPE カーボンノブにそれぞれ変更
ライン:バニッシュレボリューション12lb.
ワーム:ハートテイル
フック:がまかつオフセットフックプロトタイプ 5/0

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 1月20日
■場所 ・・・ 亀山ダム

みなさん、こんにちは。
ラグゼプロスタッフの岩堀航です。
皆さん初バスは釣りましたか???

前回はガイドの模様を中心に、竿の話をさせて頂きました。
今回もガイドの話が中心ですが、メインはフックです。

先日も亀山ダムに、ゲストの山口様と一緒に出船。
2週間前にも亀山ダムにお一人で挑戦されたそうなんですが、喰わせたものの目の前でフックアウトして、貴重な初バスを逃されてしまったそうなんです。
そのとき使っていたタックルを聞いて改善点を伝え、攻めて頂くと、あっさり。

150127_iwahori_01.jpg

ナイスフィッシュで、リベンジ完了&初バスげっとん!
その後もしっかり釣って頂き、この冬の釣りにくい時期に1日4本も釣って頂きました。

150127_iwahori_02.jpg

何が変わったのか?

一番はフック!!!!

今回はフライ用のフック、がまかつ C13-Kの10番を使って頂きました。
バス用のそれと比べて軽く作られていることと、フックポイントが外に向いているというのがポイント!
そのおかげで口の中にルアーが入れば、フックポイントが刺さってくれるんです!
この「刺さってくれる」というのが肝。

この時期しっかりくわえこまない魚に対してオフセットフックを使うと、鈎がかからずすっぽ抜けてしまう事が多々あります。
そんなミスをなくすために、このフックを使って頂き、ノーミスでキャッチできました。
バイトがあるのに乗らないって方は、是非試してみてください♪
根がかりのリスクは当然増しますが、前にお話したようにマス鈎を使っていて最初に障害物にコンタクトするのはフックポイントではなく、ラインアイの部分。
つまり、ラインアイがコンタクトした瞬間をしっかり捉え、丁寧に乗り越えさせる事で根がかりも激減できます。
もっと詳しく知りたい方は、フィッシングショー2015のがまかつブースやガイドに是非遊びにきてください♪

フィッシングショー2015のがまかつブースについては、http://gamakatsu-fishingshow.jp/をご覧ください。

ガイド情報はブラっと寄り道釣り日記(http://ameblo.jp/wataruiwahori/)で更新しておりますので、よろしくお願い致します。

■タックルデータ
ワーム:レッグワーム2.5inch
リグ:ダウンショット
フックがまかつ C13-K #10

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 1月14日
■場所 ・・・ 亀山ダム

皆さん、こんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。

今年もこの場を通じて、がまかつ製品の使い方やおススメポイントをお伝えしたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

年が明け、冷え込みが日に日に厳しくなってきておりますが、房総半島に位置する亀山ダムは難しいながらも魚が狙える状況です。

そんなタイミングで僕のガイドに遊びにきて下さったのは、がまかつラグゼロッドの愛用者石井様。
当日もLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"を片手に遊びに来て下さいました!
しかし、そんな石井様が先ず目をつけたのは、今年新発売になるテクノチタントップ搭載ロッド、『LUXXU OLTRE』!
実際に手に取ってキャストをして釣りをしていただき、感度の良さを体感し、感動されておりました!!!

でも、釣るのは自分の竿で釣りたいとの事でしたので、LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"にレッグワームの組み合わせで頑張っていただきました!!

最大のチャンスは朝と夕方。
残念ながら朝マヅメのチャンスは不発に終わりましたが、背水の陣で臨んだ夕方、周りが苦戦する中なんとかバイトに持ち込み、慎重なファイトの末に上がってきたのは綺麗な冬バス!!

150120_iwahori_01.jpg

実は、この魚を釣るために大きな肝が3つあるんです!

1つは、喰いが浅いこの時期の魚をフックアップさせるために、軽量のフライフックであるがまかつ C13-Kを使用した事。
2つ目は、貴重なバイトをミスしないため、非常に食い込みが良いソリッドティップモデルのLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"を使用した事。
3つ目は、薄皮1枚というきわどいフッキングの中、身切れさせないためにしっかりと曲がる竿を使用した事。

この3つがあったからこそ、無事にキャッチできたんです!
コレは体感して頂かなきゃ分からないほど繊細な事ですが、この時期はこういう細かい所が本当に大事!!!
寒く、厳しいコンディションではありますが、この時期の釣りはレベルアップに大きく貢献してくれますので、是非、家に閉じこまらずフィールドに出かけましょう!!

貴重な体験のお手伝いができるよう頑張りますので、ガイドもよろしくお願い致します。
詳しくはブラっと寄り道釣り日記(http://ameblo.jp/wataruiwahori/)でチェックお願いします♪

■タックルデータ
(レッグワームダウンショット)
ロッド:LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"
リール:スピニング2500番
ライン:バニッシュレボリューション3lb.
フック:がまかつ C13-K #10

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 11月24日
■場所 ・・・ 河口湖

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
先ず本題に入る前に、11月16日に河口湖レンタルボート湖波において「第10回 青木大介&湖波 OPEN TOURNAMET」を開催させて頂きました。

141128_iwahori_01.jpg

大会には150名と多くの方にご参加頂き、ありがとうございました!
また来年も開催させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します♪

それでは本題、といっても今回はフックの話。
先日ガイドで河口湖に浮いてきたのですが水温が低下し続けており、現在の河口湖はかなりタフな状況でした。
エリアを変えて、釣り方をよりシビアにしていく事でバイトにもちこませることはできるのですが、最後の難関であるフックアップが難しい時期です。

当日もバイト(アタリ)を数えれば、この時期では上出来の20匹近くの魚を食わせているのですが...。
乗らない原因はもちろんバスのコンディションによるところが一番大きいのですが、フックにも原因がありました。
その日は溶岩帯を攻めるという事で、根掛かりしづらい形状のマスばり(ガード無し)をお客様が使っていました。
しかし、根がかりしない=フックアップもしづらいと言う事。

そこで僕がお勧めしたのは、がまかつ ワーム329 ハンガーSFの#10です。
ダウンショットで使ったのですが、ダウンショットで溶岩帯を攻める場合は根掛かりの主な原因はシンカーの挟まり、次にフックの挟まり(アイの部分)。
つまり、フックポイントが溶岩に刺さって根掛かることは非常にレアなケースなのです。
だから、ショートバイトが多発するこれからの時期は、ガード無しのフックがオススメ。
もちろんフックポイントが根掛かる事もありますが、ライトリグを操作する場合は皆かなり丁寧にリグを操作しているので、引っ掛かってももほとんどの場合で回収可能なんです。
是非貴重な バイトをミスらないためにも、ガード無しも試してみてください♪

141128_iwahori_02.jpg

また、僕のガイドをご利用のお客様には発売前ではありますが、来年発売予定のテクノチタントップ搭載ロッドも実際に使っていただけます。
気になる方は、是非遊びにきてください♪
詳しくは、ブラっと寄り道釣り日記(http://ameblo.jp/wataruiwahori/)をチェックお願い致します♪

■場所:河口湖

■タックルデータ
ワーム:がまかつ ワーム329 ハンガーSF #10

  • カテゴリ:
  • 投稿日:

宇井 晋介 PRO

この秋は磯からの青物が好調の潮岬。
言わずと知れた、関西の好フィールドだ。
磯からのゲームはこのところ加熱気味で、早朝暗いうちに出かけても好ポイントはほとんど誰かが先行しているという状況。
ならばとマイボートで沖から攻めてみました。

ポイントは浅い根の上で、海底は大きな岩盤が続き、所々が深い亀裂になっています。
水深は根の上で6mほどと浅く、この上をメジロやヒラマサ、カンパチが早朝回遊してきます。
ここにアンカリングして船を固定するので、ゲームとしてはボートゲームと言うよりは磯からのゲームと変わりありません。

今日のタックルは磯からのタックルの流用でも良かったのですが、ポイントが浅く起伏が激しいと言う事と、メジロに交じってヒラマサやカンパチが来ると言う事で、ややゴツ目のボートタックルにしました。
ロッドは、LUXXE Ocean TOPGEAR 83XHを選択。
大型ダイビングペンシルを自在に動かせ、強引なファイトも可能な腰の強さが身上です。
夜が白々と明けてくると遠くでショア組がしきりとキャストし、魚とファイトしているのが見えました。
早朝の時合い到来です。
ダイビングペンシルのブリット145をつけ、フルキャスト。
ルアーをしゃくる間もなく、早速水面に水柱が立ち、ヒットしました。
鋭い突っ込みを余裕でいなし、ネットに収まったのはメジロ。
1投目で来るとは、相当数の群が回遊しているようです。

ところが次のヒットから様子が変わりました。
ファイトしていたメジロが急にパワーアップして、一直線に沖に走ったと思ったら一瞬でドラグを20mも引き出したのです。
その潜水艦でも引っかけたかのような重々しい引き。
これは間違いなくサメです。
少しドラグを締めるとたちまちリーダーがはじけ飛びました。
続くヒット直後にサメの餌食に、この魚はなんとか吐き出されたのか回収できたが、すでにずたずたの状態。
ヒットはすれどもサメ、サメ、サメで不満の残るゲームとなりました。

ところがその1週間後のゲームでは、サメはどこかに姿を消し、変わって水面のペンシルに横っ飛びに出てきたのは何とロウニンアジ。
ガンガンとたたくように頭を振るファイトからヒラマサと思いましたが、思わぬ魚と出会えました。

141113_ui_01.jpg

ここのところ温暖化で潮岬周辺でも南の魚が色々と釣れだしていますが、ここ数年で釣り人に良くキャッチされているのがロウニンアジです。
沖縄や奄美ではGTのキャスティングゲームが親しまれていますが、ここ潮岬でもGTに近いサイズのロウニンアジが揚がりだしています。
今回のロウニンもこの先どこまで大きくなるのだろうという興味が出て、リリースしました。
数年後にまた大きくなったロウニンと出会えるかと思うとアングラーとしては夢がありますが、温暖化についても深く考えさせられる事例です。

141113_ui_02.jpg

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Ocean TOPGEAR 83XH
リール:ステラ8000PG
ライン:PE2号
リーダー:フロロ16号 3m
ルアー:ブリット145
フック:がまかつ トレブルSP エクストラヘビー 1/0