FLWツアー第2戦レイクトラヴィス(コアングラー)

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 2月16日~19日
■場所 ・・・ アメリカ テキサス州

皆様、こんにちは。m(_ _)m
LUXXEプロスタッフ岩堀航です。(^^)

先日の投稿でもお伝えしたとおり、現在、渡米しており、FLWツアーシリーズでコアングラー部門に参戦しております。
前戦の第1戦を10位でフィニッシュし、第2戦レイクトラヴィスでも初日の不調をまたまた捲って8位フィニッシュでトーナメントを終える事ができました!

170223_iwahori_01.JPG

今回、僕が感じた季節感はプリ~アフターのスポーニング期である事です。
今年のトラヴィスは過去に無い位、水が多くフル満水状態が続き、あったはずのブッシュは全て水の中...。
プラは水深10ft(3m)前後にあるブッシュでスポーニング絡みのバスがよく釣れてましたね。
今年初のロクマルも...(笑)
しかし、エリアによって季節のズレはあるし、ノンボーターなので、とっても難しい感じでしたね。

初日のパートナーのエリアはプラクティス最終日に降った雨の影響で、水質がスーパーマッディーに...。
ただ、そこでの自信が強かった為、3時間近く粘り、それが尾を引く形でお互い残念なウェイトで初日を終了してしまいました。
釣果は、5lb(約2,250g)/4本でした。

170223_iwahori_02.JPG

2日目のパートナーのエリアはスポーニングフラットの沖にある岬周りのエリアにある、「岩+ブッシュ」の複合するスポットがメイン。
スポーニング期のセオリーどおりの良いエリアチョイスでした。
しかし、それを見つけるのが大変なんですよね...。

ルアー・リグはプラで好感触だった「シャッドシェイプのダウンショット」のみ。
2日間、全ての魚をゲット!!

シンカーウェイトは4gで、日本のダウンショットにしては少し重めのウェイトにしました。
フックは立ち木にスタックしたり、ゴミや切れたウィードなんかが引っ掛かったりしない様にしたいので、オフセットフックを使用。
テキサスリグやジグを使う人が多いですが、重要な事は「基本的にウィードがルアーに付いた瞬間にバスが見切る」と僕は思っているので、少しでも付きにくくしたいんですよね。
そして、根掛かりも必要最小限に...。

さらに、ブラインドでスポーニング絡みのメスも混じる事と、バスが捕食しているベイトが小さいのでマッチザベイトさせるジャストサイズっていう事でシャッドシェイプのダウンショットをチョイスしました。
クリアウォーターの湖ではありますが、ブッシュに絡める事が圧倒的に多いので、小さいながらも存在感を出しすためにカラーは「ブラック&ブルー」をメインに使用。

ロッドはブッシュからバスを引き出せ、遠くでバイトした場合でもしっかり掛ける事ができる、LUXXE ATS05 S70MH Biglake Master "REACTION"。
前戦でも大活躍でした。
そして、ラインブレイクを防ぐ為に、高比重PE10lbにフロロ14lbを組み合わせて戦いました。

2日目の釣果は、11lb 8oz(約5,170g)/5本でした。

170223_iwahori_03.JPG

初日の55位からのジャンプアップ!!
8位でフィニッシュする事ができました。

初日は不運的な要素があったものの、2日目に関しては数、ウェイトともにパターンとしてハマった感触が強く、良かったんじゃないかと思います。
ボーターのエリアチョイスにも感謝ですね。

170223_iwahori_04.JPG

今回も運良く上位にフィニッシュできましたが、次回の第3戦レイクハリスチェインでは、初日からしっかり釣れる様に準備も含め頑張りたいと思いますっ!!
引き続き、ご声援の程、宜しくお願い致します。m(_ _)m

SNSもチェックお願い致します。

ブラっと寄り道釣り日記
http://ameblo.jp/wataruiwahori//

FACEBOOK
https://www.facebook.com/wataru.iwahori/

INSTAGRAM
https://www.instagram.com/wataru_iwahori/

<タックルデータ>
ロッド:LUXXE ATS05 S70MH Biglake Master "REACTION"
ライン:SPIDERWIRE FLOROBRADE 10lb
リーダー:バニッシュレボリューション14lb
シンカー:スゴイシンカー DS 4g
フック:Gamakatsu ワーム321 バルキースタイル #1
ワーム:シャッドシェイプワーム4in

  • カテゴリ:
  • 投稿日: