JBマスター第三戦霞ヶ浦 3位入賞!

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 7月23~24日
■場所 ・・・ 霞ヶ浦

皆さんこんにちわ。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。

先日行われましたJBマスター第三戦霞ヶ浦で3位入賞することが出来ました。
今回はその内容をちょっと紹介。
釣り方に関してはパーソナルブログをご覧頂けたらと思いますので、ココでは竿の特性を絡めて紹介します。

160728_iwahori_01.jpg

今回の試合でメインにしたエリアは、北利根川という比較的バスの量が多いエリア。
もちろん選手全員がそのことを知っているので、その中で釣り勝つには他の人とは違う何かをすることが大事です!
僕の中でキーにしていたスポットは風の当たるハードボトムと水門。
ルアーは1/32ozという軽いスモラバで、ゆっくり落としてゆっくり誘うことにしました!
流石に1/32ozですと普通にキャストするのも大変ですが、高比重マテリアルの4インチカットテールを使用することでその問題を軽くクリア!

ただ、問題は風です!
2日間とも風が強く、正直リグを狙った所に投げるのも難しく、そこからのアクションとなるとかなりやりづらい状況でした。
しかし、そこで活躍してくれたのがソリッドティップのLUXXE ATS05 S60UL LIMITED EDITION。
チューブラーの竿だと不意のタイミングでリグを動かしすぎてしまい何をしているか分からなくなることもしばしばでしたが、その分ソリッドティップの竿はかなりゆっくりと誘えるのでとっても有効!
ちょっと伝わりづらいのでイメージして頂くと、岩にスモラバが軽く引っかかってる状態です。
通常だとたるんだラインを少しだけ動かすことで岩を越えて誘うのですが、風が強い日だと既にラインテンションがかかっている状態なのでちょっとのつもりが大きくホップしてしまい、せっかくの良い所を飛び越えてします。
さらにダウンヒル(手前に来るに従って深くなるポジション)で釣るので、大きくホップした瞬間に深くなるためボトムが取りづらくなります。
だから、釣りがきっちり出来なくなるんですね。

要するに、風が強い日だろうと軽くハズしてあげるのが大事ということです!
ソリッドティップを使うことで、必要以上の力をティップが吸収するので軽くハズしてあげられます!
同じタイミングで使い分けると、その効果は歴然で圧倒的に違いますよ!!
がまかつでは60UL,61UL,71L,73ULと各ソリッドティップ出ていますので
是非自分の釣りにあう竿を選んで是非使ってみて下さい!

最後にいつもコメント、メッセージそして現地で沢山の人に応援して頂き本当に嬉しかったです。
ありがとうございました!!
これからも上を目指して頑張りますので、引き続き応援よろしくお願い致します!!

パーソナルブログ等もチェックお願い致します!!
ブラっと寄り道釣り日記
http://ameblo.jp/wataruiwahori/
Facebook
https://www.facebook.com/wataru.iwahori/
Instagram
https://www.instagram.com/wataru_iwahori/

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S60UL LIMITED EDITION
リール:レアニウム2500
ライン:バニッシュレボリューション 3.5lb.
ルアー:D-JIG1 32oz+4インチエコカットテール

ロッド:LUXXE ATS05 B70ML B-Fine Master "CONTACT"
リール:アブガルシアレボMGX
ライン:バニッシュレボリューション7lb.
ルアー:4インチカットテール
フック:Gamakatsu ワーム321 ファインカスタム #4
シンカー:ドロップショットシンカー5g

ロッド:LUXXE OLTRE B69MH
リール:アブガルシアレボMGX
ライン:バニッシュレボリューション12ポンド
ルアー:D-SPIKER

  • カテゴリ:
  • 投稿日: