LUXXE ATS05ソリッドティップの良いところ

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 6月17日
■場所 ・・・ 桧原湖

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀です。
ただいまTOP50の第三戦のプラクティスのため、桧原湖に来ています♪
桧原湖はアフターのバスがメインです。
狙いは体力の回復をはかっているバスをスローに誘って喰わす!です。

今回、プラ中のガイドに遊びにきて下さったお2人。
トシさんはLUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"のキャロライナリグです。

150623_iwahori_01.jpg

石井さんはLUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"です。

150623_iwahori_02.jpg

2つの竿に共通するのは、ソリッドティップということ。
スモールならではの分かりづらいアタリ、そのアタリをとるのは時として難しいです。
そんな時にオススメするのはソリッドティップの竿。
もちろん軽くて感度が良くしっかりとアタリが手元に伝えてくれる竿ですが、そのアタリを見逃した場合でもその繊細なティップで魚に違和感を与えること無く、魚が喰っているかどうかきくことができるですね。

この「違和感を与えずきく」ってのがかなり大事で、このおかげでバスを数多くキャッチすることができるんです。

ラージとは一味もふた味も違うスモールマウスバス。
是非、その攻略にラグゼのソリッドティップを役立てて下さい♪

7月の桧原湖ガイドご予約受付中です。
パーソナルブログチェックお願い致します!!
ブラっと寄り道釣り日記(http://s.ameblo.jp/wataruiwahori/)

■場所:桧原湖

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"
    LUXXE ATS05 S61UL-FINE MASTER"SOLID SENSOR"

  • カテゴリ:
  • 投稿日: