繊細さと力強さを兼ね備えたロッド

岩堀 航 PRO

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
今回はゴールデンウィーク明けの霞ヶ浦に行って来ましたので、その内容を紹介します。

ゴールデンウィーク中に攻められ、さらにアフタースポーンという条件。
アフタースポーンと言っても色々ありますが、回復しだしてフィーディングモードに入ればトップウォーターにも果敢にバイトしてくる時期です。
しかし、今回は直後ということで正直スローな1日...。

さらに晴れて夏並みに暑くなったので、狙うはカバー!
そのカバーで産卵の疲れを癒しながら潜んでいるバスを釣るために、今回はベイトフィネスを使用しました!

150518_iwahori_01.jpg

使ったルアーは、California Roll。
これに1/16シンカーをセットして、ネコリグで使用しました。

フックはカバー周りでネコリグを使う時になくてはならない定番フック、がまかつ ワーム329 ハンガーHD KG ウィードレス 1/0にセットして、後は静かにプレゼンテーションするだけ。
既に書いたとおりバスは追い回って喰うタイミング、天気では無いので必ずタイトに落として、しっかりゆっくり見せてあげて誘うのが大事です。

150518_iwahori_02.jpg

このようにしっかり見せて誘うためには、繊細ティップを持つLUXXE ATS05 B70M B-Fine Master"CONTACT"が必要不可欠!
全体が柔らかくて繊細な竿ではなく、バットからベリーにかけてはしっかりしていてティップが繊細ってのが大事なのです!!!
ショートディスタンスでの釣りの場合、スウィープにフッキングしている余裕はありません。(バスが手前に走ってくるので)
バイトを感じた瞬間に力強くフッキングしてあげないと、フックアウトの原因になるんですね。

150518_iwahori_03.jpg

ファイト時はしっかりベリーまで曲がって魚を浮かせてますが、バットは残ってるのが分かりますね♪
この残っている部分がカバー打ちには大事!!!

繊細さと力強さ両方を兼ね備えた唯一のロッド、LUXXE ATS05 B70M B-Fine Master"CONTACT"ぜひ使って見て下さい!!

ガイド情報、トーナメント情報等パーソナルブログで更新しておりますのでこちらもチェックお願いします。
ブラっと寄り道釣り日記(http://s.ameblo.jp/wataruiwahori/)

■場所:霞ヶ浦

■タックルデータ
<1/16ネコリグ>
ロッド:LUXXE ATS05 B70M B-Fine Master"CONTACT"
ルアー:California Roll #341
リール:アルファス(RCーSCPLUS102mm&カーボンIシェイプノブ)
ライン:バニッシュレボリューション10lb.
フック:がまかつ ワーム329 ハンガーHD KG ウィードレス 1/0

  • カテゴリ:
  • 投稿日: