ポイントは「刺さってくれる」こと!

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 1月20日
■場所 ・・・ 亀山ダム

みなさん、こんにちは。
ラグゼプロスタッフの岩堀航です。
皆さん初バスは釣りましたか???

前回はガイドの模様を中心に、竿の話をさせて頂きました。
今回もガイドの話が中心ですが、メインはフックです。

先日も亀山ダムに、ゲストの山口様と一緒に出船。
2週間前にも亀山ダムにお一人で挑戦されたそうなんですが、喰わせたものの目の前でフックアウトして、貴重な初バスを逃されてしまったそうなんです。
そのとき使っていたタックルを聞いて改善点を伝え、攻めて頂くと、あっさり。

150127_iwahori_01.jpg

ナイスフィッシュで、リベンジ完了&初バスげっとん!
その後もしっかり釣って頂き、この冬の釣りにくい時期に1日4本も釣って頂きました。

150127_iwahori_02.jpg

何が変わったのか?

一番はフック!!!!

今回はフライ用のフック、がまかつ C13-Kの10番を使って頂きました。
バス用のそれと比べて軽く作られていることと、フックポイントが外に向いているというのがポイント!
そのおかげで口の中にルアーが入れば、フックポイントが刺さってくれるんです!
この「刺さってくれる」というのが肝。

この時期しっかりくわえこまない魚に対してオフセットフックを使うと、鈎がかからずすっぽ抜けてしまう事が多々あります。
そんなミスをなくすために、このフックを使って頂き、ノーミスでキャッチできました。
バイトがあるのに乗らないって方は、是非試してみてください♪
根がかりのリスクは当然増しますが、前にお話したようにマス鈎を使っていて最初に障害物にコンタクトするのはフックポイントではなく、ラインアイの部分。
つまり、ラインアイがコンタクトした瞬間をしっかり捉え、丁寧に乗り越えさせる事で根がかりも激減できます。
もっと詳しく知りたい方は、フィッシングショー2015のがまかつブースやガイドに是非遊びにきてください♪

フィッシングショー2015のがまかつブースについては、http://gamakatsu-fishingshow.jp/をご覧ください。

ガイド情報はブラっと寄り道釣り日記(http://ameblo.jp/wataruiwahori/)で更新しておりますので、よろしくお願い致します。

■タックルデータ
ワーム:レッグワーム2.5inch
リグ:ダウンショット
フックがまかつ C13-K #10

  • カテゴリ:
  • 投稿日: