ライトキャロでナイスサイズをキャッチしよう!

岩堀 航 PRO

■時期 ・・・ 6月29日、7月3日
■場所 ・・・ 野尻湖

皆さんこんにちわ。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
今回はJBTOP50のプラクティスで、野尻湖に行ってきました!
その時の内容を紹介します♪

この時期の野尻湖にしては釣りにくい状況で、かなり苦戦しました。
プラの合間に数名のお客様のガイドを行ったのですが、この厳しい状況を打破すべく使ったのがライトキャロでした!
シンカーとワームが離れているこのリグは、ワームの動きをよりナチュラルにできるので、タフなコンディションでは大活躍します!
そんなライトキャロをストレスなくキャストし、しっかりとボトムをとって、さらにスモールの小さいバイトを伝えてくれる高感度なロッドが必要不可欠です!
そしてバイトした魚に違和感を与えないソリッドティップも、僕がライトキャロをフラット(特にスモールマウス相手)で行うために重要視していることです。
その全てを満たしてくれるのが、LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"です!
実際に使っていただいた方は、その軽さと感度に感心されておりました。
プレッシャーが高く厳しい日曜日でしたが、もちろんしっかりとキャッチして頂きました♪

140722_iwahori_01.jpg

さらに最終日にガイドをご利用いただいた方も、ナイスサイズを難なくキャッチできました♪

140722_iwahori_02.jpg

実は、僕のタックルを使ってもらっているので、ラインは2ポンドのままです。
2ポンドという極限まで細いラインを使ってもラインブレイクする事なく、魚を獲るために一番重要なのが、竿がしっかり曲がるという事です。
竿がしっかり曲がってくれる事で、スモールの強烈な引きを吸収し、ラインへの負担を激減させる事ができるんです。
特に、スモールマウスはボート際でも諦める事なく急に走る事が多く、その際にラインブレイクする事が意外とあります。
そんな状況でもラインブレイクせずに獲れるのが、しっかり曲がるLUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"の真骨頂です。
ラインブレイクで泣かされた経験が多い方は、是非一度使ってみて下さいね♪

「百聞は一見に如かず」、来月も桧原湖、野尻湖で期間限定のスモールマウスレイクでのガイドを行います。
ガイド空き日程など詳しい情報は、パーソナルブログ(http://ameblo.jp/wataruiwahori/)で更新しておりますので、チェックよろしくお願いいたします!!

■場所:野尻湖

■タックルデータ
(ライトキャロ)
ロッド:LUXXE ATS05 S71L SM Master "SOLID HUNTER"
リール:ヴァンキッシュ 2500S
ライン:バニッシュレボリューション 2lb.
ルアー:シュリンプ 2inch
フック:がまかつ ワーム326 スモール

  • カテゴリ:
  • 投稿日: