激戦のPAA第三戦!

岩堀 航 PRO

皆さんこんにちは。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
今回は前回の続きTable Rock Lakeで行われたPAA第三戦の内容を紹介します。

プラクティスでは3mから4.5m位にある立ち木やブラッシュパイルでの反応が良く、そういったエリアを攻めるためにウィードレスセッティングにしたストロングキーパーラウンド26と、 エリートツアラー ワーム34Rを使ったダウンショットで攻略していきました。
そして、プリプラでよかったボートドックパターンを煮詰めたどり着いたのが、市販の物を使うのでなく、ストロングキーパー ラウンド26を使って自作のスモラバを作ること。
ガードを自分好みでセッティングできますし、刺さりは抜群なのに太いラインでやり取りしても曲がらないという、このストロングキーパー ラウンド26の特性を十分に活かせるシチュエーションです。
しかし、皆さんもご存知のとおり好きな釣りを押し通せないのがコアングラーの辛い所。

初日のパートナーは川の上流部のカバー、岩盤狙いです。
僕はパートナーがカバー中心に攻めているのを確認し、あえてその下のブレイクを狙うことにしました。
リグはプロセンコーのジグヘッド!
このパターンがはまり、なんと初日4パウンダーのビックバスを含む計8ポンドをウェイイン!
初日は、まさかの1位でスタートです!

130911_iwahori_03.jpg

2日目のパートナーは、初日外した結果からプラクティスのように魚を探しながらの展開でした。
12時過ぎまで2人ともノーフィッシュという過酷な1日でしたが、ラスト1時間になったところで移動した岩盤で何とか2パウンダーをGET。
このとき使っていたのはプロセンコーのダウンショットでした。
急激に落ちる岩盤周りを攻めるのと割とテンポが速いボーターだったため、確実にボトムを取るために重めのシンカーを使い攻めたのが功を奏しました。
初日トップでのスタートだったので、2日目はとても残念な結果でしたが、この1匹に助けられ、なんとか3位でフィニッシュしました!

130911_iwahori_04.jpg

最終戦で表彰台にあがれたのでOKかな?

130911_iwahori_05.jpg

最後に、いつも応援してくださる皆様おかげさまでなんとか3位には入ることができました。
ありがとうございました!!
本当は優勝というご報告をしたかったのですが、それを目指してこれからも頑張ってまいりますので今後ともよろしくお願いいたします!

■タックルデータ
(ジグヘッド用)
ロッド:LUXXE ATS05 S70MH BIGLAKE MASTER“REACTION”
リール:ルビアス2510H
ライン:パワーエクストラ 18lb.
    バニッシュレボリューション 12lb.
フック:ストロングキーパー ラウンド26 3/0 3.5g(1/8oz)
ワーム:6-3/4インチ プロセンコー

(ダウンショット用)
ロッド:LUXXE ATS05 S63L-FINE MASTER“QUICK MOTION”
リール:コンプレックス
ライン:パワーエクストラ 18lb.
    バニッシュレボリューション 12lb.
フック:がまかつ エリートツアラー ワーム34R
ワーム:6-3/4インチ プロセンコー

(スモラバ用)
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY” 
リール:レボ LTX 
ライン:バニッシュレボリューション 14lb.
フック:がまかつ ラウンド26R 5.2g
ワーム:モコリークロー

  • カテゴリ:
  • 投稿日: