ラバージグが丸呑みに!

岩堀 航 PRO

皆さんお久しぶりです。
ラグゼプロスタッフ岩堀航です。
初のアメリカ挑戦でコアングラーというなれない立場ではありましたが、今年無事にFLWチャンピオンシップにクオリファイすることができました!
ブログやFB等を通して励ましてくださる皆様、応援してくださる皆様のおかげで試合前はいつもリラックスして挑むことができ、沢山の方々に支えられて今の自分がいるんだと思います。

気合を入れて挑んだチャンピオンシップですが、残念ながら皆様の期待に応えるできず、申し訳ない成績でしたが、結果は結果として受け止め、今後さらに頑張りますのでこれからもよろしくお願いいたします。

それでは今、PAAのプラクティスで来ているテーブルロックレイクでのプラの内容を紹介します。
夏真っ盛りのテーブルロックレイクですが、標高が高いため、朝は意外と涼しくて過ごしやすいのですが、その分日中の直射日光はかなり厳しい場所です。
そんな直射日光が強い時、僕らだったらエアコンの効いたところに逃げ込みますが、バスはそうはいきませんよね?
そこで重要なのがシェードと流れです!
リザーバーのテーブルロックレイクはボートドックが多く、メインリバーに面しているのも数多くあります。
そんな中で地形等を考えて選んだボートドックのシェードにモコリークローをトレーラーにしたラバージグを滑り込ませていくと・・・!

130829_iwahori_01.jpg

こんなビックワンが!!!

130829_iwahori_02.jpg

丸呑みでございます♪

夏はサスペンドする傾向が強いので、少し軽めのジグを使うのが肝心ですが、軽いとキャストがしにくく、竿をワンランクやわらかいものにチョイスしがちになってしまいます。
しかし、LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY”は全体がしっかり曲がってくれるので少し軽い位でも全然問題なくキャストができるんです!
特にロープや鎖越しで魚を掛けた場合、一瞬でも魚に主導権を与えると巻かれて終了ってことになってしまうので、MHが必要不可欠なんです。
キャストのしやすさとパワーの両方を兼ね備えたこの竿は、今回の試合でもメインになること間違いないですね!

次回は今回のテーブルロックレイクでのプラクティスで、もうひとつのよかったパ
ターンを紹介します☆

■タックルデータ
ロッド:LUXXE ATS05 B610MH-MULTI MISSION“MEDIUM HEAVY”
リール:LTX
リーダー:バニッシュレボリューション12lb.
リグ:3/4−5インチカットテール
ルアー:ラバージグ3/16oz+モコリークロー

  • カテゴリ:
  • 投稿日: