気の合う仲間と大爆釣

加藤 啓之 PRO

6月25日26日、伊豆七島へ行ってきました。

今回は、いのまた釣具店の若旦那Kちゃんと、プロショップカサハラのルアー担当O君に同行していただいての釣行です。
地元の釣具店同士が仲良くなり、情報交換など盛んにしてもらい、ジギングの活性化につながればと、思わず企画してしまいました。

25日。
港で船長の一言。「沖に出れんぞ・・・近場でアカハタだね」

まあまあ海に浮かべればそれで満足の人間たちばかりなので、早々にタックルを組んで出航です。
ポイントは、南からのウネリと南西からの強風を考えると島北側しかなく、結局、港の右側と左側の2箇所を攻めることに。
水深は30〜40m、砂地と岩礁が混在しているポイントで、潮は東へかなり早い様子で走っていました。

僕の釣り座は、くじ引きで右舷オオドモに決定。
船は風上に船首を向け、スパンカーで安定させて、潮に押されながら誰かの糸を基準に、その糸を追いかけながら船長のゴーヘーで舵を切り、流されることから僕の釣り座は、南西の風、東〜北東へ走る潮から、船下へ入り込むちょっと厄介な展開でした。

そんな自分の立ち位置の状況判断が出来てしまえば、できることはスジを替える事。
ロッドはプロトULに、コンクエストMJでキャストです。
糸が潮の速さに押され、底をジグが這う状況なので、少し早めの釣りを展開。
すると、良い感じで底を切りそうで切らない、切らなそうで切るスピードを、船が流されるスピードとジグを投げるおおよその距離から見つけてしまいました!(イェイ)

それからは、アカハタ、本カサゴのラッシュです。

110628_katopro_06.jpg

隣で竿を出していた、Iさんも似たような釣りを展開していたので、気づいていたように思います。

110628_katopro_05.jpg

そうこうしてるうちに、底付近でアカハタ、本カサゴとは違う重量感のある魚がヒット!
上げてくると、なんとマハタ。
(アカハタ狙いのため外道にカウントです)

110628_katopro_04.jpg

またまたヒットです。
今度は、カンカンと小気味良い引きで、上げてくるとマダイでした。
少々黒味かかった魚体から、抱卵後のイワシにつく日焼けマダイとすぐにわかりました。
初日は、本命ポイントには行けなかったものの、なんとなく気分の良い釣りが展開出来たことが凄く楽しかったです。

26日。
朝4時起床。4時30分出航と言う、なんともありがたくて眠たい展開に(笑)
今日は船長の判断どおり、ベタ凪。
マハタの本命ポイントに向かったのだが、ポイントについてみると潮がカッ飛びまくっています。
僕はどちらかといえば、スロースタータータイプで、大概はじめの1投は間に合いません。
隣で竿を出していたO君。

俺「どうよ?」
O君「250gで3回目はないです・・・」

FBの200gをつけていたのだが、はじめの着底は取れるので、前回のレポートの、2枚潮の釣り方を展開すると、1投目底から5シャクリワンピッチで食ってきました。
上げてみると、なんとマハタ。

110628_katopro_03.jpg

爆釣を予感!
しかし、魚探にはベイトの反応もなく、潮も段々と止まり気味に。

昨夜、港でPM11:00に潮が止まった事から、動き始めはAM7:00〜8:00と踏んでいたのだが、そのタイミングで本命ポイント移動・・・。
後ろ髪を惹かれる思いでいっぱいでした。

次に着いたポイントは、水深70m前後で、潮は予定通り止まったまま。
動き始めの一瞬を見逃さないようにと、丹念に状況把握に専念。
そうこうしてるうちに、ゆっくりではあるが潮が行き始めた途端、アタリです!

底から6m誘い上げ、1/2ピッチの4回目にカツン。
そのアタリをのせきれず、ティップに糸がらみ・・・。
ヤバイヤバイ!と糸を振りほどいて、あれっ?ジグがない??
喰ってたんですね〜振りほどきの最中に(笑)
上げてくると またまたマハタ。

かるーく情けない展開ではあったものの、潮の動き始めを捉えられたことのほうがうれしくて気分はよかったです。

その後、オオトモで竿を出していたKチャンが、なっなんと10.5kg宇宙記録の座布団ヒラメを捕獲に成功!!

110628_katopro_01.jpg

ポイント移動後、全員の竿が曲がる事態が発生!!
なんだかカンカンの引きに、一瞬マダイが頭の中をスイスイ〜よぎった。
結果はやっぱりマダイ(笑)

船長が、「まだ反応があるからやってみれば?」の一言に乗ってしまった僕が・・・いや、僕らがバカでした。
またまた船員ヒットのマダイ祭り!(涙)
やっぱりイワシ吐き出してました(笑)
ウネリが大きく、フェリーの到着時刻が1時間早まったことから、いつもより1時間早めの納竿が決定。

最後のポイントで、いつにない集中力(笑)
着低から5mまで魚がついてきているが、食いつかない?
それを3回も繰り返し、次によって来たら引っ掛けてやろうと思っていました。
ようやくヒット!
慎重に上げてくると・・・

結局マダイと言う落ちが付いたところで納竿。

今回も先々週同様の大爆釣。クーラー80L、75L、60L×2、43L満タン。
いつもこれだけ釣れるといいのですが。

次回はいつにしようかとたくらんでます。
いつもいいときばかりではないんですよね(笑)

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Ocean ALMEA B67L-RF
    LUXXE Ocean ALMEA B67ML-RF
    LUXXE Ocean ALMEA B67M-RF
    プロトUL
リール:シマノ シアジガー1500HG、2000NRPG、コンクエストMJ、HG
ライン:PE JIGGER HG 1.2号 1.5号 2号
リーダー:ポケットリーダー 5号 6号 8号
ジグ:スロースキップFB、フレック
    Tジグプロト200g