梅雨メバルゲーム

藤原 真一郎 PRO

泉南・紀北エリアのゴロタ浜メバルゲームが佳境を迎えています。
今年は水温の上昇が遅かったこともあり、例年に比べ2週間から1ヶ月ほど遅い本格化となりました。
釣り場は自然が残るゴロタ浜。
遠浅で海藻も多いため、遠投ができてスローにリグが引けるフロートリグがメインリグです。
また、このエリアのメバルは水面直下を漂うアミ類などの動物プランクトンを常食しているため、潮流に同調させやすいフロートリグはアプローチの点でも向いています。

この日は、潮位は満潮、潮流は北流がよく効いている時間帯からポイントに入りました。
美味しい時間帯で、いやがうえにもワクワク感は高まります。
釣り場に立って一投目。潮がちょっと効きすぎている・・・まるで川のようです。
こういう時は、例えば岬をかすめて入ってくるような緩やかな潮にメバルはつくことが多いです。

少し移動しながらキャストして行くと、ちょうど良い流れにリグが入ったのがわかりました。
そう思った瞬間のバイト!
小さなアタリですが、がまかつ キャロヘッドを躊躇なく吸い込んだことが伝わります。
即アワセで主導権を取り、浅場で特に藻の多いトレースラインであったため、あんまりやり取りを楽しむわけにはいきません。
(しかし、これはこれでスリル溢れる釣りで面白い!)

上がって来たのは、ブルーの尺切れ。

110627_fujiwara_01.jpg

何を食べているの?と聞きたくなるデップリっぷり。
本当にプランクトン食?(笑)
この日は広範囲に釣り歩き、同サイズを3つほどと、25cm前後を多数という最盛期らしい釣りになりました。

110627_fujiwara_02.jpg
(長さはさほどなくとも体高のあるグッドコンディションを見ると嬉しくなる)

ただ、吸いこんでから吐くまでが割と速くて、アタリをきちんと感じて即アワセで対応しないとバラシの数だけが増えるという結末も用意されていたように思います。
逆にしっかりと掛けていけば口の奥にフッキングし、少々藻に絡まれた場合でも寄せられ、キャッチ率を上げることができます。

110627_fujiwara_03.jpg

ゴロタ浜のメバルゲームでは群れのいる場所が40m沖のひと筋の潮という状況も多くあり、その距離でがまかつ キャロヘッド 0.4gをトゥイッチなどの細かいアクションとドリフトで釣るため、ロッドには操作性と感度がどうしても求められます。
LUXXE Coastline AJ S82M-solid.Fは、こうした釣りにも能力を発揮してくれます。

110627_fujiwara_04.jpg

大阪府南部〜和歌山県北部に位置するこのエリアの最盛期は、例年ですと桜の咲く頃から始まります。
そして5月の大型連休からさらに勢いを増し、6月いっぱいは型・数とも期待できます。
今年は7月半ばまで狙えそうな予感が・・・。
釣りものの多くなる季節だけに他魚にも目移りしてしまいますが、1年でもっともコンディションの良いメバルが釣れる時季。
もうしばらく梅雨メバルゲームは続きそうです。

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Coastline AJ S82M-solid.F
リール:ダイワ ルビアス 2506
ライン:サンライン スモールゲームPE0.4号
リーダー:サンライン スモールゲームリーダー6lb.
フロート:各種5g〜10g
ジグヘッド:がまかつ キャロヘッド 0.4g #4