島根の爆発力

米澤 弘通 PRO

今回は遠征先の、島根県大橋川でのマルスズキレポートです。
山陰方面へシーバスを求めての遠征釣行していたのですが、本命にしていた釣り場はどうも状況が良くなく大苦戦。
このままでは終われないと車を走らせ、到着したのが島根県。

ここで、紹介してもらったのがラグゼスタッフの浜田 恭さん
地元のエキスパートアングラーで釣り場の状況も把握されていて、この時のベストエリアを教えてもらいました。

早速、キャストを始めるとイキナリ「ゴンッ」と生命反応!
反射的にフッキングを入れると、ズルズルッとドラグが異常に滑って手ごたえが無い・・・
原因は全くの初歩的ミスで、ドラグの締め忘れ(涙)
その後、暫くキャストするもさすがに連日の不眠不休がこたえてきて集中力もなくなり、この日は終了して翌日に望みをかけます。

翌日は潮の下がり始めてすぐにポイントに入れたので、タイミング的にはバッチリ。
キャストを開始すると、昨日よりボラが跳ねる頻度も高く、何より生命感が漂っており集中力もアップ。
キャスト繰り返していると、使っていたラブラ125に「コンッ」と生命反応。
反射的にフッキングすると、上がってきたのはスレ掛かりで25cmほどのコノシロ。
そこからは毎キャスト、コノシロらしき魚の体にルアーが当たる感触があるのと、水面もザワついていて、かなりの数のコノシロが入ってきた様子。

ただ、前日の浜田さんによると、このポイントは「ベイトについたシーバスの回遊待ち」という事なので期待が持てます。
そこで、コノシロの居るレンジの少し下を、ルアーがリトリーブ出来るのをイメージしてバックウォッシュ110Fにルアーをチェンジ。

これがあたったのかすぐに「ガツンッ」と大きなバイト!
今度はバッチリフッキングが決まって、伝わってきたのは重量感のある生命反応。
ナイスサイズは間違いない!と慎重にファイトして、無事ランディングしたのは87cmのマルスズキ♪

20110526yonezawa_01.jpg

いつもなら大満足の1匹をキャッチして勢いが出るところだが、疲れが出たので少し休憩しながら状況を見るていると、すぐにコノシロの群れが通過したのか水面から生命感が少なくなり、時合い終了。
満足の1匹と、その状況変化を学べて大満足の釣行となりました。

今回使ったロッドはLUXXE Saltage REFLEX LEOZA プロトロッド
まだまだ詳細は言えませんが、今回掛けた魚も安心してファイト出来てそのポテンシャルの高さを再確認出来ました。
後日、浜田さんにお礼の電話を入れると、「島根の爆発力は凄いですよ〜」との事。
今年は島根釣行が増えそうな感じです♪

20110526yonezawa_02.jpg

■タックルデータ
ロッド:LUXXE Saltage REFLEX LEOZA プロトロッド
リール:ダイワ トーナメント 2500LBD
ハンドル:Gクラフト Bassartカスタムハンドル
ライン:VARIVAS アバニシーバスマックスパワー 15lb.
リーダー:VARIVAS SEABASS SHOCK LEADER フロロ 16lb.
ルアー:REED フィール75,100
    ラブラ125F,90S,バックウォッシュ110F
フック:がまかつ トレブルRB ミディアム #10,12
    がまかつ トレブルRB ミディアムヘビー#10
    がまかつ トレブルSP ミディアムヘビー#6